挫折率が高いポテパンキャンプ。難易度が高いプログラミングスクール

プログラミングスクール

ポテパンキャンプってやっぱり挫折しやすいのかな?挫折する理由も知りたい。

今回はこのような疑問に答える内容となっています。

結論: ポテパンキャンプは卒業できずに挫折していく人が3〜4割いる。カリキュラムの難易度が関係しているという理由があると思います。

Webエンジニア輩出実績トップクラスの【ポテパンキャンプ】

この後詳しく解説していきます。この記事の対象者は以下のような人です。

  1. ポテパンキャンプに興味がある人
  2. ポテパンキャンプの難易度を知りたい人
  3. プログラミングスクール選びで悩んでいる人

筆者の経歴は以下のような感じです。現在は企業に常駐しているRailsエンジニアなので、Web系には詳しいです。信頼度は高めだと思います。

・エンジニア歴10年以上
・IT企業転職歴も3回以上
・元プログラミングスクール運営会社社員
・現在はフリーランスエンジニアとして企業に常駐(在宅勤務)

目次

  1. ポテパンキャンプの挫折の状況
    • ポテパンキャンプでは挫折以前に受講できない人が多かった
    • ポテパンキャンプの挫折率は3割以上
    • ポテパンキャンプの難易度
  2. ポテパンキャンプの挫折率が高い理由!?
    • ポテパンキャンプではなぜ挫折するのか
    • エンジニアに向かない人も受け入れている
    • 事前学習が足りないため挫折する
  3. ポテパンキャンプで受講するのにおすすめな人
    • エンジニアに転職したいという強い気持ちを持って努力できる人
    • 技術が好き・プログラミングが楽しいと感じれる人
    • 首都圏で就職が可能な人
    • Webエンジニアを目指す人
    • プログラミングの学習時間が確保できる人
  4. まとめ

ポテパンキャンプの挫折の状況

ポテパンキャンプは挫折しやすい

ポテパンキャンプのイメージは受講するための難易度が高いが、受講できた人は自社開発企業に転職できると評判の良いプログラミングスクールです。

ポテパンの評判については以下の記事をご覧ください。

01ポテパンキャンプでは挫折以前に受講できない人が多かった

2020年11月現在は廃止となっていますが、以前ポテパンキャンプでは受講するためには選考を通過する必要があり、受講したくてもできなかった人が多かったわけです。

しかし、現在は選考が廃止となり誰でも受講が可能となったわけですが、そうなると挫折率が上がるのは当然ですね。

02ポテパンキャンプの挫折率は3割以上

ポテパンキャンプの社長に挫折率について質問した人がいました。ポテパンキャンプの社長が3〜4割挫折していると回答。卒業前に辞めてしまう人が、半数弱いるということです。正直僕の予想より多めでした。

Webエンジニア輩出実績トップクラスの【ポテパンキャンプ】

ポテパンキャンプの挫折率が高い理由!?

挫折率が高い理由

駆け出しエンジニアの挫折率が9割以上という記事を目にします。本当かどうかは分かりませんが、一般的にそのくらい挫折する率が高いということです。

独学では一人で悩み壁にぶつかり挫折していくという流れが多いため、メンターに質問できるプログラミングスクールは挫折率が下がります。それでもポテパンキャンプでは3〜4割あるのは予想以上。

01ポテパンキャンプではなぜ挫折するのか

挫折率が高くなる理由として、単純に実務に通用するエンジニアを育てるためにカリキュラムの難易度が高いため、挫折するという理由がある

新入社員で入ってくるエンジニアが1年程度は戦力にならないと言われています。新入社員といっても大学でプログラミングについて学んでいたり、基本情報技術者といった資格を持っている人もいるわけです。

そのような新人でも戦力になるまで1年程度かかるのに、3ヶ月くらいで戦力になるくらいに教育するポテパンキャンプが簡単なわけはありません。

02エンジニアに向かない人も受け入れている

将来エンジニアとして仕事を続けていくのは簡単ではないです。僕の周りでも次々と出てくる新しい技術についていけずにエンジニアになってから辞めていく人がたくさんいました。

エンジニアはセンスがある人、能力の高い人といろいろなエンジニアがいますが、普通のエンジニアは技術が好きだったり、やる気がある人でなければついていけなくなる可能性があります。

普通なのに努力もできない人はエンジニアになっても挫折します。ポテパンキャンプでは、そのような努力しない人、できない人は受け入れはするものの自走してついて来いというスタイルなのかもしれません。

自走できずついてこれない人は挫折するため、挫折率が高くなるということですね。

03事前学習が足りないため挫折する

プログラミングスクールを受講する人たちの多くの人に当てはまることかもしれないですが、受講すればエンジニアになれると思っているということ。

エンジニアを目指すと決めたら、自分でどんどん学習できるはず。事前にある程度学習をすすめて、わからない部分をスクールで解決していくというのが理想です。

効率良く学習するために、スクールに通い自分でしっかり復讐しながら理解しスキルを身に着けるというのもあり。ただプログラミングスクールに通うだけで、エンジニア転職できるという考えでは厳しい。

potepan
  • 料金
    *金額は変更になっていることがあります

    200,000円〜400,000円

  • 転職保証

    なし。転職サポート対応

  • 通学・オンライン

    オンライン

  • 受講内容

    HTML,CSS,Js,Ruby on Rails

  • ポテパン経由の転職成功で全額キャッシュバック
  • 卒業生のほぼ全員がWebエンジニアとして転職成功しているという教育に自信あり
  • Railsを現場レベルの環境で学べる

まずは無料相談から

ポテパンキャンプ公式サイトを見る

ポテパンキャンプで受講するのにおすすめな人

ポテパンキャンプで受講するのにおすすめな人

ポテパンキャンプで挫折せずに学習を続けられる人は、どのような人か解説していきます。

01エンジニアに転職したいという強い気持ちを持って努力できる人

まずはやる気が一番。普通のエンジニアはやる気のみでなんとかなります(^_^)V

根拠は僕です。僕は普通のエンジニアだからです。エンジニア1年目はきつかったですが、10年以上たった今でも新しい技術を積極的に学習しています。

普通でも会社員時代は役職がついて100人の部下を持つくらいになれましたし、努力だけしかない僕でもここまでできました。

02技術が好き・プログラミングが楽しいと感じれる人

プログラミングは簡単ではないため、続けるためには好きである必要があります。ポテパンキャンプでいきなり難易度が高いカリキュラムを学習するとついていけなくなるのは目に見えてます。

もっと簡単なProgateからはじめてRailsチュートリアルをやって、プログラミングが楽しい、好きという気持ちになれてからポテパンキャンプで本格的に学習する方がいいと思います。

03首都圏で就職が可能な人

ポテパンキャンプではRailsを教えているため、主な就職先は自社開発企業となっています。

Railsを使う企業の多くが首都圏にあるため、地方に住んでいる場合は首都圏で就職ができるという人でなければ厳しいと思います。

04Webエンジニアを目指す人

Railsを学習する人はWebエンジニアしか選択肢はありません。最初からわかっていたらいいですが、iOSエンジニアになりたいなんて人が学習しても意味がないため、事前にしっかり目指すところを決めておくことです。

05プログラミングの学習時間が確保できる人

上で新入社員の話をしましたが、プログラミングスクールでは短い期間で戦力になる人材を育てるためにカリキュラムが難しい。理解するためにメンターに質問するだけでなく自分で考え理解する必要があります。

そのために多くの時間を必要とします。スクールによっては学習時間1000時間必要と考えているところもあるため、できるだけ多くの学習時間を確保できるようにしておかないと挫折する原因となります。

働きながらでも学習は可能です。計画的にスケジュールを見直して、学習を優先して生活できるよう調整しましょう。

まとめ

ポテパンキャンプの挫折について解説してきました。中途半端な気持ちで受講する人は簡単に挫折していきます。事前に自分で学習を進めてある程度の知識を蓄えてから受講することをおすすめします。

卒業後にエンジニアとして通用するためには、難易度の高いカリキュラムをクリアする必要がある、ポテパンキャンプはそのような教育をしているプログラミングスクールであるという点を理解しておきましょう。

potepan
  • 料金
    *金額は変更になっていることがあります

    200,000円〜400,000円

  • 転職保証

    なし。転職サポート対応

  • 通学・オンライン

    オンライン

  • 受講内容

    HTML,CSS,Js,Ruby on Rails

  • ポテパン経由の転職成功で全額キャッシュバック
  • 卒業生のほぼ全員がWebエンジニアとして転職成功しているという教育に自信あり
  • Railsを現場レベルの環境で学べる

まずは無料相談から

ポテパンキャンプ公式サイトを見る

プログラミングスクールの体験談記事もご覧ください。

プログラミングスクールの体験談


MEMO
  1. 未経験の方は早めに目標を決めましょう。
  2. 何を作りたいか、どんなものを作りたいか考える。そしてそのために何を学ぶか調べます。
  3. あとは独学でやってみる(プログラムを書いてみる)
  4. 独学で実績(公開できるレベルのもの)を作れるなら転職活動・就職活動をしてみる。
  5. 難しい場合はスクールに通い実績を作り、早めに就職する。