CCNAのどのくらいの勉強時間で取得できる?難易度を知ろう

エンジニア

CCNAってどんな資格?どんな仕事に活かせるのかな?そもそも取得する意味あるのかな?

このような疑問に答える内容の記事をご用意しました。以下の点を詳しく解説していきます。

  1. CCNAの難易度
  2. CCNAの勉強法・勉強時間
  3. CCNAを活かせる仕事

CCNAがどのような資格なのか、どのような仕事に活かせるのか理解できます。

CCNAがどのような資格か知りたい方、CCNAを取得した後にどのように仕事に活かせるか知りたい方、CCNAを受験しようと考えている方は最後までご覧ください。

目次

  1. CCNA資格試験の概要
  2. CCNA資格試験の難易度
  3. CCNA資格試験の勉強法・勉強時間
    • CCNA資格試験の勉強法
    • CCNA
  4. CCNA資格取得後に活躍できる職種
    • ネットワークエンジニア
    • サーバーエンジニア
    • システムエンジニア
  5. CCNA資格取得して仕事に活かせたこと
    • 即戦力として活躍することが出来た
    • クライアントに信頼された
    • 作業効率が向上した
  6. 未経験でCCNA資格を取得するメリット
    • 就職活動で他の応募者と比較して、優位に立つことが出来る
    • 家のネットワーク環境を整えられるようになる
    • インターネットリテラシーが身につく
  7. まとめ

CCNA資格試験の概要

CCNA資格試験の概要

CCNAは、Cisco Systemsが主催しているベンダー資格の一種で、ネットワークエンジニアにとっての登竜門として広く認知されています。ネットワークエンジニアとして、活躍するために必須な知識や技術を証明できるCCNAは世界的に人気な資格となっています。

そのため、ネットワークエンジニアを抱える多くの企業が、社員に受験する機会を用意しています。

CCNA資格試験の難易度

CCNA資格試験の難易度

ネットワークエンジニアにとっての登竜門に位置する資格であるため、難易度はそれほど高くありません。とはいえ、専門性の高い分野の資格であることから、完全な初心者から合格を目指す場合には感じ方が変わるかと思います。出題範囲はそれなりに広く、ネットワークの基礎やコマンドなどを基本としています。

CCNA資格試験の勉強法・勉強時間

CCNA資格試験の勉強法・勉強時間

資格試験を受ける際に行う具体的な勉強方法や勉強時間をご紹介します。

CCNA資格試験の勉強法

基本的には、一般的な資格試験と同様に、参考書や過去問題集を用いて学習を行います。自分のレベルに合った、評価の高い書籍を事前に調べることをお勧めします。さらに、インターネット上にあるCCNA対策サイトを利用すると効率的に学習することが出来ます。

または、初心者ネットワークエンジニア向けの学習サイトでも同じように学べます、これらも、人気の高い定番のサイトがたくさんありますので、合格するための教材は十分に存在していると言えます。また、Udemyのような動画サイトで学ぶこともできます。

CCNA資格試験の勉強時間

専門性の高い分野であることから、合格までの勉強時間の相場は160時間程度と言われています。多くのスクールで、一か月のプラン設定がされていることからも納得出来る数字です。完全に独学で学習する場合は、少々効率が落ちることも考えるとさらに時間が必要になるでしょう。

あくまで相場ですので、呑み込みの早い人はそれよりも大幅に少ない時間で合格できる可能性もあります。勿論何らかの理由から学習が遅れることも考えられますので、時間には余裕をもって受験したほうが良いでしょう。また、受験料が約4万円と高額になっていますので、そういった意味でも必ず一度で合格できるように学習時間には余裕を持っておきたいものです。

CCNA資格取得後に活躍できる職種

CCNA資格取得後に活躍できる職種

CCNAは、世界で通用する実用的な資格のため多くの職種で役立てることが出来ます。そこで、資格取得後に活躍できる職種を3つご紹介します。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとは、クライアントの依頼を受けてネットワークの設計・構築・監視・運用を行う職業です。ネットワークの規模によって、一人が担当する作業量は変動しますが、場合によってはすべての作業を一人で担当することもあります。

CCNAの資格は、ネットワークの知識を証明することが出来るので、取得しておくネットワークエンジニアは多いです。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアとは、サーバーの設計・構築・管理・保守を行う職業です。サーバーのラッキングや配線、OSのインストールや各種設定などの作業も必要となりますので、実務経験が重要視されています。インターネットがなくてはならない存在となった現代社会では、非常に大切な職業の一つと言えます。

ITの進化に伴い、ウイルスなどの脅威も大きなものとなっているため、セキュリティ対策の知識が強く求められています。CCNAは、ネットワークの広い知識やセキュリティについて詳しく学ぶことが出来るため、多くのサーバーエンジニアが他の資格より優先的に取得しています。

システムエンジニア

システムエンジニアとは、顧客の要望からシステムを設計するIT分野での上流工程を担当する職業です。また、システムを構築・管理するための人員の手配や予算案の作成、進捗管理とさまざまな業務をこなす必要があります。非常に難易度の高い職業のため、プログラマーなどで経験を積んでから転職する場合が多いでです。

ネットワークの知識を体系的に学ぶことのできるCCNAは、必須とまではいきませんが、クライアントに学習意欲の高い人材として評価されることがあるから、とっておいて損はない資格でしょう。クライアントの信頼を得る一手段として、取得しているエンジニアは多く存在します。

CCNA資格取得して仕事に活かせたこと

CCNA資格取得で活かせたこと

CCNAを取得して実際に仕事に活かせた点を3つご紹介します。

即戦力として活躍することが出来た

入社前に学習を積んでいたことから、就職してすぐに資格を取得でき、会社で即戦力として活躍することが出来ました。多くの社員は、入社してから学習を開始し、資格を取得していました。そのため、他の社員よりも上司には重宝され、他の社員より多くの案件に出向き、経験を積む場を与えられました。
>いち早くネットワークエンジニアとして成長したかった私には、CCNAはとてもメリットのある資格に感じられました。ネットワーク系の職業に就いて、成長する意欲があるならば取得しておいて損は絶対にない資格です。

クライアントに信頼された

クライアント先に伺った際に、自信がCCNA取得者であることを話すと、当時新卒であった私でもご安心いただけました。それほど、資格の効果は大きいものです。クライアントには、作業に来る人物の実力が分からない故に、信頼が得られない場合が現場で多くありました。
そのような場合に、CCNAの資格を取得済みであると話し、信頼を得られる手段があるというのは、大きな意味を持ちました。

作業効率が向上した

CCNAの合格を目指して学習を積んだ結果、取得する前よりも効率的に作業することが出来るようになりました。今までは、深く理解していなかった事柄を理解できるようになったことから、その知識を応用して他で活かせるようになったのが一因だと感じました。
CCNAの合格は、正しい知識をインプットできている証明になるので、自信をつけることができ何度も確認が必要なくなるため、作業スピードが向上します。様々な面で作業の効率化を実感したので、取得しておいてよかったと本心から感じました。

未経験でCCNA資格を取得するメリット

未経験で資格を取得するメリット

未経験でCCNAを取得するメリットを3つご紹介します。

就職活動で他の応募者と比較して、優位に立つことが出来る

CCNAは、ネットワーク関係の職業に就く人にとって重要視されている、世界で通用する資格の一つです。取得しておくことで、就職活動時に必ず優位に立つことが出来ます。CCNAを取得している学生は、かなり少ないので、取得していると内定率が上昇するでしょう。

家のネットワーク環境を整えられるようになる

インターネットが広く普及した現代社会では、ネットワーク環境を整えることは非常に重要なことになっています。しかし、多くの人々がネットワークに関する正しい知識を持っていないがゆえに、セキュリティ的に危険なままネットワークを使用しています。

CCNAを取得することで、ネットワークに関する正しい知識を取り入れ、そういった危険を排除することが出来ます。日常生活で、Wi-Fiなどネットワークの不具合に遭遇した際、即座に対応することが出来るのはうれしい点ですし、家族にとっても頼もしい存在になれるでしょう。

インターネットリテラシーが身につく

インターネット上には、誰しもが情報を投稿するようになり、玉石混交の状態で多くの情報が溢れかえっています。情報の信頼性や、セキュリティ問題について正しい判断をできるよう、ネットワークについて誰しもが学んでおくべきだと思います。

CCNAでは、そのようなインターネットリテラシーを、十分に身につけることが出来ます。勿論他にも、インターネットリテラシーを身につけることが出来る資格は存在しますが、ネットワークに特化した資格としてCCNAは代表的なものとされています。

受験料が高額であり、難易度も完全初心者には高いものとなっていますが、その分取得するメリットも多数存在するので、一つの選択肢にはなるかと思います。

まとめ

CCNAを取得することで、ネットワークに関する知識が身につきネットワークエンジニアとして活躍できるだけでなく、プログラマやシステムエンジニアとして働く場合でも開発環境の構築などにも役立てることができます。

未経験からエンジニアを目指す方はぜひチャレンジしてみてください。


MEMO
  1. 未経験の方は早めに目標を決めましょう。
  2. 何を作りたいか、どんなものを作りたいか考える。そしてそのために何を学ぶか調べます。
  3. あとは独学でやってみる(プログラムを書いてみる)
  4. 独学で実績(公開できるレベルのもの)を作れるなら転職活動・就職活動をしてみる。
  5. 難しい場合はスクールに通い実績を作り、早めに就職する。