プログラミングスクール

本サイトはプロモーションが含まれています。

コードキャンプには副業で稼げるようになるコースがある?

コードキャンプの副業について
初心者さん
CodeCamp(コードキャンプ)に副業で稼げるようになるコースあるかな?

このような疑問をお持ちの方に向けて書いています。

CodeCamp(コードキャンプ)には、副業で稼げるようになるWordPressコースがあります。実際にどのようなコースなのか、この後解説していきます。

こんな方におすすめ

  • コードキャンプの副業で稼げるようになるコースについて知りたい人
  • コードキャンプで学習すると副業でどのくらい稼ぐことができるか知りたい人

この記事では、上のような人を対象としています。

副業の場合、学習する内容が重要です。副業に活かせない内容を学習しても無駄になるので、この記事を通して必要な内容を理解し、実際にどのくらい稼ぐことができるようになるのか参考にしてください。

まずは無料相談から

コードキャンプ公式へ

コードキャンプの評判についての記事も合わせてご覧ください。

コードキャンプの評判は?
コードキャンプの評判。現役フリーランス目線でレビュー

続きを見る

この記事の信頼度

くろめがね
・エンジニア歴10年以上
・バックエンドがメインでフロント開発も行うフルスタック
・プログラミングスクール運営側の経験あり
・単価約100万↑のフリーランスエンジニア

コードキャンプの副業でどのくらい稼げる?

副業で稼ぐ

プログラミングで稼ぐかWebデザインで稼ぐかによって、副業で稼げる額や稼ぎやすさも違ってきます。

副業はWebデザインの方が稼ぎやすいです。理由は、デザインの案件の方が多いからです。需要が高い方が稼げるということです。実際の案件を参考に解説していきます。

副業の案件の特徴

副業の場合は、主にWebサイトの制作案件が多く、そのほとんどがWordPressを使った案件になります。

そしてWordPressの案件はWordPress環境の構築、Webデザイン、コーディング、機能追加といった感じで案件内容が変わってきます。

WordPressは比較的簡単なので、副業で募集があると応募数も多く案件を獲得するのが難しいです。

チェック

WordPressでできることを増やした方が、稼げる額も多くなり案件も獲得しやすくなります。

Webデザインができる人はどのくらい稼げる?

Webデザインの場合は、簡単な案件であれば1万くらいで、デザインからWordPressの構築まで一貫して受けられると20万、30万くらいになります。

デザインから請負う場合はデザインレベルの高さを求められます。Webデザインのレベルを上げてWordPressの構築までできれば、1ヶ月に2件、3件と掛け持ちして40万、50万と稼ぐことができるでしょう。

けれども案件の獲得の競争率が高いため、稼げない人は全く稼ぐことができないという状況です。それは当然で競争相手にはフリーランスのWebデザイナーもたくさんいるからです。

メモメモ

デザイン案件を受けたいということであれば、デザイン力を身に着けましょう。デザイン力はセンスではなく、デザインのルールを理解し、なぜその色にしたか配置にしたかなどを説明できることが重要です。

WordPressの構築で稼ぎたい人はどのくらい稼げる?

WordPress構築の案件は、相場2万くらいから10万くらいと考えておくといいと思います。

デザインはできていて、それをコーディングしてWordPressで構築するという内容になります。慣れると3日〜5日あればできると思うので案件を切らさないでできると20万、30万は稼ぐことができるでしょう。

ただしWebデザインと同様、競争率が高く全く稼げない人の方が多くなっています。

ココに注意

WordPressで稼ぐ場合は、差別化が求められています。早く納品できる。安くできる。デザインから対応できるなどです。

副業で稼ぐために学習するコードキャンプのおすすめコースは?

副業できるおすすめコース

上で解説した通り、副業で稼ぐにはWordPressのスキルが必須となっています。WordPressコースを受講すべきか解説していきます。

コードキャンプのWordPressコースの内容

CodeCamp(コードキャンプ)のWordPressコースでは、以下の内容を学習します。

学習内容

  • WordPressのインストール
  • レンタルサーバーの設定
  • テーマの設定
  • プラグインの導入

カリキュラムでは、「いちばんやさしいWordPress教本」を使用して学習を進めるようです。初心者向きの書籍でわかりやすく☆4つほどがつく評価も高い1冊となっています。

WordPressコースの内容を現役エンジニアが評価

WordPressの基本を学習するのですが、内容が物足りないと感じます。WordPressの使い方、設定などを本の内容に沿って学習しますが、業務として行うためにはもう少しレベルを上げる必要があります。

WordPressのスキルアップ

  • WordPressをカスタマイズできる
  • コーディングしたテンプレートをWordPress化できる
  • デザインからWordPressを作り上げられる

コードキャンプでは、次のステップとして学べるコースがいくつかありますので、紹介していきます。

コードキャンプのWordPressコースについての記事

コードキャンプWordPressコースは稼げる?
コードキャンプのWordPressコースは稼げる?

続きを見る

コードキャンプおすすめコースはWebマスターコース

お金に余裕があるのであれば、WordPressコースを受講した後にWebマスターコースを受講するのがおすすめです。

Webマスターコースでは、HTML/CSSに加えて、PHPやJavaScriptといったWeb制作に必要なスキルを学習できます。PHPを理解できるとWordPressを簡単にカスタマイズできるようになります。

WebマスターコースではLaravelの学習をするため、転職や就職を目指すことも可能です。

デザイナー目指す場合はデザインマスターコース

デザイナー路線で稼ぎたい人であれば、デザインマスターコースを受講するのがおすすめ。Webデザイン、ロゴデザイン、バナー制作など副業で稼ぎやすい案件に対応できるスキルを身につけられます。

プラスしてWordPressを理解し、コーディングまでできれば副業で幅広く活躍することが可能になります。

コードキャンプのおすすめコースに関する記事

コードキャンプのおすすめコース
コードキャンプのおすすめコースは?プレミアムプラス必要?【不要】

続きを見る

コードキャンプで副業の学習をおすすめできる理由

コードキャンプで副業がおすすめ

上では、副業で活躍できるコースを紹介してきましたが、コードキャンプでの学習でおすすめできる点を紹介していきます。

コードキャンプの講師・メンターは現役エンジニア

現場で活かせるスキルは、現役エンジニアからしか学べません。カリキュラムの答えだけであれば、卒業生であれば回答できますが、それ以上の解説はできないでしょう。

プログラミングスクールに支払う費用の大半は、講師・メンターから教わるためです。卒業生から学ぶと不安になるでしょう。

CodeCamp(コードキャンプ)は、完全に現役エンジニアのみでサポートしてくれるので、スキルを身につけられる環境があります。

マンツーマンレッスンで学べる

CodeCamp(コードキャンプ)では、マンツーマンレッスンで学習のサポートをしてくれます。初心者でもわかるまで教わることができるため、完全未経験者でも安心して受講できます。

完全初心者から学習を始めると、ちょっとしたことで躓いて先に進めなくなることが多々あります。ちょっとしたことを気軽に聞けるのがプログラミングスクールの良いところです。

メモメモ

大勢の中にいて学習すると、引け目を感じ質問できなくなる人は特にマンツーマンでの学習がおすすめになります。

無料体験レッスンんで学習体験ができる

他の人がいいと話していても、実際に自分に合うのかというのは体験してみなければわからない部分が大きいので、無料体験レッスンはありがたいサービスになります。

この体験で確認してから受講を申し込むのがおすすめです。無料体験をできるプログラミングスクールはそれほど多くないため、貴重です。

体験してから受講を申し込むと失敗が少ないです。学習の仕方や実際にメンターに質問ができるため、イメージしやすいでしょう。

まずは無料相談から

コードキャンプ公式へ

CodeCamp(コードキャンプ)卒業後の案件獲得方法

副業で稼ぐ方法

案件獲得方法はいくつかあるので順番に紹介していきます。

アウトソーシングで案件を獲得する

アウトソーシングのサイトは、何かを作ってもらいたい人(クライアントと言います)とのマッチングサイトです。自分ができそうな案件に応募して案件を獲得します。

有名なのは「ランサーズ(Lancers)」や「クラウドワークス」といったものがあります。

実際の案件を見て案件獲得方法を紹介していきます。

固定報酬のWordPressの案件

Lancersのwordpress案件

WordPressのちょっとしたカスタマイズを固定報酬で行う案件があります。

デザインとコーディング、WordPressの理解とカスタマイズができるスキルが必要です。求められるスキルが高い案件ですが、5人ほど応募していますね。

WordPressでホームページ作成案件

wordpressの案件

10万から20万の案件は、人気があり応募人数がすごいことになります。この中から案件を獲得するにはかなり難しいですが、提案で料金を下げたりすると受注できる場合があります。

まずは1件獲得するのを目標にして、経験を積むことです。

知り合いから案件の紹介を受ける

知り合いから継続的にお仕事をもらえると、安定します。知り合いから信頼されると、さらに知り合いといった感じでお仕事がもらえたりするので、交友関係を大切に。

コードキャンプには副業で稼げるようになるコースまとめ

まとめ

今回は、CodeCamp(コードキャンプ)で学習し副業でどのくらい稼ぐことができるようになるのかという点について解説してきました。

副業案件の獲得は、競争率が高く料金が下がりやすいですが、最初低料金で受けて継続して案件をもらえるようになると安定します。

まずは無料体験を受けて、自分に合っているのか確認してみてください。

まずは無料相談から

コードキャンプ公式へ

-プログラミングスクール
-