プログラミングスクール

本サイトはプロモーションが含まれています。

社会人が働きながら学習ができるおすすめのプログラミングスクール

働きながらプログラミングスクールで学習
初心者さん
社会人が働きながらプログラミングスクールで学習してプログラミングのスキルを身に付けられるかな?

このような疑問をお持ちの方に向けて書いています。

結論

結論からいうと、プログラミングのスキルを身につけるために、働きながらプログラミングスクールで学習するのはおすすめの学習方法です。

プログラミングは、向き不向きがあるため、最初は無料のプログラミングサイトでプログラミングをしてみましょう。その後、楽しく学習が進められたら本格的に学ぶことをおすすめします。

僕自身、働きながら独学でプログラミングの学習をしてエンジニアになりました。その時の経験からアドバイスできることがあります。

この記事を読んで、リスクまで考えてプログラミングの学習を進めてみてください。

この記事の信頼度

くろめがね
・エンジニア歴10年以上
・バックエンドがメインでフロント開発も行うフルスタック
・プログラミングスクール運営側の経験あり
・単価約100万↑のフリーランスエンジニア

働きながら学習できるプログラミングスクール3選

働きながら学習する

社会人が働きながらプログラミングの学習をするためには、以下のような条件が整っているプログラミングスクールがおすすめです。

  • 転職レベルに到達できる学習ができる
  • スキマ時間や仕事の後にオンラインで学習ができる
  • 現役エンジニアからの質の高いアドバイスが受けられる
  • 目的に合わせたカリキュラムが学べる
  • 転職や案件のサポートがある

【ポテパンキャンプ】 - 卒業後に高いスキルを身につけられる

Ruby on Railsを学び高いスキルを身につけ、Web系企業へ転職を目指す方におすすめのプログラミングスクールです。

また、30歳未満の方は転職できない場合に返金保証があり、不安なく学習ができます。

  • 教育訓練給付制度の利用ができ、受講料最大70%OFFで受講が可能
  • Web系の企業への転職に強い
  • 卒業生を受け入れた企業からリピートで採用がくるほど評判が高い
  • 卒業時には即戦力になれるくらい高いスキルが身につく
  • 現役エンジニアからのレビューの評判が高い
  • 転職ができなかったら全額返金保証

Railsキャリアコースの受講料

通常料金

440,000円(税込)

教育訓練給付制度を利用
最大70%Off
160,000円(税込)

最大280,000支給

ポテパンキャンプの評判についての記事も一緒に関連記事をご覧ください。

まずは無料相談から

ポテパンキャンプ公式へ

【テックアカデミー】 - オリジナルサービスの開発で高評価を得る

オリジナルアプリの制作ができるため、転職時に書類審査で高い評価が期待できます。現役エンジニアからマンツーマンで学べる人気のプログラミングスクールです。

受講者数が多く、大手で人気のプログラミングスクール。安心して学習に専念できます。給付金対象のコースがありお得に受講できます。

TechAcademyは、マンツーマンでの学習ができるため初心者でも学びやすいと評判です。オリジナルアプリを作るコースもあるため、就職時に高い評価を得ることも可能です。

<主な特徴>

  • 無料体験で向き不向きの確認ができる。
  • オンラインで完結できる。
  • マンツーマンでの学習が可能。
  • 学習できるコースが多いため、学びたい言語を学べる。
  • 講師が現役エンジニアなので、経験が豊富なので安心して質問ができる。
  • スキルアップコースから転職コースまで自分に合ったコースで学べる

まずは無料相談から

TechAcademyの無料体験

【RUNTEQ】 - 実践型の育成で人気の高いプログラミングスクール

コミュニティが活発で、挫折しないようサポートが受けられるのがRUNTEQの大きな特徴です。実践型なので、卒業後は即戦力になれるスキルを身につけられます。

仲間と一緒に競い合いながら学びたい、一人では挫折しそうといった方はRUNTEQで学ぶのがおすすめです。

RUNTEQの「Webエンジニア転職コース (Ruby on Rails専攻)」は以下の認定を受けることができたため、受講費の負担が少なくなります。

  • 経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座
  • 厚生労働省の専門実践教育訓練給付制度

RUNTEQの「Webエンジニア転職コースの受講料は、以下の通りになります。最大で70%の給付されると、165,000円の自己負担ですみます。

受講料 550,000円
最大給付額 385,000円
自己負担額 165,000円

働きながらプログラミングを身につけるのは可能【体験談】

働きながらプログラミングを身につける

働きながらプログラミングの学習し、スキルを身につけてプログラマーに転職が可能と言い切れるのは、僕がそのようにしてプログラマーになったというのが理由です。

僕がプログラマーになった時は、オンラインのプログラミングスクールがほとんどなく、書籍中心の学習でした。それでも約6ヶ月の間、働きながら学習を続けプログラマーに転職しました。

社会人であれば仕事だけでも大変なのに働きながらプログラミングの学習なんて無理だと考えてしまいますが、今はオンラインのプログラミングスクールも増え効率良く学習できるようになりました。

チェック

僕がプログラマーを目指していた頃に比べてプログラミングの学習がしやすくなったと言えます。当時よりも効率よく、時間をかけずにスキルを身に付けられる環境ができています。

働きながらプログラミングを学習するコツは3つ

働きながらプログラミングを学習するコツ

働きながらプログラミングの学習をするのは、簡単なことではありません。計画を立てた通りに進めるのが難しかったり、気持ちの面で調整が必要になってきます。下記の3つの点を参考にしてみてください。

  • 勉強時間を確保する
  • 気持ち(モチベーション)を維持する
  • 働きながら効率良く学習する

勉強時間を確保する

働きながら勉強時間を確保するのは難しく、計画的に確保しなければ時間が取れなくなってしまいます。いつ学習するか、どのくらい学習するかを考えることです。

僕の場合は家族もいたので協力してもらいながら学習をしていました。そして特に以下の点に注意して学習時間を確保しました。

  • 平日1,2時間。休日は10時間くらいの学習
  • 本業はなるべく残業しない
  • 休日は遊ぶ約束はしない

このような感じでかなり学習時間を確保する努力しました。週に25-30時間は確保できるように計画していました。

気持ち(モチベーション)を維持する

学習を続けていく中でモチベーションの維持が大変になってきます。以下のように考えたりすることがあり不安になります。

  • 本当に転職できるのか
  • スキルアップできているのかな
  • プログラミング向いていないのかな

それでも必ずエンジニアになるという強い気持ちを持つことで、学習が続けられました。今の仕事から抜け出したい、自分だけでなく家族のために収入面でも安定させたいなどを常に考えていました。

効率良く学習する

働きながらプログラミング学習するコツは、効率良く学習することです。わからない部分を自分で調べ考えて解決するという自走力は必要ですが、慣れるまでは教わりながら解決方法を学ぶ方が効率がいいです。

僕の場合、半年間も独学して転職したのにスキル的には全く通用しませんでした。

僕のように独学で的外れな学習をするよりも、必要な知識だけを最短で効率よく学習できるプログラミングスクールで学ぶほうが有効です。

プログラミングスクールでの学び方

  • 自分でわからない点は、解決方法を教わる
  • 初心者のうちに知らなくてもいい学習は、エンジニアになってからする

自分で考えるということは大事ですが、現役エンジニアの解決方法を参考にするのはかなり有効です。

働きながらプログラミングスクールに通うメリット

働きながらプログラミングスクールに通うメリット

働きながらプログラミングスクールでプログラミングの学習をするメリットを紹介します。

  • プログラミングを諦めても仕事がある
  • 収入が途切れないため焦らないで進路を決められる
  • 延長やマンツーマンのオプションにお金を使える

プログラミングを諦めても仕事がある

独学でプログラミングの学習をする人の挫折率が高いというのはご存知かもしれませんが、プログラミングスクールを受講しても挫折する人はいます。

仕事をやめていたら...?

もし仕事をやめていたら、その後どのような仕事をするのか悩むことになります。どんどんお金がなくなっていき、とりあえず仕事をしなければならない、つなぎのバイトするしかないという状況になってしまいますね。

仕事をしながら挫折しても....

そのまま仕事を続けるという選択肢もあるし、新たな仕事を探すにしても時間をかけて自分に合った仕事を探せるでしょう。

収入が途切れないため焦らないで進路を決められる

プログラミングスクール卒業後に内定が出た時、自分が希望していた企業と違った、条件が悪かったという場合に収入が途切れてしまう状況だと、仕方がなく転職するという選択をしてしまう可能性があります。

収入に余裕があれば、もう少し学習しながら希望の企業へ挑戦したり、他を探しながら待つことができますが、収入がない場合は、とりあえず希望と違っても行くしかないという判断をして失敗してしまいます。

収入があることで焦りがなくなり、余裕ができるというメリットがあります。

延長やマンツーマンのオプションにお金を使える

ほとんどのプログラミングスクールは、受講期間と金額が決まっています。もう少し学習を続けたいという場合は「延長」することが可能だったりします。そのような場合には追加費用がかかります。

マンツーマンのスクールは費用を追加すると、回数を増やすことができます。

収入がない状況では、延長ができなかったりオプションの追加ができなくなる場合があります。

働きながらプログラミングスクールに通う時の注意点

働きながらプログラミングスクールで学習する時の注意点

働きながらプログラミングの学習をするのは可能で、メリットがあるという点を解説しましたが、最後に注意点も理解しておいていただきたいです。

プログラミングの学習を継続できない可能性

仕事をしながらプログラミングの学習を進めていると、仕事が忙しくなり予定通り進まない状況になり、学習の継続が難しくなるかもしれません。

プログラミングスクールで学習している場合は、カリキュラムについていけないといった問題がある場合があります。

以下の点を意識しながら仕事をしていくと、余裕がでてきます。

  • 残業をしないように調整する
  • 休日出勤はしない
  • 有給休暇を使い、学習にあてる

現在の仕事に集中できなくなる可能性

プログラミングの学習のことを考えてばかりいると、逆に本業に支障がでる可能性があります。転職したいと考えている時点で、現在の仕事に力が入らなくなっているという状況だと思うので注意が必要です。

  • 本業に気持ちが入らない
  • 学習の疲れでミスをする
  • 夜間学習で寝不足になる

大きな問題につながらないように、本業に支障が出るような学習をしないように注意して学習をしてください。

働きながらプログラミングの学習が難しい場合

働きながらプログラミングの学習ができない

働きながらプログラミングの学習するのが難しいと感じているのであれば、挫折しないように細心の注意を払う必要があります。

特に独学の場合は9割ほどの人が挫折してしまうので、プログラミングスクールかメンターをつけて学ぶ方法がおすすめです。

僕個人としては、以下の順で検討してみるのがおすすめです。

仕事を辞める前に以下を確認する

  1. 無料のサイトでプログラミングを体験する
  2. どのような仕事をしたいか明確にする
  3. 候補となるプログラミングスクールをいくつか選定し比較する

無料のサイトでプログラミングを体験する

Progateやドットインストールといった無料(有料プランでも1000円程度)のプログラミング学習サイトで、学習してみてプログラミングの適正を確認してみるとよいです。

できるかできないかの確認ではなく、プログラミングをしてみて楽しいか、苦になっていないかといった確認が必要です。

プログラミングは意外と地味な仕事なので、エラーの原因を調べたりするのが合わないと感じる人がいます。チェックしてみてください。

どのような仕事をしたいか明確にする

どのような企業に入りたいか、どのような分野の仕事をしたいのか、どのような開発をしたいかで学ぶプログラム言語も変わります。

目標を明確にすることで、学ぶプログラム言語がある程度絞られます。そうすると、プログラミングスクールも選びやすくなります。

候補となるプログラミングスクールをいくつか選定し比較する

プログラミングスクールで無料カウンセリングができたり、無料体験ができます。一つのプログラミングスクールだけで決めてしまうと比較できないため基準がわからないため危険です。

プログラム言語が絞れたら、学習できるプログラミングスクールをいくつか候補にあげて、カウンセリングや体験を受けてみて比較して決めることで、失敗する確率が少なくなります。

もし受講費がネックになっている場合は、教育訓練給付制度を利用すると負担を少なくすることができます。

社会人であれば教育訓練給付制度を利用する

雇用保険加入していた年数などの条件がありますが、社会人の場合は教育訓練給付制度を利用できます。詳細は最寄りのハローワークで聞くことができます。

教育訓練給付金が使えるプログラミングスクール
【最大70%OFF】教育訓練給付制度でお得に学べるプログラミングスクール8選

続きを見る

こちらは給付金が支給されるため、サポートが手厚く転職を目指す人が学ぶ高額なコースを安く受講することができます。以下は教育訓練給付金が使えるプログラミングスクールです。

人手不足が顕著なAI・データサイエンティストを目指すコースなどが多くあります。

教育訓練給付制度について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

教育訓練給付金が使えるプログラミングスクール
【最大70%OFF】教育訓練給付制度でお得に学べるプログラミングスクール8選

続きを見る

働きながらプログラミングスクールで学習するまとめ

まとめ

今回は、仕事をしながらプログラミングの学習できるのかという点について解説してきました。

働きながらプログラミングの学習をするのは大変なことですが、社会人であれば、プログラミングスクールに通う資金があったり少し投資して学習する方が効率よく進めることができます。

大事なのは、プログラミングをやめてないことです。仕事が忙しくても毎日少しでも学習することで、成長しています。

今の仕事が大変で転職したいと考えるのであれば、強い気持ちでエンジニアを目指してみてください。

-プログラミングスクール
-