ポテパンキャンプ

30代でもポテパンキャンプなら受講可能。年齢制限もなし

30代でもポテパンキャンプで受講可能
初心者さん
ポテパンキャンプは30代でも受講可能かな?年齢制限はあるのかな?

このような疑問をお持ちの方に向けて書いています。

結論: 30代でも受講可能で年齢制限もありません。ただし転職保証に限っては30未満の方が対象となっています。

こんな方におすすめ

  • ポテパンキャンプに興味がある30代以上の方
  • ポテパンキャンプからエンジニアに転職したいと考えている方
  • プログラミングスクール探しで悩んでいる方

30代は転職が厳しくなりますが、それでも20代に差をつける方法があります。30代でもポテパンキャンプを受講してエンジニアに転職したいと考えている方にその手順を解説していきます。

まずは無料相談から

ポテパンキャンプ公式へ

この記事の信頼度

くろめがね
・エンジニア歴10年以上
・IT企業転職歴も3回以上
・プログラミングスクール運営側の経験あり
・現在はフリーランスエンジニアとして企業に常駐(在宅勤務)

ポテパンキャンプで30代が受講すると就職できる理由

ポテパンキャンプは30代でも転職が可能な理由を知りたいですよね。エンジニア転職が可能な理由は以下の通りです。

  1. ポテパンキャリアを運営し、30代でもスキルが高い人材を募集している企業に紹介できる
  2. 挫折する人が多いが、スキルの高い人材を育てるカリキュラムがある
  3. 現役のエンジニアが講師・メンターである
  4. 30代が転職した実績がある
  5. 30代もサポートの対象としている

ポテパンキャリアを運営し、30代でもスキルが高い人材を募集している企業に紹介できる

ポテパンキャリアはポテパンキャンプの就職・転職を支えるサービスです。Webエンジニアを排出するNo.1のプログラミングスクールです。

スキルの高い人材を育てるため卒業生が就職した企業からの評価も高くなるため、リピート企業も多い。企業とポテパンキャンプの信頼関係ができています。

チーム開発をする上で人間関係は重要なので、スキルに差がないのであれば人柄で採用するといった企業もあるため30代でも可能性は高いと言えます。

挫折する人が多くてもスキルの高い人材を育てるカリキュラムがある

関連記事ではポテパンキャンプの挫折率について記述しています。受講生の3-4割が挫折しているということです。カリキュラムをやり遂げて卒業した時の目標が高いためだと思います。

実際に挫折せずに卒業できた受講生は、高いスキルを習得し自社開発企業へ転職成功しています。それがカリキュラムの質の高さの証明となっています。

ポテパンキャンプの挫折率が高い理由
挫折率が高いポテパンキャンプ。目標が高いプログラミングスクール

続きを見る

現役のエンジニアが講師・メンターである

カリキュラムの内容を教えるだけであれば、実務経験のない卒業生でも問題ないのかもしれません。けれども現役エンジニアとの違いは現場で役立つスキルを知らないという点です。

現役でなければ、役立つスキルや開発の手法はわからないです。一旦現役を退いた人が開発に戻れないのは開発手法が進化していくためです。なので高いスキルを身につけるには現役から教わらなければならないのです。

ポテパンキャンプでは現役エンジニアで構成された講師陣なので、安心して受講できます。

30代が転職した実績がある

ポテパンキャンプの公式を見るとわかりますが、30代で転職している人が多数います。30代でもしっかりとスキルを身につけた人であれば、就職・転職は可能であるという点を実績で証明しています。

30代も転職サポートの対象としている

以前のポテパンキャンプは、受講希望者をフィルターにかけて就職・転職が厳しそうな人を選考で落としていました。(関連記事を参照)

ポテパンキャンプ選考なくなった
ポテパンキャンプの選考はなくなった。過去に落ちた人も再挑戦可能?

続きを見る

けれども2022年現在は、エンジニアに転職したいと希望する人すべてを教育しサポートしていくという体制にしています。頑張りたいという人であれば、誰でもサポートをしてくれます。

ポテパンキャンプの受講条件を確認

上で書いたように以前は選考があり、受講できなかった人も多くいましたが、受講条件や料金プランなど改正されています。

2020年10月以前の記事は古いものが多いため注意し最新の受講条件、年齢制限等を公式サイトで確認するようにしてください。

ポテパンキャンプは30代でも受講可能

ポテパンキャンプでは30代以上でも受講が可能となっています。年齢制限はありますか?という質問に対して以下のように回答しています。30代でも40代でも受講が可能になっています。

年齢制限はございません。
参照元: ポテパンキャンプ

転職保証に限っては30未満の方が対象となっています。

ポテパンキャンプでは選考がなくなった

年齢制限はないけど、選考で落とされるのでは?と不安な方もいると思いますが、ポテパンキャンプでは選考がなくなったため、誰でも受講が可能になりました。

もちろん、以前選考で落ちてしまった方も受講可能になったので、やる気さえあれば再挑戦が可能となっています。再度挑戦してみたいという方は、無料カウンセリングで相談してみましょう。

Webエンジニア輩出実績トップクラスの【ポテパンキャンプ】

ポテパンキャンプで無料カウンセリングを受ける対策
ポテパンキャンプの無料カウンセリングの対策と準備

続きを見る

本気で学習したいやる気がある人

本気で学習したいという意気込みがあればご受講いただけるようになっております。
参照元: ポテパンキャンプ

選考も年齢も関係なく受講できるポテパンキャンプですが、唯一の受講条件があります。「やる気」です。

実戦に通用するエンジニアを育てるポテパンキャンプでは、カリキュラムの難易度が高いため挫折率が高いという特徴があります。

やる気がない場合は、ついていけないためやる気が求められています。

ポテパンキャンプから30代で転職した人

30代でも受講は可能ですというポテパンキャンプですが、転職目的の人が転職できないのであれば通う意味がないわけです。

ポテパンキャンプの場合、30代の転職実績がありました。紹介していきます。

30代でRailsエンジニアに転職成功

この方は、元々機械系エンジニアで業種は違うけどエンジニアだったため完全未経験という感じではないので、少し違うと感じるかもしれないですが、IT系の開発したくSES企業に転職しても機械系の案件にアサインされ受講したと。

SESって経験のない分野にはなかなかアサインできないんですよね。そのためポテパンキャンプを受講しRailsのスキルを身につけてRailsエンジニアになったという例ですね。

31歳フロントエンドエンジニアからRailsエンジニアに転職

元フロントエンドでReactで開発していた方。こちらも経験者でReactできていたらRailsもそれとなくできそうですが。しっかり学習するために転職された例。

くろめがね
会社によると思いますが、新しい技術を身に着けたいと思っていても挑戦できる環境とは限らないため、現役エンジニアでもスクールに通い学ぶ方もいます。

36歳未経験からのクラウドファンディング系有名企業への転職

ポテパンキャンプの30代未経験からの転職成功例。多くの方が参考になる実例だと思います。

入社前にProgateの全てのコースをやり、その後に他のプログラミングスクールでも3ヶ月受講。その後にポテパンキャンプを受講という流れですね。

やる気はすごいですが、2つのプログラミングスクールに通うというのは他の人には難しいですが、このくらい努力したので36歳という年齢でも転職できたのでしょう。

実際のところ30代で転職は可能なのか

30代はどのくらい転職が難しいのか。そもそも現実的に可能なのか解説していきます。

30代でエンジニア転職はかなり難しい

実際には30代の場合はどのような職種でも未経験で転職する場合はかなり難しくなります。さらにエンジニアという職業は習得に時間がかかるため、ハードルが上がります。

例えば、新卒でエンジニアになったという方たちの多くは30代になると開発から離れリーダーや役職につき、全体を見る仕事をしている人も多い状況です。

実際に開発する人は20代が中心なので、20代の人たちに教わりながら開発することになります。人によっては厳しい言葉で教える人もいるためプライドが傷つく場合があります。

このようなことを経験する覚悟があれば、続く話を読んでもらえればと思います。

20代にないスキルを身につける30代は転職可能

30代の場合、20代には足りない経験をしてきている人が多いです。前職の経験が活かせる分野(業務知識を持ち合わせている)である場合は、転職しやすいです。

例えば、前職で翻訳の仕事をしていた場合、エンジニアに転職しても英語は強みになります。30代未経験からエンジニア転職を成功させたい場合、エンジニアに必要なスキル、プラス経験などで転職成功可能です。

エンジニアのスキルに加えて、英語や業務知識などで採用の可能性がアップします。

30代は人間性とハングリー精神で転職可能

30代の場合、20代より強い覚悟をもって転職しようと努力しようとしている人が多いです。また、結婚していたり子供がいたり背負っているものが大きかったりします。

サッカー選手でもブラジルの選手にあって日本の選手にないものは、ハングリー精神と言われますね。

なんとしてでもやってやるという気持ちが30代の方が強いと言われます。この強い気持ちがあれば、転職できる可能性は高くなります。

30代でポテパンキャンプから転職成功させるために必要なこと

上で述べたようにハングリー精神があっても、スキルは必要です。30代で転職成功させるために必要な点をまとめます。

他の人より多めに学習時間をとる

Webエンジニアはとにかく必要なスキルが多いです。エンジニアに必要な時間は最低でも800時間〜1000時間と言われます。

毎日2時間学習しても500日かかるわけです。より多くの時間を学習に当てられるように努力が必要です。

通勤時間、休み時間も無駄にしないで学習するという気持ちが必要です。

生活を見直し無駄な時間を排除する

上の部分と似ていますが、家族がいたり子育てしている中でプログラミングの学習をする人は特に、趣味の時間、娯楽の時間など排除して学習するといった努力が必要です。

30代であれば、20代と同じスキルでは比較されると不利です。20代の倍の時間学習して技術を身につけるくらいの気持ちでやる必要があるとおもいます。

くろめがね
家族の協力してもらい、自分の時間を持てるようにお願いすることも必要ですね。

30代は効率良く学習する

30代はできるだけ早く転職できるように、効率良く学習することをおすすめします。実務に役立たないことに時間をかけていても仕方がないので、本当に必要なことに絞り学習します。

ポテパンキャンプは自社開発に転職させるのが強みのスクールは、基礎的な部分は自分でやってから受講してくださいというスタイルなので30代にぴったりだと思います。

実務に必要な部分をピンポイントで教えているため、自社開発といった人気の企業にでも転職ができるのでしょう。

まずは無料相談から

ポテパンキャンプ公式へ

30代でもポテパンキャンプなら受講可能まとめ

まとめ

30代でポテパンキャンプをした場合、転職は可能なのかという点を解説してきました。

転職実績はありましたが、20代と比較すると多くはなかったです。それだけ難しいという点を理解しましょう。

ポテパンキャンプは特に自社開発に絞って紹介するため特に厳しくなります。自社開発企業は現役エンジニアにも人気が高いからです。

30代は自社開発にこだわらずにSESでも経験をつめる企業はあるので、転職先の希望範囲を広げると転職しやすくなるので検討してみてください。

それでも自社開発に転職したいのであれば、やはりポテパンキャンプで頑張るのが最善ではと思います。

まずは無料相談から

ポテパンキャンプ公式へ

▼ポテパンキャンプの評判が気になったという方は関連記事もご覧になってみてください。

ポテパンキャンプの評判
ポテパンキャンプの評判と口コミ。現役フリーランスがレビュー

続きを見る

-ポテパンキャンプ