コードキャンプのWordPressコースは稼げる?

プログラミングスクール

コードキャンプのWordPressコースでは何を学べるかが気になる。
WordPressコースを受講すると稼げるようになるのかな?

この記事はそんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。

WordPressは、クラウドソーシングを中心に需要があります。どのくらい稼ぎたいかで必要なスキルにも違いがあります。このあと深堀りしていきます。

▼この記事で理解できる内容は以下になります。

  1. WordPressコースの受講料・受講期間
  2. WordPressコースで学べる内容
  3. WordPressコースではコーディングは学べない
  4. WordPressコースの受講対象者

実際にテーマを自作したり、機能を組み込んだりとしているので僕自身WordPressには詳しいです。

副業・フリーランスでWordPress案件の獲得を目指したいという人は、最後までご覧ください。

まずは無料相談から

コードキャンプ公式へ

本記事の信頼度

・エンジニア歴10年以上
・IT企業転職歴も3回以上
・プログラミングスクール運営側の経験あり
・現在はフリーランスエンジニアとして企業に常駐(在宅勤務)



目次

  1. コードキャンプのWordPressコースの特徴
    • WordPressコースの受講料・受講期間
    • コードキャンプのWordPressコースで学べる内容
    • コードキャンプのWordPressコースの無料体験の特典
  2. コードキャンプのWordPressコース受講に向いている人、向いていない人
    • WordPress初心者の方は向いている
    • デザインやコーディングをしてWordPressをカスタマイズしていきたい人は向いていない
  3. コードキャンプのWordPressコースおすすめな点
    • マンツーマンレッスンで現場レベルのスキルを学べる
    • サーバーからWordPressのインストールまで学べる
  4. コードキャンプのWordPressコースまとめ

コードキャンプのWordPressコースの特徴

WordPressコースの特徴

コードキャンプのWordPressコースの特徴について紹介していきます。

WordPressコースの受講料・受講期間

WordPressコースをまとめると下記のようになります。

受講期間 2ヶ月
レッスン回数 20回
入会金 33,000円(税込)
受講料 165,000円(税込)

コードキャンプのWordPressコースで学べる内容

コードキャンプのWordPressコースでは、『いちばんやさしいWordPressの教本第4版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方』という書籍を用いた学習になります。

こちらのコースでは、WordPressを用いてWebサイトをどうやって作ることができるのかを学ぶことができます。webサイト制作やプログラミングの経験が無い方でも理解できる内容となっています。

  • WordPressのインストール
  • サーバーの準備
  • テーマの設定
  • プラグインの導入

コードキャンプのWordPressコースでは、WordPressの仕組みやWebサイトを構築・Webサイトの簡単なカスタマイズを学習できます。

これからWeb制作で稼ごうと考えている人は、WordPressの仕組みやWebサイトの構築・サーバー・テーマ設定・プラグイン導入などの知識は運用・保守をするときに必須ですので早めに勉強して損はありません。

コードキャンプのWordPressコースの無料体験の特典

コードキャンプでコースやキャンペーンについて相談したい人は、無料の体験レッスンがありますので、気になったら体験レッスンを受講してみてください。

無料体験レッスンを受講すると、1万円のクーポンがプレゼントとして配布されます。

▼コードキャンプが気になる人はぜひ無料体験レッスンを受講してみてください。

まずは無料相談から

コードキャンプ公式へ

コードキャンプのWordPressコース受講に向いている人、向いていない人

WordPressコース受講に向いている人、向いていない人

コードキャンプのWordPressコースの受講対象者はどのような方か解説していきます。

WordPress初心者の方は向いている

コードキャンプ公式サイトでは以下のような人を対象としていると述べています。

  • 自分のブログやサービスを作成したい方
  • WordPressの基礎を学び、初歩のカスタマイズをしたい方
  • 企業のWEB担当者の方

どちらかというと、運用・保守を行うような方が対象で、WordPress仕組みを理解したい方が学ぶコースだと思います。

デザインやコーディングをしてWordPressをカスタマイズしていきたい人は向いていない

WordPressの構築やWordPressのプラグインの使い方などを習得することがメインとなっており、HTMLやCSSと言ったコードを書くことや独自テーマをゼロから作ることを学ぶことができません。

WordPressのテーマを自作したい人は…

もしゼロから自分でWordPressのテーマを作りたいと考えている人は最初にWordPressの書籍「ビジネスサイトを作って学ぶ WordPressの教科書」で勉強することをおすすめします。

本気でWeb制作で稼ぎたい人は…

WordPressを使い稼ぎたいと考えるのであれば、追加で下記の学習をすることをおすすめします。「0」からWordPress案件を一人で請け負うために必要なスキルです。

  • Webデザイン
  • HTML/CSSコーディング
  • JavaScript/jQuery
  • PHP

実際にWordPressで稼ぐ人は複数のスキルを持っています。例えば以下のような感じです。

▼デザインマスターコースを受講すると得られるスキル

Webデザイン + WordPress

▼Webマスターコースを受講すると得られるスキル

コーディング + WordPress

コードキャンプのWordPressコースおすすめな点

WordPressコースおすすめな点

WordPressコースでおすすめの点がいくつか紹介していきます。

マンツーマンレッスンで現場レベルのスキルを学べる

コードキャンプでは講師と受講生がマンツーマンで学ベることが特徴となっており、採用している講師は現役エンジニアのみとなっています。

実務レベルのWordPressのスキルを学べる点がおすすめです。個人でWordPressのブログを運営している人たちの多くは中身に関してはほとんどわかっていません。

WordPressがどのように動いているのかという点を理解できるので運用レベルのスキルが身につきます。

サーバーからWordPressのインストールまで学べる

多くのレンタルサーバーはWordPressのインストールはボタン一つでできるという状況なので、WordPressをダウンロードしてインストールという手順を踏まずに利用できます。

企業の場合は自社でサーバーを持っていたりするので、WordPressをダウンロードし、インストール、設定という点を理解しておくと役立ちます。

コードキャンプのWordPressコースまとめ

本記事では、コードキャンプのWordPressコースについて解説してきました。

コードキャンプのWordPressコースでは、WordPressでブログの立ち上げや簡単なカスタマイズを勉強したいという人が最適です。

副業・フリーランスで稼ぎたいと考えている人は、プラスで学習しましょう。

もしコードキャンプのWordPressコースを受講してみたいと前向きに考えている人はWordPressコースの無料体験レッスンを受講してみてください。

無料体験レッスンを受講すると、WordPress講座が1万円割引のクーポンがついてきます。

まずは無料相談から

コードキャンプ公式へ

▼コードキャンプの評判について知りたい人は下記から確認してみてください。


当サイトで申込の多いプログラミングスクール

TechAcademyの無料体験
マンツーマンでオリジナルアプリの作成ができるテックアカデミーは人気が高いプログラミングスクール。
Webエンジニア輩出実績トップクラスの【ポテパンキャンプ】
転職に強く本気でエンジニア転職を目指す人におすすめ。難易度が高いため身につくスキルも高く企業からの評価も高いのが特徴。
CodeCamp無料体験
講師を選択できるのが特徴のコードキャンプ。チャットでの質問ができないと言われていますが、オプションでチャットサポートを選択できるのがあまり知られていない。講師の評判が高いため質問しながらどんどん進みたい人向け。