事前学習なしでポテパンキャンプを受講するのは危険

プログラミングスクール

ポテパンキャンプで受講する前に事前学習はしておくといいのかな?やらないとどうなる?

今回は、このような疑問に答える内容となっています。

ポテパンキャンプのような自社開発企業を目指す人が多いプログラミングスクールは、事前学習なしで望むと挫折してしまう可能性が高いです。

▼この記事では、下記の点を理解できるよう解説しています。

  1. 事前学習しないでポテパンキャンプを受講するとどうなるか
  2. ポテパンキャンプはなぜ事前学習が必要なのか
  3. 事前学習でやっておく内容

この記事では、ポテパンキャンプを受講しようと悩んでいる方、事前学習について重要性を理解したい方は最後までご覧ください。

▼ポテパンキャンプの評判をまとめた記事は関連記事をご覧ください。

まずは無料相談から

ポテパンキャンプ公式へ

本記事の信頼性

  • エンジニア歴10年以上
  • プログラミングスクール運営側の経験あり
  • WebデザインからWeb業界へ転職
  • 現在はフリーランスエンジニアとして企業に常駐(在宅勤務)



目次

  1. 事前学習しないでポテパンキャンプを受講するとどうなる?
    • ポテパンキャンプのカリキュラムは難しい
    • 事前学習なしで受講すると挫折する
  2. ポテパンキャンプではなぜ事前学習が必要なのか
    • プログラミングの適性を調べる
    • 学習する習慣をつけておく
    • 簡単の部分は進めておき、プログラミングスクールでの学習が難しくなった時に時間を使う
  3. ポテパンキャンプ受講前の事前学習でやっておくこと
    • HTML,CSSの学習
    • Ruby on Railsの基礎学習
    • 余裕があれば理解しておくこと
  4. 事前学習なしでポテパンキャンプを受講するのは危険まとめ

事前学習しないでポテパンキャンプを受講するとどうなる?

事前学習しないでポテパンキャンプを受講

ポテパンキャンプを事前学習なしで受講すると、カリキュラムについていけるのかという点を解説していきます。

ポテパンキャンプのカリキュラムは難しい

ポテパンキャンプのカリキュラムは、多くのプログラミングスクールの中でも難しいといわれています。難しくしている理由はいくつかあります。

  • 自社開発企業への転職をすすめているため、難易度の高い学習が必要なため
  • 転職時に即戦力になれるスキルを身につけるため

このような感じでプログラミングスクールが目指しているレベルが高いため、厳しい学習を必要としています。

事前学習なしで受講すると挫折する

プログラミングの学習は、理解しなければならないことが多いため0から学習をはじめると時間がかかります。

プログラミングスクールを受講する前に、Progate、ドットインストールといったサイトで簡単な部分は独学しておくべきです。

プログラミングの学習で挫折する人が9割。プログラミングスクールに通ったとしても2-3割は挫折すると言われます。ポテパンキャンプではもう少し挫折率が上がるようです。

ポテパンキャンプではなぜ事前学習が必要なのか

なぜ事前学習が必要

▼事前学習が必要な理由があります。

  • プログラミングの適性を調べる
  • 学習する習慣をつけておく
  • 簡単の部分は進めておき、プログラミングスクールでの学習が難しくなった時に時間を使う

プログラミングの適性を調べる

プログラミングは、思っているより地味な作業です。毎日エラーがでて、それを潰していくということをします。

忍耐強くエラーを調べて解決するという作業が苦でなければいいですが、どうしても合わないという人もいます。

事前学習は、プログラミングの適性を調べるタイミングとしては、ちょうどよいとおもいます。

学習する習慣をつけておく

社会人になりしばらく勉強をしていない人が、久々に勉強を始めても集中できず飽きてしまうということもあるとおもいます。

プログラミングの学習は長期戦です。エンジニアになってからも続くのがプログラミング学習です。まずは勉強の習慣をつけておくのが重要です。

簡単の部分は進めておき、プログラミングスクールでの学習が難しくなった時に時間を使う

プログラミングスクールのカリキュラムは、前半は基本の学習をするというのが一般的です。if文、for文とかですね。WebであればHTML, CSSとかもですね。

基本的な学習に時間を使っていると、後半のカリキュラムが難しくなった時に時間を使えなくなります。

プログラミングスクールの基本学習の部分は復習のつもりで、時間をかけずにすすめて難しくなる後半に時間を使うのがおすすめです。

ポテパンキャンプ受講前の事前学習でやっておくこと

事前学習でやっておくこと

事前学習の内容を簡単に説明しておきます。最低これくらいはやっておきましょうという内容です。

HTML,CSSの学習

正直言うと、Progateで簡単に理解しておく程度で十分です。Pタグは何か、flexで書くとどのように表示されるか調べて分かる程度の知識があればコーディングできます。

HTML,CSSあたりに1ヶ月も2ヶ月も使う必要はないです。1週間くらいで終えて次に進むことをおすすめします。

Ruby on Railsの基礎学習

Ruby on Railsの場合は、Railsチュートリアル終わっていれば、かなり優秀ですが、初学者には少し難易度が高いと思うので、Progateドットインストールで一通り学んでみるというのがいいです。

その後でチュートリアルに進んでみるという感じが難易度的におすすめです。

余裕があれば理解しておくこと

その他、理解しておくことはたくさんありますが、詰め込みすぎてどれも中途半端になってしまうのも微妙なので、徐々に進めておくことを紹介しておきます。

  • JavaScript
  • Git
  • SQL

JavaScript

Webエンジニアを目指すのであれば、いずれは理解しなければならない言語です。時代はJavaScriptの理解が前提で使うReact, Vueあたりが主流になっています。

Git

もうGitを使っていない現場はないのでは?というくらいエンジニアは普通に使えるという状況なので、使い方を理解しておくと開発に入ってから楽になります。

SQL

ほとんどのフレームワークはORM(O/Rマッピング)が採用されているため、SQLの重要性を理解していない初学者も多いですが、Railsでプログラミングするときも、SQLみて確認するという点は重要です。

SQLはどのプログラム言語で開発しても必要な知識なので、少しずつ理解する必要があります。

事前学習なしでポテパンキャンプを受講するのは危険

まとめ

プログラミングスクールで学習をすれば、簡単にエンジニアになれると考えている人はほぼ挫折します。

特にエンジニア転職の中でも自社開発企業を目指す場合は、高いスキルを求めれるため事前学習をして準備する必要があります。

この記事が参考になると幸いです。

▼ポテパンキャンプから自社開発企業を目指したい方は関連記事をご覧ください。

当サイトで申込の多いプログラミングスクール

TechAcademyの無料体験
マンツーマンでオリジナルアプリの作成ができるテックアカデミーは人気が高いプログラミングスクール。
Webエンジニア輩出実績トップクラスの【ポテパンキャンプ】
転職に強く本気でエンジニア転職を目指す人におすすめ。難易度が高いため身につくスキルも高く企業からの評価も高いのが特徴。
CodeCamp無料体験
講師を選択できるのが特徴のコードキャンプ。チャットでの質問ができないと言われていますが、オプションでチャットサポートを選択できるのがあまり知られていない。講師の評判が高いため質問しながらどんどん進みたい人向け。