ギークスジョブの市場価値診断をフリーランスになる前に受ける理由

エンジニア

ギークスジョブの市場価値診断ってどんなサービスなのかな?

今回は、このような疑問に答えていきます。

ギークスジョブにある市場価値診断は、自分の価値を知る大切な機会になります。フリーランスになる前に必ず受けたい診断です。この診断を受けてセミナーに参加しましょう。

実際に僕も受けてからフリーランスになりました。この後、詳しく解説します。

IT系フリーランス、フリーエンジニアの仕事探しは【ギークスジョブ】

  1. ギークスジョブに興味がある人
  2. 自分の市場価値診断を知りたい人

この記事は上記の人を対象としています。

自分の価値はどのくらいか知ることは大切です。実際に会社員でも自分の価値より低い評価で働いている人が大勢います。ただ会社員の場合は会社のルール上、仕方がないかもしれません。

フリーランスエンジニアになったら自分で案件を選ぶことができるので「市場価値診断」を受けて自分の価値を知り、それに見合った案件を選ぶのがおすすめです。

本記事の信頼度

・エンジニア歴10年以上
・IT企業転職歴も3回以上
・プログラミングスクール運営側の経験あり
・現在はフリーランスエンジニアとして企業に常駐(在宅勤務)

geechs-job

まずは無料相談から

ギークスジョブ公式サイトを見る
  • 業界1、2位を争うくらいの案件数
  • 3名体勢でのサポートがとても安心できます。
  • Web系案件が得意なエージェント
  • 「フリノベ」という福利厚生が充実
  • 確定申告で使う会計ソフトの割引や健康診断、人間ドックなどの割引のサービスあります。
  • 単価も高めで安心でおすすめです。

目次

  1. ギークスジョブの市場価値診断サービスとは
    • 市場価値診断は簡単に診断可能
    • 市場価値診断は16種類の職種を診断可能
    • 市場価値診断の信頼度は
  2. ギークスジョブの市場価値診断を受ける理由
    • フリーランスは自分の価値を知る必要がある
    • フリーランスは計画を立てる必要がある
    • フリーランスはエージェントに搾取されない必要がある
  3. ギークスジョブの市場価値診断はどのような人が受けるべきか
    • 会社員で給与が上がらない人
    • 自分のキャリアについて考えたい人
    • フリーランスで自分のスキルが評価されているか不安な人
  4. ギークスジョブに登録するメリット
    • ギークスジョブではじめてのフリーランスセミナーを受講しましょう
    • ギークスジョブの個別相談会に参加できる
  5. まとめ

ギークスジョブの市場価値診断サービスとは

市場価値診断
参照元: ギークスジョブ

ギークスジョブで提供している市場価値診断は、上記で紹介したように自分の価値を知る機会になります。どんな特徴があるのか解説していきます。

01市場価値診断は簡単に診断可能

市場価値診断は、ギークスジョブから簡単に受けることができます。個人情報を入力をし、あとはポチポチと選択していくだけです。5分程度で簡単に完了するので気軽に受けられます。

02市場価値診断は16種類の職種を診断可能

フリーランスとして働く人のデータに基づいた診断を16種類の職種で受けられます。人気の言語はもちろん、インフラやディレクターといった職種も診断可能となっています。

03市場価値診断の信頼度は

市場価値診断は事業開始から15年のデータや登録者17,000人、日本最大級の契約数から分析して市場価値を提示します。診断結果は信頼できるものとなっています。

実際にある程度経験があるエンジニアであれば80万ほどの単価になると言われますが、僕も受けた時はそのくらいの診断結果になりました。



ギークスジョブの市場価値診断を受ける理由

市場価値診断を受ける

ギークスジョブの市場価値診断を受けるべき理由があります。

01フリーランスは自分の価値を知る必要がある

上でも書いたように会社員の場合は会社の給与に関する規定があり、スキルが高い人でも勤務年数が足りないと安かったりするため、自分の価値がわかりにくいという点があります。

自分はかなりスキルが上がったのに給与が上がらないと感じる人も多く、不満が出やすいです。実際にエンジニアが不満が出る部分は収入の面も多く、転職理由も収入面が多いです。

フリーランスは自分のスキル、経験の価値を知り、価値に見合った案件に入ることでその点の不満を解消することができます。

02フリーランスは計画を立てる必要がある

フリーランスが市場価値診断を受ける必要がある2つ目の理由は、フリーランスになる前に計画を立てるためです。年収を上げようと思い、いざフリーランスになったら自分のスキルに価値がなかったなんてことになりかねません。

会社員から解放されたいという理由で簡単にフリーランスになる人がいて、なってみたら稼げないという例もあります。

03フリーランスはエージェントに搾取されない必要がある

エージェントはクライアントの提示した金額から中間マージンを取り、エンジニアの単価を決めます。自分の市場価値を知らなければ、必要以上にマージンを取られていても気づかずに仕事することになります。

せっかくフリーランスになり自分のスキルを評価してもらいたいのであれば、そのようなエージェントは早くやめて市場価値に見合った案件を紹介するエージェントに変更する方がいいです。

ギークスジョブの市場価値診断はどのような人が受けるべきか

受講がおすすめの人

自分のスキルや経験の価値を知りたい人は、ギークスジョブの市場価値診断を受けるべきですが特に以下の人はすぐに受けてみましょう。

01会社員で給与が上がらない人

会社員の場合、会社の給与のルールのあると思います。単純に自分のスキルが足りなくて給与が低い人と、会社のルールのために給与が上がらない人がいます。

後者の人は、転職するかフリーランスになる方が幸福度が増します。どちらにしても自分の価値を知ることで現状、自分が損しているということに気づくことができるでしょう。

02自分のキャリアについて考えたい人

自分にはどのくらいの価値があるのだろう、これからどんな仕事をすると価値が上がるのだろうか考え直す機会となるのではないでしょうか。

例えば、普通に開発5年の経験を積むと、70万-80万くらいの市場価値がつきます。けれども仕事の内容によっては金額はつかない可能性があります。市場価値診断を受けることで、どのようなスキルを身につけると価値が上がるのか知ることができます。

市場価値がつくと会社の状況が悪化しても転職可能になる、またフリーランスにもなれるでしょう。何かに依存してしなくても自分のスキルで案件を獲得できるようになります。

03フリーランスで自分のスキルが評価されているか不安な人

同じ案件でもエージェントが違うと単価に差が出る場合があります。同じ現場にいる他のフリーランスの方が単価が高そう、自分のスキルが市場の価値に基づいて評価されているのかわからない。

このような人は、ギークスジョブの市場価値診断を受けてみるべきです。エージェントの評価がおかしい場合があります。もしくは案件自体の単価の設定がおかしいという可能性があります。

ギークスジョブに登録するメリット

メリット

上で書いたように現状に不満があったり、しっかり評価されていない人はギークスジョブに登録してみましょう。まだフリーランスにならなくても価値を知っておくメリットは大きいです。

市場価値診断の他にも、メリットがあります。

01ギークスジョブではじめてのフリーランスセミナーを受講しましょう

ギークスジョブに登録すると「はじめてのフリーランスセミナー」に参加することができます。フリーランスってどんな感じなのか、会社員との違いはどんなところ?フリーランスについて話を聞く機会を得ることができます。

02ギークスジョブの個別相談会に参加できる

さらに1対1で詳しく話を聞きたい人は、個別相談会を受けられます。非公開案件を元にしてフリーランスでどのような案件で仕事ができ、どのくらいの収入を得られるか相談できます。

現状と比べると自分にとってどちらにメリットがあるのか考える助けになるでしょう。

まとめ

今回は、ギークスジョブの市場価値診断を受けるべき理由について解説してきました。

自分のスキル、経験は貴重なものなのでしっかりと評価されるべきです。現状不満のある人や評価がされていない人はぜひ市場価値診断を受けてみてください。

ギークスジョブには、他にもフリーランスにとってためになるセミナーや相談会が開催されています。フリーランスについてもっと知りたいという方はぜひ参加されてみてください。

  1. 「はじめてのフリーランスセミナー」を受講してフリーランスについて理解を深める
  2. 個別相談会で具体的な案件を聞いて計画を立てる
  3. 「確定申告セミナー」でフリーランスの面倒な点も理解しておく
geechs-job

まずは無料相談から

ギークスジョブ公式サイトを見る
  • 業界1、2位を争うくらいの案件数
  • 3名体勢でのサポートがとても安心できます。
  • Web系案件が得意なエージェント
  • 「フリノベ」という福利厚生が充実
  • 確定申告で使う会計ソフトの割引や健康診断、人間ドックなどの割引のサービスあります。
  • 単価も高めで安心でおすすめです。