フリーランス

【準備編】フリーランスの始め方

【準備編】フリーランスの始め方

フリーランスになる前に準備しておくことを知りたい。

このような疑問に答えていきます。

フリーランスになる前に準備しておいた方がよいことがあります。フリーランスになりたては特に社会的信用がないということを理解しておきましょう。

▼この記事では以下の点を理解できるように解説していきます。

  1. フリーランスになる前に準備が必要な理由
  2. フリーランスになる前に準備すること

これからフリーランスなろうと考えている人は、まず必要な準備をして計画的にフリーランスを目指してください。

フリーランスになる前に税理士の先生に相談して、しっかり準備した僕が丁寧に解説していきます。

この記事の信頼度

くろめがね
・エンジニア歴10年以上
・IT企業転職歴も3回以上
・プログラミングスクール運営側の経験あり
・現在はフリーランスエンジニアとして企業に常駐(在宅勤務)

フリーランスを始める前に準備が必要な理由

準備が必要な理由

フリーランスになると自由に働ける。仕事を受けるのも断るのも自分で判断できると安易に考えていきなりフリーランスになると苦労します。

しっかりと準備してからフリーランスを目指すことで安定してフリーランス生活を送ることができます。

フリーランスを始めたばかりの人は特に社会的信用がありません。会社員のように決まった収入がないという点が大きい理由でしょう。

以降で解説する点に注意してみてください。フリーランス3年目の僕が準備したことを紹介していきます。

フリーランスを始める前に準備しておくこと

フリーランスを始める前に準備するもの

フリーランスになる前に準備しておくことを順番に紹介していきます。

クレジットカードを準備する

クレジットカードは1枚くらいは持っていると思いますが、2枚くらい持っておくとよいでしょう。1枚のカードが使えなくなった時の呼びとして使うのもあり、仕事で購入する用に使うのもいいと思います。

フリーランスになってから作ろうと考えていると、審査が通おらない場合が多いため事前に準備しておくとよいでしょう。

フリーランスでも作れるクレジットカードがある

最近はフリーランスでも作れるクレジットカードが出てきているようですが、普通より面倒な審査があったりするので先に準備しておく方が簡単です。

不動産の賃貸や住宅ローンの契約

引っ越す予定や住宅の購入を考えている場合は、事前に引っ越しをしておくか、購入をしておくことをおすすめします。

貸す側の立場で考えると当然ですが、収入の保証がない人に貸したいとは思わないでしょう。

僕の場合は住宅ローンを組んだ

僕の場合は、住宅ローンは会社員時代に組みました。家の引き渡し2週間後にフリーランスになりました。

収入が不安定なのに住宅を購入するという良くない例ですが、会社員での実績があったために購入できた住宅です。

屋号を考えておく

開業届を提出する際に「屋号」という会社名のようなものが必要になります。屋号は自由に付けられますが、屋号を使いWebサイトを作るときなどは事前にドメインの調査しておくと良いでしょう。

ドメインは、希望のドメインを他の方が使っている場合があります。Webサイトを屋号に合わせたいなどあれば取得できるドメインを屋号にするという考え方もあります。

フリーランスを始める前に仕事の準備をする

仕事の準備をする

上で必要なものを紹介しましたが、一番重要なのは仕事の準備になると思います。どのように収入を得るのかという点です。

交友関係を広げておく

会社員時代に交友関係を広げておくことです。フリーランスになった後にお仕事を依頼してくれるかもしれません。同業種でフリーランスになるのであれば特に重要です。

収入に関しても直接仕事を受ける方が間に業者を含まないため、単価も高くなりやすいです。

フリーランスになった時はお仕事ください。

スキルアップをしておく

フリーランスを始める場合は、事前に足りないと思うスキルを身に着けておくことです。プログラミングスクールに通ったり、会社員時代にスキルアップできる仕事を経験しておくことです。

副業で経験しておく

どのような仕事をするのかによりますが、クラウドソーシングで仕事の獲得を考えているのであれば、クラウドワークスココナラといったサービスに事前に登録して副業を経験しておきましょう。

副業でうまく収入を増やすことができていれば、フリーランスになってもそのまま継続して収入を得られるでしょう。

失敗したら考えなおせる

会社をやめてしまった後に失敗しても後戻りできませんが、副業で失敗した場合は考え直せます。やり方を変える、クライアントを増やすなど改善してからフリーランスになることができます。

フリーランスになる前に無理して準備しなくていいもの

準備しなくていいもの

フリーランスになる前に必要なものを準備するのは重要ですが、無理して準備しなくてもいいものがあります。

例えば、経費にできるものです。フリーランスとして開業届を出した後であれば、仕事のものは経費にすることができ、所得控除にした方がお得になります。

パソコンや周辺機器

フリーランスの多くは、パソコンを使うと思います。請求書や領収書などの発行、備品の購入などには必ず使うものです。

今使っているPCが古くて買い替えたい、プリンターを新しくしたいという場合は、フリーランスになった後に購入するのがおすすめです。

仕事場所は働き方によって決める

仕事場所を事前に準備するかどうかは、どうするかによります。上で紹介したように賃貸や住宅購入の場合は事前に手続きをしておく方がいいです。

シェアオフィスなどであれば、場所を調べておくくらいで問題ありません。

ほとんどの人は自宅で仕事するけど、集中できなく余裕がある人はシェアオフィスでもいいかも。。。

参画した企業がシェアオフィスと契約している場合がある

リモートワークが増えた現在は、企業がオフィスを持たない場合が多くシェアオフィスと契約している場合があります。

フリーランスエンジニアやフリーランスデザイナーが案件に参画した場合、元請け企業が借りてくれているシェアオフィスを利用できる場合があるため、事前に無理して借りなくてもいい場合があります。

【準備編】フリーランスの始め方まとめ

今回はフリーランスの始め方の準備編をまとめてみました。社会的信用のある会社員のうちにして契約をしておく必要があれば忘れずにしておきましょう。

フリーランスは3年ほどの実績がないと信用されないということを理解しておきましょう。

▼フリーランスの始め方の手続き編も合わせてご覧ください。

-フリーランス