デイトラのWebデザインで副業でどのくらい稼げるか

プログラミングスクール

デイトラのWebデザインコースではどのくらい副業に活かせるかな?

今回は、このような疑問を持つ人に向けて書いています。

デイトラのWebデザインコースは、デザインスキルに重きを置いているプログラミングスクールです。デザインスキルを上げたい人におすすめです。

▼この記事では、以下の点を理解できます。

  1. デイトラのWebデザインコースの特徴
  2. デイトラでWebデザインを学ぶとどのくらい稼ぐことができるようになるか
  3. デイトラのWebデザインコースおすすめな点

デイトラのWebデザインコースが気になっている人、Webデザインを学ぶと実際にどのくらい稼げるようになるのか知りたい人は最後までご覧になってください。

まずは無料説明会から

デイトラ



目次

  1. デイトラのWebデザインコースの特徴
    • 受講料が良心的
    • Slackで学習サポートを受けられる
    • デザイン力を養うために難易度を上げていく学習
  2. デイトラのWebデザインコースで学んだスキルでどのくらい稼げるか
    • LPのWebデザイン案件
    • サイト制作デザイン案件
    • 企業のパートナーとなりデザイン作成
  3. デイトラのWebデザインコースでおすすめの点
    • Figmaの学習ができる
    • 更新されるカリキュラムが無料で見れる
    • 現役のWebデザイナーからの添削
  4. デイトラのWebデザインで副業でどのくらい稼げるかまとめ

デイトラのWebデザインコースの特徴

Webデザインコースの特徴

デイトラのWebデザインコースの特徴を紹介していきます。

受講料が良心的

プログラミングスクールと言われるところは、1ヶ月あたり10万前後が相場となっていますが、デイトラの料金は1/3くらいなので、かなり安めの料金となっています。

Webの分野で有名で高い評価を受けるデジタルハリウッド STUDIO by LIGでも8万円台。テックアカデミーでも9万円台。このくらいでも安い方です。

デイトラ デジLIG テックアカデミー
99,800円(税込) 495,000円(税込) 284,900円(税込)
90日 6ヶ月 3ヶ月

Slackで学習サポートを受けられる

slack

デイトラではSlackを利用してサポートが受けられるため、いつでも質問を書き込めます。もちろん返答はサポート時間内になりますが、書いておけば聞きたいことを忘れないですね。

メンターの稼働時間は23時までとなっているため、遅めに学習している人も対応してもらえるため捗ります。

デザイン力を養うために難易度を上げていく学習

多くのプログラミングスクールのWebデザインコースでは、一緒にコーディングも学びますが、デイトラではデザインの作成に力を入れている感じがします。

案件を獲得するためにはデザイン力が重要なので、サイトのトレースから始め企業サイト、ECサイトのデザインと徐々に難易度の高い学習をしていきます。

デイトラのWebデザインコースで学んだスキルでどのくらい稼げるか

Webデザインコースで学んだスキルでどのくらい稼げるか

デイトラでWebデザインを学ぶと実際の案件では、どのくらい稼げるようになるのか確認しておくと今後の学習面でも役立つでしょう。

LPのWebデザイン案件

LP制作デザイン案件

企業のLPデザイン案件です。1ページのデザインですが、5万〜10万という料金になっています。

依頼者はデザインの内容を重視されているようです。ポートフォリオにある制作物を確認するということです。デイトラでデザインスキルを上げてポートフォリオを充実させましょう。

サイト制作デザイン案件

サイト制作デザイン案件

1〜5ページ分のデザイン案件。スマホ対応なので倍くらいの作業量になるはずです。料金は3万円で高くはないですが、副業で稼ぎたい人、経験を積みたい人には丁度よい案件です。

企業のパートナーとなりデザイン作成

デザイン作成案件

企業のWebサービスのデザインを外注したいため、パートナーを募集という案件。料金が6〜10ページで10万〜20万となっており、案件として良い待遇だと思います。

デイトラのWebデザインコースでおすすめの点

Webデザインコースでおすすめの点

僕自身Webデザイナーから始めたので、デザインの知識も多少はあります。現場でもWebデザイナーと関わり開発しているため、デイトラのWebデザインコースの内容で現場でも役立つおすすめできる点があるので紹介します。

Figmaの学習ができる

figma

以前はWebデザイナーと言えば、Adobeのツールを使えれば良かったのですが、2021年現在はFigmaも人気です。

チームでの共有やUIデザインなどに向いています。Adobe XDに近いツールになっています。Fimgaを教えるスクールは少なめだと思うのでデイトラのWebデザインコースは貴重ですね。

現在の現場でも利用

僕の現場でもFigmaが使われています。別チームでも共有しやすいため、ルールを決めて使っています。

更新されるカリキュラムが無料で見れる

デイトラでは、追加されていくカリキュラムを学習が終了しても閲覧可能となっています。最新の技術やその時の人気のデザインをずっと閲覧できるのは、コスパがいいですね。

▼実際にリリース後に以下のカリキュラムが追加されており、卒業生も無料で閲覧しているということです。

  • Photoshop操作方法
  • 全220種収録!あしらい見本帳
  • UI講座

現役のWebデザイナーからの添削

プロのデザイナーからのフィードバックは、学べることが多くあります。なんとなく作るデザインは魅力がないものですが、プロのデザイナーの作るデザインにはすべて理由があります。

デザインの意味から技術まで、プロのWebデザイナーから学べる点がおすすめです。

デイトラのWebデザインで副業でどのくらい稼げるかまとめ

まとめ

今回は、デイトラのWebデザインコースについて解説してきました。

Webデザインのスキルが身に付くと本業だけでなく、副業にも活かすことができます。またフリーランスを目指しやすいためおすすめです。

Figmaを学びチーム開発や企業のプロジェクトにも参画することができるようになります。

Webデザインスキルを磨きたい人はデイトラも候補に含めてみてください。

▼Web制作で評判の良いデジLIGもおすすめです。

当サイトで申込の多いプログラミングスクール

TechAcademyの無料体験
マンツーマンでオリジナルアプリの作成ができるテックアカデミーは人気が高いプログラミングスクール。
Webエンジニア輩出実績トップクラスの【ポテパンキャンプ】
転職に強く本気でエンジニア転職を目指す人におすすめ。難易度が高いため身につくスキルも高く企業からの評価も高いのが特徴。
CodeCamp無料体験
講師を選択できるのが特徴のコードキャンプ。チャットでの質問ができないと言われていますが、オプションでチャットサポートを選択できるのがあまり知られていない。講師の評判が高いため質問しながらどんどん進みたい人向け。