DMM WEBCAMPのポートフォリオはオリジナルで転職時に高評価

プログラミングスクール

DMM WEBCAMPではオリジナルポートフォリオを作れるかな?転職の時に評価されるって聞いたけど本当かな?

今回は、このような疑問に答えていきます。

結論: DMM WEBCAMPではオリジナルポートフォリオを作成します。転職希望の人は必須と言われるため、レベルの高い完全オリジナルポートフォリオを作成できると転職率が高くなります。

転職保証付きプログラミングスクール DMM WEBCAMP COMMIT

  1. DMM WEBCAMPの学習内容を知りたい人
  2. DMM WEBCAMPからエンジニアに転職したい人
  3. プログラミングスクール選びで悩んでいる人

この記事は、このような方を対象としています。

この後、詳しくDMM WEBCAMPのポートフォリオについて、転職について解説していきます。

記事の信頼度

・エンジニア歴10年以上
・IT企業転職歴も3回以上
・プログラミングスクール運営側の経験あり
・現在はフリーランスエンジニアとして企業に常駐(在宅勤務)

目次

  1. ポートフォリオって必要なの?
    • ポートフォリオはなぜ作るのか?
    • ポートフォリオの効果
    • プログラミングスクールで作るポートフォリオの問題点
    • ポートフォリオはオリジナルでなければ意味がない
  2. DMM WEBCAMPのポートフォリオは完全オリジナル
    • DMM WEBCAMPのポートフォリオ作成の内容
    • ポートフォリオ作成には講師のサポートがある
    • DMM WEBCAMP卒業生のポートフォリオ
  3. DMM WEBCAMPでオリジナルポートフォリオを作るポイント
    • オリジナルポートフォリオを作り内定をもらえるまでの期間・時間
    • ポートフォリオや学習に費やした時間
    • オリジナルポートフォリオに約1,800contribution
  4. ポートフォリオを作るときの注意点
    • ネット上のアプリをコピペしない
    • デザインにこだわりすぎない
    • ポートフォリオのアピールポイントを記載する
  5. DMM WEBCAMで学習するおすすめの人
    • 教育訓練給付金を使える人がおすすめ
    • 早くエンジニアに転職したいと考えている人
  6. まとめ

ポートフォリオって必要なの?

portfolio

就職・転職するためにはポートフォリオが必要と言われます。これは半分正解です。

01ポートフォリオはなぜ作るのか?

ポートフォリオってなぜ作るかというと、企業に自分のスキル、技術力を伝えるためですね。

技術力やスキルを証明できれば、ポートフォリオは必要ないわけですが、企業によってはポートフォリオを求めてくる場合があるため作らなければならない場合があるということです。

02ポートフォリオの効果

ポートフォリオを見ると、どのくらい頑張ったのか作成者のレベルや気持ちを知ることができます。

苦労して作ったのだろう、適当に作ったのかなど伝わるわけです。そのためポートフォリオの提出を求められて急いで作るのではなく、しっかり考え準備しておくことが必要です。



03プログラミングスクールで作るポートフォリオの問題点

ポートフォリオに関してプログラミングスクールの卒業生はひどい、面談する気にならないといった問題が起きています。

以下のような悪い流れになっています。スクールで学習のために開発したものを、そのままポートフォリオとして使う卒業生が多く、企業側が見飽きているためスキルの証明にならないということです。

  • STEP
    プログラミングスクールで簡単なシステムを開発
    カリキュラムの中で機能を開発する
  • STEP2
    プログラミングスクール卒業後、転職のためにポートフォリオを提出する
    授業で開発したものをスキルシートに書きそのまま提出する
  • STEP3
    企業には同じポートフォリオがたくさん届く
    ポートフォリオがスキルの証明にならないため、書類審査すら通らない

04ポートフォリオはオリジナルでなければ意味がない

上記の理由で、ポートフォリオはスクールで開発したものでは差別化できないため全く意味がなくなっています。

オリジナルのポートフォリオで、それなりに技術レベルを証明できるものでなければ書類審査すら通らないということです。

DMM WEBCAMPのポートフォリオは完全オリジナル

DMM WEBCAMPのポートフォリオは完全オリジナル

DMM WEBCAMPで作成するポートフォリオは完全オリジナルです。そのため転職に役立つわけです。

01DMM WEBCAMPのポートフォリオ作成の内容

1人で企画から設計、開発はもちろんリリースまで行うポートフォリオは完全オリジナルです。

スクールで同じ内容の基礎・応用を学んでも、それぞれが違うポートフォリオを作るため差別化できるメリットがあります。

02ポートフォリオ作成には講師のサポートがある

いきなりすべて一人で作るのは、難易度が高いと感じるかもしれません。けれども講師・メンターがサポートしてくれるため挫折せずに進めることが可能となっています。

03DMM WEBCAMP卒業生のポートフォリオ

DMM WEBCAMP卒業生ポートフォリオ
参照元: github

この方はタスク管理系のSPAを作成したようです。このアプリのポイントは最新の技術が使われているという点です。

使用した技術 Ruby on Rails, Vue.js(nuxt.js), AWSなど
機能 ・タスクを登録できる。
・タスクのポイントを設定できる
・目標設定したらごほうびを設定できる(ポイントを開放)
・レベルアップ機能

タスク管理系のアプリは、カリキュラムでも使われやすいし見た感じもすごっとはならないですが、今時の環境で作られていてある程度評価されるポイントはおさえられていると感じます。

DMM WEBCAMPでオリジナルポートフォリオを作るポイント

ポイント

DMMWEBCAMPさんに入る前の事前学習期間も含め、内定をいただくまでのイン・アウトプットは、

期間 1/1~6/15
学習 約1,300時間
Github 約1,800contribution

という結果になりました。
参照元: Twitter

DMM WEBCAMPでポートフォリオを作れるようになるまで上記のような期間や時間がかかったと紹介しています。

01オリジナルポートフォリオを作り内定をもらえるまでの期間・時間

期間は約5.5ヶ月かかっているようです。転職コースであれば4ヶ月学習するプランがあるため、内定もらうまでにプラス1ヶ月はかなり優秀ですね。

しっかりポートフォリオを作って臨んだ結果かもしれません。

02ポートフォリオや学習に費やした時間

学習時間が1300時間と書いています。単純に5.5ヶ月で割ると、1ヶ月あたり236時間です。1週間あたり約60時間。1日あたり約8時間学習したことになります。

約半年間、毎日8時間学習するというのは、なかなか根気を必要としますね。

03オリジナルポートフォリオに約1,800contribution

GitHubに約1,800contributionと記述があります。簡単に言うとGitHubにアクションを起こした回数が1800回。pushしたりpullしたり、プルリクエストを出したり。

一人で開発している場合はプルリクエストは出さないかもしれませんが、約1800回開発のために変更したと考えていいかもしれません。(詳しくは本人に聞くべし)

ポートフォリオを作るときの注意点

ポートフォリオの注意点

転職に有利になるためのポートフォリオ作る注意点を解説していきます。

上ではプログラミングスクールで作ったものを使わないという点を書いたため、それ以外を解説していきます。

01ネット上のアプリをコピペしない

他の人が作ったものをコピペして作ると、すぐにバレます。作ったものにこだわりもないので面談で苦労した点や力を入れた点を聞かれてもうまく答えられません。

02デザインにこだわりすぎない

エンジニア志望であれば、きれいに作るより機能や技術を評価してもらえるものを作る方がいいです。

03ポートフォリオのアピールポイントを記載する

履歴書に作ったURLを記載しているだけでなく、どんな技術を使いどの点をこだわったのか伝わるようにしましょう。

最低でも以下の点は記載しておくと企業の面接の方に見てもらえる可能性もアップし印象も良くなるでしょう。

  • 使った技術
  • どのような機能があるのか
  • アプリを作った理由
  • こだわりポイント
  • 苦労した点

DMM WEBCAMで学習するおすすめの人

学習するおすすめの人

DMM WEBCAMは、オリジナルポートフォリオを作成するためカリキュラムの評判が高いプログラミングスクールですが、注意点やおすすめできない人もいます。

01教育訓練給付金を使える人がおすすめ

DMM WEBCAMPは他のプログラミングスクールと比較すると受講料が高いと感じます。

もちろんカリキュラムの質やメンターの評判を考えると、損と感じないかもしれません。できれば教育訓練給付金を使い最大で56万の割引を受けられると質の良いサービスを安く受けられるためおすすめです。

02早くエンジニアに転職したいと考えている人

転職率が高い点はもちろんですが、オリジナルポートフォリオを受講中に作れるため卒業後にポートフォリオを作らなければならない他のスクールより転職の準備が早くできます。

プログラミングスクールで時間をかけて学習するよりも、早くエンジニアになり現場で学ぶ方がスキルアップのスピードは早いです。

まとめ

DMM WEBCAMPのポートフォリオについて解説してきました。

ポートフォリオの重要性を理解できたでしょうか。経験者であれば今まで関わってきたプロジェクトについて伝えるだけで技術を証明できますが、未経験者にとって伝える手段がポートフォリオしかないということです。

しっかりポートフォリオを作り面談に臨んでください。

DMM WEBCAMPのポートフォリオが気になった人はすぐにでも行動しましょう。悩んでいる間にライバルたちがスキルアップしていってます。

DMM WEBCAMPバナー
  • 転職保証

    あり。転職できない場合は全額返金

  • 通学・オンライン

    通学(東京・大阪)、オンライン可能に(コロナの影響?)

  • 受講内容

    HTML, CSS, Js, Rub on Rails, AWS

  • 転職を保証していただいていることで安心
  • 転職成功率は98%と高い
  • 卒業生の満足度が高い
  • やる気がある生徒が多い
  • グループ開発など現場レベルの開発を学べる

まずは無料相談から

DMM WEBCAMP転職コース
DMM WEBCAMP教養コース

プログラミングスクールは1箇所だけで決めず、何箇所か無料体験・カウンセリングをし自分に合ったスクールで学ぶのがおすすめです。

DMM WEBCAMPに近い転職に強いプログラミングスクールは以下になります。他も含めて選択肢に含めてみてください。

教育訓練給付金が使えるプログラミングスクールを探している方は関連記事をご覧ください。


当サイト申し込みが多いプログラミングスクール

人気があるプログラミングスクールには、理由があります。

気になった方は候補に含めてみてください。