フリーランス

早くフリーランスになりたい方はWebデザイナーがおすすめ

早くフリーランスWebデザイナーになりたい
初心者さん
早くフリーランスになりたいな〜。Webデザイナーとかどうかな?

今回は、このような方に向けて書いています。

フリーランスになり、経験やスキルがなければ個人で稼ぐのは難しいですが、短期間である程度のスキルが見込めるWebデザイナーはおすすめです。

こんな方におすすめ

  • フリーランスのWebデザイナーになる方法を知りたい
  • フリーランスのWebデザイナーの仕事や年収を知りたい

早くフリーランスになりたいと考えている方、Webデザイナーを目指そうか考えている方に向けて解説していきます。ぜひ最後までご覧になってみてください。

この記事の信頼度

くろめがね
・エンジニア歴10年以上
・IT企業転職歴も3回以上
・プログラミングスクール運営側の経験あり
・現在はフリーランスエンジニアとして企業に常駐(在宅勤務)

フリーランスWebデザイナーの仕事内容

フリーランスWebデザイナーの仕事内容

フリーランスのWebデザイナーの仕事の内容から簡単に紹介していきます。

フリーランスWebデザイナーは基本的にWebサイトのデザインをしたり、バナー作成、企業のロゴ作成など、Webサイト全般のデザインをする仕事内容が主です。

Webデザインの案件を受注したら、企業や個人などのクライアントの指示や意図通りのデザインでWebサイトを作成することが求められます。

Webサイトのデザインはもちろんですが、Webサイトを構築するためのコーディングやオリジナルなデザインなど、仕事の内容は案件によっても異なります。

そのため、HTMLやCSS、JavaScriptなどの知識があれば、よりクオリティの高いWebサイトを作成することができるため、知識があればあるほど高単価の案件を受注することができます。

企業のWebデザイナーとの違い

案件を獲得した場合、基本的に一人でデザインを行います。デザインするという部分に違いはありませんが、企業のWebデザイナーの場合はチームで仕事をすることが多いため、FigmaやAdobe XDといったツールを使いチームでデザインを共有し管理することが多いです。

フリーランスWebデザイナーを目指すには?

フリーランスWebデザイナーの目指し方

フリーランスWebデザイナーになるには、主に以下の3つの方法があります。一つずつ解説していきます。

  • 独学で学びフリーランスWebデザイナーになる
  • Webデザインスクールに通う
  • 会社で実務経験を積む

独学で学びフリーランスWebデザイナーになる

フリーランスWebデザイナーは自分で独学してスキルや経験を積み、実際にWebデザイナーとして活動することができます。

Webデザイナーとして必要な知識をネットや参考本などを用いて勉強し、勉強した内容を実際に自分で何かしらのデザインをし実績としてポートフォリオに記載します。

そしてクラウドソーシングサイトなどで簡単な案件を受けたりすることで、経験を積み重ねてフリーランスWebデザイナーとして仕事をしていくことができます。

チェック

Webデザイナーは知識も重要ですが、実績やスキルの方が評価され重要になりますので、まずは自分でWebサイトのデザインをするなどして、経験を積むことが重要です。

Webデザインスクールに通う

フリーランスWebデザイナーはスクールに通いスキルを身に着けた後に、実際にWebデザイナーとして活動することができます。

スクールに通うことで、独学で勉強するよりも効率良くWebデザイナーとしての知識や経験を積むことができるため、一番おすすめの方法です。

また、スクールによってはWebデザイナーとして活動するための転職サポートや、案件を上手く交渉する方法や、実際に案件を受けて仕事を始めることも可能です。

しかし、Webデザイナーのスクールに通う場合は数十万円以上かかることも多いため、資金に余裕がない人は難しいかもしれません。

受講料が安くコスパが良いデイトラはWebデザインの学習におすすめ

デイトラのWebデザインで副業する
デイトラのWebデザインで副業でどのくらい稼げるか

続きを見る

会社で実務経験を積む

フリーランスWebデザイナーはWebデザインの会社などで実際に実務経験を積み、そこからフリーランスになる人や、独立して自分で会社を設立する人も多いです。

会社に勤めていれば、安定した給与をもらいながらWebデザイナーとしての知識やスキルを身に付けることができるため、将来的にフリーランスWebデザイナーとして活動することができます。

チェック

企業でWebデザイナーとして勤めた方がフリーランスになると、その勤めた企業から案件をもらえることもあるため安定することが多いです。

フリーランスWebデザイナーになるためには資格が必要?

Webデザイナーになるための資格

結論からいうと、フリーランスWebデザイナーになるためにいは資格は必要ありません。あなたが「今日からWebデザイナーです!」と名乗ればあなたはWebデザイナーになります。

ここでは少し資格について紹介していきます。

資格を取得する意味はある?

フリーランスWebデザイナーとして活動する場合は、企業や個人から案件を獲得しなければいけません。そのため、Webデザイナーに関する資格を取得しておけば、他の人よりも有利に案件を獲得することができる可能性があります。

さらに、資格の取得は企業や個人に自分のスキルを客観的に証明することができるため、資格を取得しておいて損はないと言えるでしょう。

ただし、クライアントが他の方と比較してどちらを採用するかは、デザイナーが作ったデザインで比較することが多いため、同じスキルで迷った場合に資格があると採用される程度とお考えください。

Webデザイナーにおすすめの資格

Webデザイナーにおすすめな資格のいくつかご紹介しますので、参考にしてください。

  • Webクリエイター能力認定試験
  • HTML5プロフェッショナル認定資格
  • ウェブデザイン技能検定

どの資格も同じことが言えるのですが、資格を取ることよりも学習して知識を得たということが大事なので案件獲得のためというよりは、将来フリーランスWebデザイナーとして活躍するために必要な知識と考えて学習するとよいでしょう。

フリーランスWebデザイナーの年収

フリーランスWebデザイナーの年収

フリーランスのWebデザイナーの場合、副業で活動する人もいるため年収にはバラツキがありますが、本業でWebデザイナーをしている方の年収について知っておくと参考になります。

ここではフリーランスの年収について紹介していきます。

Webデザイナーの年収について

厚生労働省が発表した「賃金構造基本統計調査」によると、デザイナーの平均年収は約433万円です。

これはあくまでもWebデザイナーで活躍する人の年収の目安であって、フリーランスの場合は案件が効率良く獲得できなければ、年収200万円~300万円前後の人もいますし、500万円以上稼いでいる人もいます。

フリーランスの場合

Webデザイナーに限ったことではありませんが、自分が頑張れば頑張るほど年収を上げることができるため、自分の年収を少しでも上げたい場合は、自分のスキルや経験を身に付けて、高単価の案件を継続的に獲得することが大切です。

フリーランスのWebデザイナーが年収アップするには?

Webデザイナーとして年収をアップさせるコツをご紹介していきます。年収アップさせるコツは以下2点です

  • 常に最新の情報や流行を収集する
  • 企業で働く

常に最新の情報や流行を収集する

Webデザイナーとして働き、少しでも年収をアップさせたいならば、常に最新の情報や流行を収集することが大切です。フリーランスWebデザイナーとして長く活躍するためにも、自分の持っているスキルや経験だけではなく、Webデザインのトレンドや技術などの情報に常にアンテナを張り、Webサイトを作成する際にアウトプットすることで、クライアントからの高い評価を獲得することができます。
Webデザイナーに役立つセミナーや講習会を開いているようであれば、積極的に参加することをおすすめします。

エージェント経由で企業で働く

Webデザイナーとして年収をアップさせるためには、企業の仕事を受けることです。特にWebデザイナーとして活動し始めたばかりの人は、なかなか自分の思うように案件を獲得できずに、最初の1か月目は10万円しか稼げなかったという人もいます。安定して案件を獲得できるようになるまでは、企業のパートナー(業務委託)で週3~4日程度働き、残りの時間は自分で案件を獲得したり、スキルや知識を身に付ける時間にすれば、効率良く、安定した収入を得ることも可能です。

まとめ - 早くフリーランスになりたい方はWebデザイナーがおすすめ

まとめ

今回は、早くフリーランスのWebデザイナーになりたい方に向けての解説記事でした。未経験からフリーランスになる場合、以下の点が重要です。

フリーランスになる場合

  • 学習コストが低いこと
  • 単価が高めであること

フリーランスになるために学習に時間を掛けすぎても挫折してしまう可能性が高いため、2,3ヶ月学習することでフリーランスで活躍できるWebデザイナーは特におすすめです。

またフリーランスの場合、忙しく働いているのに収入が低いという仕事も多いです。ある程度の単価を獲得できるWebデザイナーは目指す価値ありです。

-フリーランス
-,