プログラミングスクール

本サイトはプロモーションが含まれています。

【最大70%OFF】教育訓練給付制度でお得に学べるプログラミングスクール8選

教育訓練給付金が使えるプログラミングスクール
初心者さん
教育訓練給付制度が使えるとプログラミングスクールの受講料がかなり割引になるよね?この制度を使えるプログラミングスクール知りたい。

このような疑問をお持ちの方に向けて書いています。

教育訓練給付制度は国が雇用の安定と就職の促進を図るために必要と認めた教育訓練に対して、受講費用の一部を支給する制度です。最大で70%が給付されます。

少ないですが、プログラミングスクールの中にも教育訓練給付金を支給すると認められたスクールがあります。

就職・転職を目指せる内容であると国が認めた、教育訓練給付制度が使える以下の8社のプログラミングスクールについて紹介していきます。

教育訓練給付制度が気になる方、プログラミングスクールをできるだけ安く受講したいと考えている方、プログラミングスクール選びで悩んでいる方を対象としています。

国の制度なので、対象の方は使うことをおすすめします。現役のフリーランスエンジニアの僕が丁寧に解説していきます。最後までご覧ください。

プログラミングスクールの教育訓練給付制度について

教育訓練給付制度とは

プログラミングスクールのHPを見ていると教育訓練給付制度が使えると書いてあるスクールがあります。教育訓練給付制度が使えるスクールは、安く受講できるメリットがあります。

ぜひ、ご自分が制度の対象かどうか確認して、対象であるならば制度を使えるプログラミングスクールを候補に入れてみるのはいかがでしょうか。

教育訓練給付金とは

教育訓練給付金について厚生労働省では、以下のように説明しています。

働く方の主体的な能力開発の取組み又は中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とし、教育訓練受講に支払った費用の一部が支給されるものです。
また、初めて専門実践教育訓練(通信制、夜間制を除く)を受講する方で、受講開始時に45歳未満など一定の要件を満たす方が、訓練期間中、失業状態にある場合に訓練受講をさらに支援するため、「教育訓練支援給付金」が支給されます。
参照元: 厚生労働省

雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。
参照元: ハローワーク

上記に書いてあることを簡単にまとめると国が条件を満たしている人に対して、再就職の支援をしますということです。ハローワークの記述を見ると雇用保険で使える制度だということがわかります。

スキルや資格を向上させるために受ける教育や訓練に対して、一定の給付や補助を提供する制度のことを指します。労働者のスキルアップを促進し、雇用機会を増やすことを目的とした制度です。

教育訓練給付制度の特徴は

  • 費用の負担
    労働者が教育や訓練を受ける際に、その費用の一部または全額を補助する仕組みがあります。これにより、財政的な負担を軽減し、多くの人が教育を受けやすくなります。
  • 労働力のスキル向上の促進
    労働者が必要なトレーニングを受け、新しいスキルや資格を取得することで、人材不足の解消を目指します。
  • 雇用の安定
    労働者が新たなスキルを身につけることで、安定した雇用を維持できるように目指しています。

教育訓練給付制度を使うための条件

教育訓練給付制度は誰でも使えるわけではなく、条件を満たした人のみが対象となっています。

ハローワークによると下記のような人を対象としていますが、ご自分が使えるかどうかわからない場合は、最寄りのハローワークに行き確認してみることをおすすめします。

受講したいプログラミングスクールに問い合わせると、どのような手続きが必要か確認しても教えてくれると思います。

一般教育訓練給付金について

受講開始日現在で雇用保険の支給要件期間が3年以上(初めて支給を受けようとする方については、当分の間、1年以上)あること、受講開始日時点で被保険者(※1)でない方は、被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までが1年以内(適用対象期間の延長が行われた場合は最大20年以内)であること、前回の教育訓練給付金受給から今回受講開始日前までに3年以上(※2)経過していることなど一定の要件を満たす雇用保険の被保険者(在職者)又は被保険者であった方(離職者)が厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合に支給。
参照元: ハローワーク

専門実践教育訓練給付金について

受講開始日現在で雇用保険の支給要件期間が3年以上(初めて支給を受けようとする方については、当分の間、2年以上(※1))あること、受講開始日時点で被保険者(※2)でない方は、被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までが1年以内(適用対象期間の延長が行われた場合は最大20年以内)であること、前回の教育訓練給付金受給から今回の受講開始日前までに3年以上(※3)経過していることなど一定の要件を満たす雇用保険の被保険者(在職者)又は被保険者であった方(離職者)が厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合に支給。参照元: ハローワーク

条件を満たしているかわからない場合

  • ハローワークで確認する
  • プログラミングスクールで相談する

職業訓練と教育訓練給付制度の違い

職業訓練については聞いたことがあるかもしれませんが、再就職のために技術を身につけるため失業保険を受給しながら学習する制度です。

教育訓練給付制度の場合は、受講費用の割引を受けられますが、失業保険は受給できなかったと思います。専門ではないためハローワークに確認してみてください。

教育訓練給付制度を使えるメリット

上記には難しい内容が書いてありますが、とにかく最大のメリットは大きな割引が受けられるということです。例えば、50万円の受講費がかかる講座の場合15万程度で受けられることになります。

メモメモ

プログラミングスクールによって給付金の額に違いはありますが、最大で70%給付される可能性があります。

さらに資格取得のための学習ができたり、新たなスキルを身につけて転職ができる可能性が高くなります。

教育訓練給付制度の対象となるプログラミングスクールは

教育訓練給付制度の対象となるプログラミングスクールは、厚生労働大臣が指定したものに限られます。

冒頭で触れましたが、就職の促進を図るために国が支援している制度なので、就職するためのスキルを身につけられるという特徴があります。

就職するためには、それなりに内容の濃い学習をする必要があるため、高額な料金になりやすい転職コースなどが対象になっています。そのようなコースを安く受講できる制度は対象者にとってメリットしかありません。

チェック

転職保証が付いていて、給付金の対象になっているダブルでお得なスクールもあります。

最近はAIやIoTとといった技術を扱うエンジニアの需要が高く、そのような学習ができる講座が増えています。このあたりの技術を習得すると、就職や転職できる確率が高くなります。

教育訓練給付制度の利用手順

利用手順

給付制度とは、国や自治体が特定の条件を満たす人に対して、教育費や生活費などの経済的支援を行う制度です。給付制度を利用するには、以下の手順を踏む必要があります。

制度利用の申し込み

申し込み
まず、利用したい給付制度の内容や対象者の条件を確認しましょう。給付制度には、学校や職業訓練機関に通う人、子育てや介護をする人、障害や病気を持つ人など、さまざまな種類があります。

給付制度の詳細は、国や自治体のホームページや窓口で確認できます。

次に、給付制度の申し込み方法を調べましょう。申し込み方法は、給付制度によって異なりますが、一般的には、オンラインでの申請や郵送での申請があります。

申し込みには、個人情報や収入情報などの必要事項を記入する必要があります。申し込みの際には、注意事項や締め切りをよく確認しましょう。

必要書類の準備と提出

準備と提出
申し込みをすると、必要書類の提出を求められる場合があります。必要書類は、給付制度によって異なりますが、一般的には、身分証明書や収入証明書などがあります。

必要書類は、オンラインでアップロードしたり、郵送や持参したりすることができます。必要書類の提出には、期限や書式が決められているので、注意しましょう。

必要書類の提出後、審査が行われます。審査では、給付制度の対象者の条件を満たしているかどうかが判断されます。審査の結果は、通知や連絡で知らされますが、審査には時間がかかる場合があります。

スクール選びのポイント

給付制度を利用して、学校や職業訓練機関に通う場合は、スクール選びが重要です。スクール選びのポイントは、以下のようになります。

  • 給付制度の対象となるスクールかどうかを確認する。給付制度によっては、認定されたスクールに限定される場合があるので、注意が必要です。
  • スクールのカリキュラムや資格取得の可能性を調べる。自分の目標や興味に合ったスクールを選ぶことが、学習のモチベーションや成果につながります。
  • スクールの費用や立地を考慮する。給付制度の支給額や自己負担額を把握し、無理のない範囲でスクールを選ぶことが大切です。また、通学時間や交通費も考慮しましょう。

申請後のプロセス

給付制度の申請が完了したら、次に行うことは、給付金の受け取り方法や期間を確認することです。給付金の受け取り方法や期間は、給付制度によって異なります。

給付金の受け取り方法や期間は、申請時に通知や連絡で知らされる場合があります。また、国や自治体のホームページや窓口で確認できる場合もあります。給付金の受け取りには、注意事項や条件がある場合があるので、よく確認しましょう。

教育訓練給付制度対象プログラミングスクールの選び方

選び方

教育訓練給付制度を利用すれば、プログラミングスクールに通う負担を軽減できます。

では、どのようにして給付金対象のプログラミングスクールを選ぶべきでしょうか?ここでは、認定スクールの見分け方と、コース内容のチェックポイントを紹介します。

認定スクールの見分け方

認定スクールとは、厚生労働省が定めた基準を満たしたプログラミングスクールのことです。基準には、教育内容、教育方法、教育環境、就職支援などが含まれます。認定スクールは、厚生労働省のホームページで公開されています。

厚生労働省公式

プログラミングスクールのホームページにも、認定スクールであることを示すロゴやバッジが表示されています。認定スクールであれば、給付金制度の対象となりますが、それだけではなく、教育の質や信頼性も高いと言えます。

コース内容のチェックポイント

チェックポイント
認定スクールであることが分かったら、次にコース内容をチェックしましょう。コース内容とは、プログラミングスクールで学べるプログラミング言語や技術、カリキュラムや期間、受講形式や費用などのことです。

プログラミング言語や技術

プログラミングスクールで学べるプログラミング言語や技術は、現在や将来の市場で求められるものであることが望ましいです。

また、自分の興味や目的に合ったものであることも重要です。プログラミング言語や技術については、インターネットで調べたり、プログラミングスクールのカウンセラーに相談したりして、適切なものを選びましょう。

カリキュラムや期間

カリキュラムや期間には、様々なバリエーションがあります。自分の学習目標やスケジュールに合わせて選ぶことが大切です。

受講形式や費用

受講形式には、オンラインやオフライン、集中型や週末型、個人指導やグループレッスンなどがあります。また、費用には、一括払いや分割払い、返金保証や奨学金などがあります。

受講形式や費用は、自分のライフスタイルや予算に合わせて選ぶことが重要です。

卒業後のサポート体制

プログラミングスクールを卒業した後に、就職やキャリアに関する支援を受けられる仕組みがあるかは重要です。プログラミングスクールを卒業しても、プログラミングの世界に飛び込むには、まだまだ学ぶことや挑戦することが多いからです。

教育訓練給付制度を利用しエンジニアを目指すのがおすすめな理由

教育訓練給付制度を利用がおすすめ

教育訓練給付制度を利用してエンジニアを目指すメリットも解説していきます。

ITエンジニアの需要が高く、将来性がある

人材不足
IT化が進む未来の中でエンジニアの確保が追いついていないため、エンジニアは将来も需要が高く、活躍の場が多いためエンジニアを目指すべき理由の一つになります。

平均年収をみても、民間企業の平均が約430万となっていますが、エンジニアは500万を超えてきます。また職種によっては800万、900万と高収入になっています。

講座が豊富で、資格取得も可能

教育訓練給付制度の対象となるエンジニア向けの講座は豊富であり、資格取得も可能です。エンジニアになるために必要な知識やスキルを身につけることができます。

講座では、エンジニアに必要なプログラミング言語やツール、フレームワークなどの基礎知識や実践スキルを学ぶことができ、中には資格取得に向けたカリキュラムや試験対策も含まれているものもあります。

例えば、ネットワークエンジニア養成講座では、ネットワークエンジニアの登竜門といわれる王道資格「CCNA」の取得を目指すことができます。

仕事をしならが給付制度の利用ができる

プログラミングを学ぶには時間がかかります。早くても3ヶ月、余裕を持って1年くらい学習や転職の期間を考えておく必要があります。個人的には長期戦の可能性を考えて仕事をしながら学習をすすめています。

収入がなくなると、妥協して自分が行きたくないと思っている会社に転職する必要があったり、エンジニア転職を諦めることになるかもしれません。教育訓練給付制度は、仕事を続けながらでも利用できるためおすすめです。

仕事との両立は時間的にも大変ですが、上記のように金銭的に苦しくなるというデメリットはなくなります。プログラミングが自分には合わないという状況になっても現在の仕事について考えなおすことができます。

ココに注意

  • 予定通りに就職できなくなるリスクを防げる
  • プログラミングが自分に合わないと感じても、今の仕事に戻れる

受講費用の負担が軽減される

プログラミングの学習にかかる費用は高額になるため、教育訓練給付制度を利用することで受講費が軽減されるため負担が少なくなります。

条件や制度の利用資格があるかを確認し、利用できるのであれば間違いなく利用するのがおすすめです。以下の点に注意してみましょう。

  • 自分の目的に合ったコースがない可能性があること
  • 申込みの定員オーバーしていて受講できないことがある
  • 受講期間が自分の予定と合わない可能性がある

SNSで探した教育訓練給付金に関する口コミ

教育訓練給付金に関する口コミ

SNSの口コミを見ても給付金制度を利用する価値は高いということがわかります。そしてほとんどの社会人がその対象になっています。

同じ内容の授業を学ぶのであれば安く学べた方がお得ですね。口コミを参考にし考えてみてください。

教育訓練給付制度って、もっと周知されるべきという口コミ

教育訓練給付制度って、もっと周知されるべきです。
雇用保険を一定期間支払った人が、なにかの勉強を始めたときに、お金をもらうことができます。
英会話スクールや通信教育の資格試験だと20%(最大10万円)
大学・大学院(プログラミング、ビジネススクール、医療、福祉)だと、年間で56万円です。
引用: Twitter

たしかに教育訓練給付制度を知らないという人が多いです。学習意欲はあるが、高くて学べないという人がこの制度を知っていたら学びたいと思うはずです。

給付金制度は副業したい方も使えるという口コミ

会社員の皆さん教育訓練給付制度って知っていますか?
これはプログラミングとか資格をとりたい時に通うスクールなど支払った費用を一部を支給してくれる制度なんです!
副業やりたい方必見です!😆
引用: Twitter

会社に勤めながら給付金制度を使い、スキルを身に付けて副業に活かすということも可能ですね。給付金対象のプログラミングスクールで副業向きのコースがあればよいですが、知っている限りあまりないですね。

どちらかというと、副業であればWebデザインの方がおすすめかもしれません。

転職やキャリアアップのために資格取得もできるという口コミ

転職やキャリアアップのために資格取得などを考えている人は、
国の教育訓練給付制度、ほんとおすすめ!
プログラミング、簿記、英語検定、介護、税理士、大学院修士課程など
お金もらいながら学べるなんて素晴らしいですよね😲
#資格取得 #キャリアアップ #転職
引用: Twitter

会社員は資格取得をすると資格手当が付いたり、昇進の条件に資格が必要な方も多いと思うので教育訓練給付制度を利用してキャリアアップするというのは現実的な考え方ですね。

教育訓練給付制度が使えるプログラミングスクール8選

教育訓練給付制度が使えるプログラミングスクールおすすめ5社

教育訓練給付制度が使えるプログラミングスクールをピックアップしてみました。

インターネット・アカデミー

インターネット・アカデミーはオンラインでの学習はもちろんですが、校舎もあるため通学して学びたいという人にもおすすめのプログラミングスクールとなっています。

その他、マンツーマンの学習やグループ内ではWeb制作会社があり、現場レベルのスキルをカリキュラムに反映させているため卒業後に戦力になれる学習をすることができます。

無料体験も実施しているため、教育訓練給付金のコースについて体験し受講内容をしっかりと確認してから申込できるため不安がありません。まずは体験から始めてみてください。

データミックス

世界でもデータサイエンスやAIの分野は注目される一方で、深刻な人材不足となっており2030年には45万人が足りなくなるとのことです。

データミックスは、年間2,200名が受講する日本屈指のプログラミングスクールです。個人向け以外にも法人研修やコンサルティングなどの事業もしている企業が運営しています。

スクールは、文系や数学が苦手でも学べるカリキュラム。現役データサイエンティストから学習やキャリアのサポートまで受けらるという特徴があります。
データミックスの評判
データミックスの評判を現役フリーランスがレビュー

続きを見る

テックアカデミー

テックアカデミーは受講者も多く人気のプログラミングスクールの一つですが、転職コースでは教育訓練給付金が利用できるようになりました。

転職コースは転職保証もついているため、就職・転職に失敗しても返金の対象になっています。テックアカデミーでも無料体験を実施しているので、まずは体験してから申込を考えてみましょう。

まずは無料相談から

TechAcademyの無料体験

Aidemy(アイデミー)

機械学習・AIを専門としているAidemy(アイデミー)。AI人材はまだまだ貴重で高収入を目指せる職業として人気がでています。

給付金の対象になっているコースを見ると、Webが多いですがAidemyではAIの分野について学習ができるため、興味がある方はスクールを覗いてみてください。

  • 機械学習やAIに興味がある方
  • 高収入を目指したい方
  • 数学が得意な方

まずは無料相談から

Aidemy

テックキャンプ

YouTuberマコなり社長が運営しているプログラミングスクールです。高額な受講料で話題になりましたが、ついに給付金の対象になり最大で受講料の70%が支給されます。

もともと高額ではありましたが、サポートは良いスクールなので安く受講できるのであれば候補になるという人も多いと思います。

教育訓練給付制度 + 転職保証がついているため転職に失敗した場合でも受講料は無料になります。

まずは無料相談から

テックキャンプ公式へ

RUNTEQ

RUNTEQの教育訓練給付制度

RUNTEQの「Webエンジニア転職コース (Ruby on Rails専攻)」は以下の認定を受けることができたため、受講費の負担が少なくなります。

  • 経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座
  • 厚生労働省の専門実践教育訓練給付制度

RUNTEQの「Webエンジニア転職コースの受講料は、以下の通りになります。最大で70%の給付されると、165,000円の自己負担ですみます。

受講料 550,000円
最大給付額 385,000円
自己負担額 165,000円

まずは無料相談から

RUNTEQ公式サイトへ

ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプの教育訓練給付制度

  • 教育訓練給付制度の利用ができ、受講料最大70%OFFで受講が可能
  • Web系の企業への転職に強い
  • 卒業生を受け入れた企業からリピートで採用がくるほど評判が高い
  • 卒業時には即戦力になれるくらい高いスキルが身につく
  • 現役エンジニアからのレビューの評判が高い
  • 転職ができなかったら全額返金保証

Railsキャリアコースの受講料

通常料金

440,000円(税込)

教育訓練給付制度を利用
最大70%Off
160,000円(税込)

最大280,000支給

まずは無料相談から

ポテパンキャンプ公式へ

テックブースト

テックブーストの教育訓練給付制度

テックブーストの特徴

  • フリーランスを目指せる専用カリキュラムがある
  • 転職・案件サポートが充実している
  • メンターは現役エンジニアで厳しい採用基準をクリアした人材
  • マンツーマンのメンターサポート
  • オリジナルアプリ制作でポートフォリオでアピールが可能
  • 給付金制度の利用が可能で受講費の負担を大きく減らせる

tech boost(テックブースト)でも給付金制度の利用が可能となり、最大で受講料金の70%支給を受けることができます。以下のように受講料の負担を大きく減らすことが可能です。

コース名 割引前の受講料 実質の受講料
70%Offの場合
ブーストコース (Ruby・PHP) 625,020円 187,506円
ブーストコース (Java) 1,083,720円 523,720円
ブーストコース (JavaScript+PHP) 916,630円 356,630円

※受講期間9ヶ月、メンタリング4回の場合


まずは無料相談から

tech boost公式へ

教育訓練給付制度が使えるおすすめプログラミングスクールまとめ

まとめ

今回は、教育訓練給付制度について解説してきました。対象の方は使わないメリットはないので、ぜひ給付を受けてエンジニア転職を目指してみることをおすすめします。

紹介した以外にもプログラミングスクールはあると思いますが、まずは教育訓練給付制度の対象なのか確認してみてください。そして早めに行動をおこすことをおすすめします。

-プログラミングスクール
-