デイトラのWeb制作コースを受講すればどのくらい稼げる?

プログラミングスクール

デイトラのWeb制作コースを受講したらどのくらい稼げるようになるかな?気になる

デイトラのWeb制作コースでは、WordPressを使った学習をするため副業向きです。実際に案件を見てどのくらい稼げるか紹介していきます。

▼この記事では以下の点を理解できます。

  1. デイトラのWeb制作コースの特徴・概要
  2. Web制作コースで学ぶ内容
  3. デイトラのWeb制作コースを学ぶとどのくらい稼げるか

副業で稼ぎたいと考えてWeb制作を学ぶ人が増えています。学ぶ前に実際に身につけたスキルでどのくらい稼げるようになるか理解しておくとモチベーションにつながります。

まずは無料説明会から

デイトラ

本記事の信頼性

  • エンジニア歴10年以上
  • プログラミングスクール運営側の経験あり
  • WebデザインからWeb業界へ転職
  • 現在はフリーランスエンジニアとして企業に常駐(在宅勤務)



目次

  1. デイトラのWeb制作コースの概要
    • Web制作コースの料金は安い
    • サポート期間が長い
    • 講師が現役エンジニア
  2. デイトラのWeb制作コースで学ぶ内容
    • HTML・CSS・Bootstrapを使ったコーディング
    • JavaScript・jQueryなど動きを制御する
    • WordPressでオリジナルテーマの作成
  3. デイトラのWeb制作コースを学ぶとどのくらい稼げる?
    • 企業サイトを企画から作成
    • Web制作コーダーのパートナー採用
    • Web制作のコーディング案件
  4. デイトラでWeb制作プラスで学ぶこと
    • Webデザインスキルを一緒に身につける
    • Web制作 + 何かで案件を獲得する
  5. デイトラのWeb制作コースまとめ

デイトラのWeb制作コースの概要

Web制作コースの特徴

デイトラがどんなプログラミングスクールなのか、Web制作コースがどのようなコースなのかざっくりと知っておきましょう。

Web制作コースの料金は安い

デイトラのWeb制作コースは、一般的なプログラミングスクールと比較すると受講料は安い方になります。

サポート内容や受講のスタイルに違いはあるため、料金だけで決めるのはおすすめしませんが、他のプログラミングスクールと比較する際のポイントになるため知っておくといいと思います。

デイトラ テックアカデミー コードキャンプ
99,800円(税込) 595,700(税込) 33,000円(税込) + 165,000円
90日 24週間 2ヶ月

TechAcademyでは最近Web制作副業コースができました。本格的に副業について学習するコースとなっています。1ヶ月あたり10万くらいですね。

コードキャンプにも似たようなコースでWordPressコースがあります。こちらも1ヶ月あたりは10万くらいになっています。

料金だけ見ると、デイトラの場合は、1ヶ月あたり3万強なので、かなり安いプログラミングスクールとなっています。

サポート期間が長い

デイトラの特徴としてサポート期間が長いという点があります。メンターへの質問に関しては1年間となっています。教材に関しては、1年以上閲覧可能となっています。

講師が現役エンジニア

デイトラの講師は現役エンジニアとなっており、フリーランスで活動している人もいるようです。メンター審査を行っているとのことで、スキルに問題がでそうな人はフィルターにかけられそうです。

デイトラのWeb制作コースで学ぶ内容

Web制作コースで学ぶ内容

デイトラのWeb制作コースでは、どのような点を学習するのか紹介していきます。

HTML・CSS・Bootstrapを使ったコーディング

HTML,CSSはWebの基本中の基本ですが、Bootstrapを使ったコーディングも学習します。

Bootstrapは、ちょっとしたルールを覚えるだけで簡単できれいにレイアウトを整えることができ、モーダルやボタンなど自作すると面倒な物も準備されています。

管理画面などで使われることが多く、Web制作をしているとどこかで必ず使うことになるため学習しておくメリットは大きいです。

JavaScript・jQueryなど動きを制御する

Web制作の現場では、WordPressが使われることが多くまだまだJavaScriptやjQueryが主流です。

JavaScriptを使えることで、HTML,CSSの操作、動きのあるWebページを作成することが可能になります。Web制作でも基本くらいは理解しておく必要があります。

WordPressでオリジナルテーマの作成

Web制作の現場で必須なのは、WordPressの理解です。機能追加、改修、テーマの作成など様々な案件があります。

HTMLコーディングしたものをWordPressに組み込みますが、それをテーマといいます。WordPressに組み込むためにはWordPressの理解とコーディングスキルが必要です。

Webデザイン、コーディングまですべて一人でWordPress案件を請け負う人も多くいます。副業目的の人はこのあたりの案件を狙う人が多いです。

デイトラのWeb制作コースを学ぶとどのくらい稼げる?

Web制作コースを学ぶとどのくらい稼げる?

実際にデイトラのWeb制作コースで学ぶとどのくらい稼げるようになるのか、クラウドソーシングのLancersというサイトから実際の案件について見ていきます。

企業サイトを企画から作成

WordPress案件

料金が10万〜20万の案件です。企画から始めるため、クライアントとの打ち合わせ等もあるため時間がかかるかもしれませんが、0からホームページを作るとこれくらいの料金が相場と考えていいと思います。

Web制作コーダーのパートナー採用

デイトラで学習する内容と合致した案件。Webアプリの会社がコーディングの部分を外注したいため、募集です。

料金が5,000円。どの程度の作業量で5,000円なのかわかりませんが、初回の料金のようです。企業案件なので、安定して作業があると思われます。

Web制作のコーディング案件

Web制作のコーディング案件

デザイン素材があり、コーディングする案件。6ページで13万円とかなり良い案件。

これほどの案件になると応募者もかなり多く、60人以上が応募しています。このレベルの案件を取るためには、納品スピードでアピールするか料金を下げて提案をするかなどが必要です。

デイトラでWeb制作プラスで学ぶこと

Web制作プラスで学ぶこと

実際に案件を見て副業でも意外と多くの収入を得られそうと感じたかもしれませんが、クラウドソーシングで副業する人は多く案件の獲得が難しいです。

実際に案件を獲得するためにおすすめなことをいくつか紹介します。

Webデザインスキルを一緒に身につける

デイトラWebデザインコース
参照元: デイトラ

副業では、Webデザインからコーディングまでできると獲得できる案件の幅が広がります。また、その分料金が高くなるためおすすめのスキルです。

Webデザイン + コーディング + WordPressが副業で稼げるスキルセットになります。

Web制作 + 何かで案件を獲得する

Web制作の世界では、HTML,CSSコーディングが一番簡単なスキルになります。そのためできる人は山ほどいてそれだけでは案件の獲得が難しくなります。

そのためプラスで何か他の人に差をつける必要があります。それが上で紹介したWebデザインだったりしますが、他にもあります。

Webライティング

記事の作成も含めてホームページを作成できる場合は、ライティングした文章をポートフォリオでアピールできます。わかりやすい文章を書くのが得意という方はWeb制作でプラスになります。

Web制作 + 動画編集

Webサイトでも動画を紹介することが増えているため、動画の編集もできるのであればアピールになります。

デイトラのWeb制作コースまとめ

まとめ

今回は、デイトラのWeb制作コースに関する内容をまとめてみました。

実際に稼げるようになるためには、時間がかかりますが小さめの案件から獲得して実績を積み重ねるしかありません。

デイトラであれば、料金も安くWeb制作のスキルが身につくので興味があったら候補に含めてみてください。

▼Web制作で評判の良いデジLIGもおすすめです。

当サイトで申込の多いプログラミングスクール

TechAcademyの無料体験
マンツーマンでオリジナルアプリの作成ができるテックアカデミーは人気が高いプログラミングスクール。
Webエンジニア輩出実績トップクラスの【ポテパンキャンプ】
転職に強く本気でエンジニア転職を目指す人におすすめ。難易度が高いため身につくスキルも高く企業からの評価も高いのが特徴。
CodeCamp無料体験
講師を選択できるのが特徴のコードキャンプ。チャットでの質問ができないと言われていますが、オプションでチャットサポートを選択できるのがあまり知られていない。講師の評判が高いため質問しながらどんどん進みたい人向け。