現役エンジニアのMacの設定を紹介

プログラミング環境・ツール

Macを買ったけど、どんな設定をしているのか知りたい!

今回は、このような疑問に答えていきます。

僕はプライベートでのMac歴が10年くらいです。仕事でMacを使うこともありますが、現場はWindowsが多くWindows8割、Mac2割といった感じですが、Macの設定を忘れないよう記事にしておこうと思うので紹介していきます。

  1. Mac設定を知りたい人
  2. Macを購入してどんな設定をしたらいいのかわからない人

この記事は、上のような人に向けて書いていきます。

作業効率アップのために必要な設定があったらやってみてください。

本記事の信頼度

・エンジニア歴10年以上
・IT企業転職歴も3回以上
・プログラミングスクール運営側の経験あり
・現在はフリーランスエンジニアとして企業に常駐(在宅勤務)

目次

  1. Macのスペック
    • プライベート用のMac
    • 常駐先企業から支給されているMac
  2. Macのトラックパッド設定
    • スクロール方向のチェックをはずす
    • 奇跡の速度
    • アクセシビリティの設定
  3. Macのディスプレイ設定
    • スペースの拡大
    • Night Shiftの設定
  4. Macのキーボードの設定
    • キーのリピートの設定
  5. Macのメニューバーの設定
    • バッテリーの割合を「%」で表示
    • 日付の表示をデジタルにする
  6. その他の設定
    • 隠しフィイルの表示・非表示の設定
    • デフォルトのブラウザをGoogle Chromeに設定
    • Dockの設定
  7. まとめ



Macのスペック

まずは、僕が使っているプライベートのMacと仕事で支給されているMacの両方のスペックから紹介していきます。

01プライベート用のMac

MacBookPro13インチ

2020年に購入したMacです。スペックも高めで使いやすいです。個人的に13インチが好きで、この前のMacも13インチのProでした。たまに持ち運ぶので15インチだと少し大きい。

02常駐先企業から支給されているMac

支給されているMacもスペックは高いです。2019年モデルの15インチ。メモリ32GB。プライベートよりサイズが大きめのMacですが、スペックはこちらの方が若干高そうです。

ただしキーボードがぺたぺたしているため、2019年モデルのMacは不人気ですよね。

Macのトラックパッド設定

Macを購入したらやっておく設定から紹介していきます。

01スクロール方向のチェックをはずす

Macのトラックパッドの設定

スクロール方向の「ナチュラル」のチェックを外しています。実際に外さないで画面をスクロールするとわかりますが、指の方向と反対に画面が動きます。

02奇跡の速度

Macのトラックパッドの設定2

軌跡の速さを最大にしています。トラックパッドでカーソルを移動する速度です。遅いとたくさん動かすので疲れます笑

03アクセシビリティの設定

ポインタコントロール設定

これはトラックパッドの設定の中になく、ちょっと難しい場所にあります。「アクセシビリティ」 > 「ポインタコントロール」 > 「トラックパッドオプション」の中にあります。

スクロールの多い画面を下まで行って、上に戻る時の速度が早くなります。速度が遅いとその分、指を動かすことになるので疲れますね。



Macのディスプレイ設定

次はディスプレイの設定です。。

01スペースの拡大

ディスプレイの設定1

Retinaディスプレイの場合、たくさん表示しましょうという設定です。

02Night Shiftの設定

Macのディスプレイ設定2

目にやさしい設定です。ブルーライトをカットします。僕は一日中「日の入から日の出まで」を選択しています。



Macのキーボードの設定

次はキーボードの設定です。

01キーのリピートの設定

keybord

これは、タイピングの速度が伝わる設定です。いくら早く叩いてもこの設定が遅い方になっていると、伝わらないのでMaxにしておきます。

Macのメニューバーの設定

メニューバーの表示も変更していきます。

メニューの表示

01バッテリーの割合を「%」で表示

バッテリーのアイコンをクリックすると変更できます。アイコンがない場合は、「省エネルギー」 > 「バッテリー」の中に「メニューバーにバッテリーの状況を表示」のチェックがあるのでつけるとメニューバーに表示されます。

02日付の表示をデジタルにする

日付の設定

アナログとデジタルの表示を選ぶことができますが、アナログはよくわからない笑。デジタル一択だと思います。日付が表示されていない場合は、「日付と時刻」 から「メニューバーに日付と時刻を表示」のチェックを付けます。

曜日、日付、秒、24時間表示といったオプションがあるので好みで変更してみるといいでしょう。

その他の設定

その他、必要な方は設定しておきましょう。という設定を紹介していきます。

01隠しフィイルの表示・非表示の設定

エンジニアの方であれば、隠しファイルを表示したい場合があると思います。「shift(⇧) + Command(⌘) + ドット(.)」で表示・非表示を切り替えられます。

02デフォルトのブラウザをGoogle Chromeに設定

一般の設定

ブラウザはGoogle Chrome一択ですね。とりあえずインストールして設定しましょう。

03Dockの設定

dockの設定

Dockはアイコンが並んでいるやつの名前です。「ウインドウをしまうときのエフェクト」を「スケールエフェクト」にします。これはアイコンをしまう時にアニメーションみたいに消えていく(エフェクト)設定を切リます。

個人的にエフェクトが無駄に感じるからです。不要なところにPCの力を使ってパフォーマンス落としたくないというだけです笑。

まとめ

今回はMacの設定について書いてみました。エンジニアのも昔はWindowsを使っている人が多かったですが、Macを使わせてくれる現場も増えたのでMacに買い替えた時は、ぜひこの記事をみていただけたらと思います。

Macの設定は作業効率に影響します。しっかりと設定し使いやすいMacにしておきましょう。また、Macだけでなく周辺機器も合わせて見直してみてください。以下の関連記事にもデスク周りでおすすめな商品を紹介しているので、ご覧になってみてください。