学生がコードキャンプで学習するメリット

プログラミングスクール

学生がコードキャンプでプログラミングの学習をするのはどうなんだろう?

今回は、このような疑問をお持ちの方に向けて書いていきます。

学生がプログラミングスクールに通うのは勇気がいる行動なので、色んな不安があると思いますが学生のうちからプログラミングを学習をしておくメリットは多いです。

▼この記事で理解できる点は、以下になります。

  1. 学生がコードキャンプを受講するメリット
  2. 学生がコードキャンプを受講する前にやったほうが良い準備

現在学生でこれからコードキャンプの受講を検討している人、将来エンジニアを目指すか悩んでいる方は必見の内容となっていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

まずは無料相談から

コードキャンプ公式へ



目次

  1. 学生がコードキャンプを受講するメリット
    • 学生でもマンツーマンでプログラミングを学習できる
    • 学生でエンジニア志望の人は需要がある
    • 学生のうちに勉強方法やキャリアについて気軽に相談できる
  2. 学生がコードキャンプを受講する前にやったほうが良い準備
    • 学生のうちにプログラミングの適性があるかどうかを確認する
    • 学生の口コミを調べる
    • プログラミングスクールの無料説明会や体験講座を受講する
  3. 学生がコードキャンプで学習するまとめ

学生がコードキャンプを受講するメリット

学生がcodecampを受講するメリット

学生がコードキャンプでプログラミングを学習するメリットとしては、以下になります。

  • 学生でもマンツーマンでプログラミングを学習できる
  • 学生でエンジニア志望の人は需要がある
  • 学生のうちに勉強方法やキャリアについて気軽に相談できる

それぞれのメリットについて解説していきます。

学生でもマンツーマンでプログラミングを学習できる

コードキャンプでは、学生でも社会人でもマンツーマンでプログラミングの学習ができます。

コードキャンプで採用している講師は現役エンジニアのみとなっており、受講生が好きな講師を選んで自分が受講したい時間を予約してマンツーマンで受講することができます。

受講生からすると、自分が受講したいときに予約して気になる講師からマンツーマンで教えてもらえるのは理想の環境と言っても良いでしょう。

学生の方が人気講師を予約しやすい…

人気講師は予約が取りにくいという意見もありますが、学生の場合は社会人が仕事をしている日中に時間を作り予約できるというメリットがあります。

学生の方が時間を調整しやすいため、人気講師の予約をしやすいでしょう。

学生でエンジニア志望の人は需要がある

学生がプログラミングの学習をするメリットは需要があるという点です。

今は20代後半や30代の人が実務未経験からエンジニアに転職しようと勉強している人が急増しています。

彼らのように社会人経験がある人が未経験からエンジニアに転職しようとするとハードルが上がります。

一方で、学生でプログラミングを勉強している人やアルバイトや学生インターンをしている人はまだまだ少なく、学生のうちからスキルを身につけておくと、社会人になるころには即戦力になれます。

スキルを見につけている新卒の学生は、どこの企業も欲しがるため就職時に希望の企業へ就職しやすいです。

インターンから大手企業に就職した例

以前、僕が所属していた企業ではインターン生が数名いましたが、全員が誰もが知る大手企業へ就職しました。

ある学生は、大手企業の内定をいくつかもらいましたが卒業後にフリーランスになった学生もいます。学生のうちに会社で経験を積んでおくメリットは確実にあります。

学生のうちに勉強方法やキャリアについて気軽に相談できる

学生の人でプログラミングの勉強方法がわからないという人は、勉強方法の相談ができますし、キャリアを悩んでいる人は今後のキャリアについても気軽に相談できます。

コードキャンプは講師が全員現役エンジニアであり、カリキュラムを進めていく中で出たエラーの解決補助を受けたりする以外にも受講生のキャリア相談や勉強方法を相談することができます。

カリキュラム以外に勉強方法やキャリア相談に乗れる講師というのは、非常に心強いです。



学生がコードキャンプを受講する前にやったほうが良い準備

学生がコードキャンプを受講する前の準備

学生がコードキャンプを受講する前にやったほうが良い準備を3つほど紹介します。

  • 学生のうちにプログラミングの適性があるかどうかを確認する
  • 学生の口コミを調べる
  • プログラミングスクールの無料説明会や体験講座を受講する

学生のうちにプログラミングの適性があるかどうかを確認する

コードキャンプを受講する前にやったほうが良い準備は、「Progateでプログラミングの適性があるかどうかを確認すること」です。

プログラミングを勉強してエンジニアになったら収入が上がると聞いて、いきなりプログラミングスクールに入る人がいますが、そういう人は全員ではないですが途中で挫折する可能性が高いです。

もしプログラミングスクールに入ろうと考えている人は、スクールに入る前にProgateでHTMLとCSSの項目を始めてみてください。

Progateをやってみるとプログラミングの適性があるかどうかが分かるので、Progateをやってみてコードを書くことが苦にしないと思ったら、プログラミングスクールを検討してみてください。

学生の口コミを調べる

プログラミングスクールに通う前にの口コミを調べ参考にしましょう。口コミが本当かどうかをチェックしておき、無料体験で確認します。

口コミを調べる理由は、プログラミングスクールとのミスマッチを防ぐためです。なるべく自分と同じ立場の学生の口コミを参考にするのがおすすめです。

ミスマッチの例

学生の人は初歩的なプログラミングスクールを探している場合に、難易度が高いプログラミングスクールを受講すると挫折する可能性があります。

自分が求めている難易度なのか、どのような学習法なのかという部分でミスマッチが起こらないように口コミを調べ、わからない点は無料体験で確認します。

プログラミングスクールの無料説明会や体験講座を受講する

コードキャンプを受講する前にやったほうが良い準備は、「プログラミングスクールの無料説明会や体験講座を受講すること」です。

同業他社の無料説明会や体験講座に足を運ぶことで、無料説明会や無料講座に力を入れているプログラミングスクールがどれだけ受講生と本気で向き合っているかが分かります。

コードキャンプだけでなく、同業他社のプログラミングスクールの無料説明会や体験講座を受講した上でコードキャンプが良かったと思ったら受講してみてください。

▼コードキャンプの無料体験は下記から参加できます。

まずは無料相談から

コードキャンプ公式へ

学生がコードキャンプで学習するまとめ

まとめ

本記事では学生がコードキャンプで学習する点について解説しました。

コードキャンプで勉強して終わりではなく、プログラミングの勉強をして「その後のキャリアについて」も相談することができます。

エンジニアを目指したいと考えているのであれば、どのようなプログラム言語を学びどのようなエンジニアを目指すのがおすすめかなども相談してみてください。

もしこれからコードキャンプで勉強する人は、無料体験レッスンを受けて自分にコードキャンプが合ってると思ったら、プログラミングを学習する時間を確保してから受講するようにしてください。

▼コードキャンプの評判について知りたい人は下記から確認してみてください。

当サイトで申込の多いプログラミングスクール

TechAcademyの無料体験
マンツーマンでオリジナルアプリの作成ができるテックアカデミーは人気が高いプログラミングスクール。
Webエンジニア輩出実績トップクラスの【ポテパンキャンプ】
転職に強く本気でエンジニア転職を目指す人におすすめ。難易度が高いため身につくスキルも高く企業からの評価も高いのが特徴。
CodeCamp無料体験
講師を選択できるのが特徴のコードキャンプ。チャットでの質問ができないと言われていますが、オプションでチャットサポートを選択できるのがあまり知られていない。講師の評判が高いため質問しながらどんどん進みたい人向け。