プログラマーにとって納期は心が病んで精神的につらい

エンジニア

こんにちは。現役フリーランスWebエンジニアの@Masaweb4です。
元々はサーバーサイド。現在はフロントエンドエンジニアとして活動中で企業に常駐し開発業務に携わっています。

ぜひ、最後までご覧ください。

プログラマーの仕事って納期があって大変そう。納期に間に合わないとどうするんだろう。

今回は、このような疑問に答えていく内容となっています。

システム開発は、いつまでに開発を終え、テストをして納品するというスケジュールが決まっています。そのスケジュールに対して遅れると精神的につらくなります。

  1. プログラマーにとって納期とは
  2. 納期に間に合わない時の対処法
  3. プログラマーが精神的に崩壊しないための対策

この後、上の3点について詳しく解説していきます。

プログラマー にとって納期は付き物です。そしてつらいものでもあります。長年開発に携わっていてもつらいと感じる時があります。

精神的に病んでしまわないように、どのように開発していくことができるか、未経験のエンジニアを目指す方、経験が浅いエンジニアの方を対象とした内容となっています。

Contents

  1. プログラマーにとって納期がつらい理由
    1. 納期とは
    2. 納期に間に合わない理由
    3. プログラマーが納期の影響を受けやすい
  2. プログラマーが納期に間に合わない時の対応
    1. 自分なりに余裕を持った開発のスケジュールを立てる
    2. 戻りがないような開発を心がける
    3. PMに状況を早めに相談する
  3. プログラマーが納期でつらくなる時に及ぼす影響
    1. プログラマーは精神的につらくなる
    2. 病気になる
    3. 残業・休日出勤が続く
  4. プログラマーが精神的に崩壊しないための対策
    1. 早めにうつ病の可能性を疑う
    2. 転職する
  5. まとめ

プログラマーにとって納期がつらい理由

programmerつらい

プログラマーという仕事をしていると、必ず納期というものがあります。クライアントがいる場合は納品するまでのスケジュールが計画されています。

納期がどのように決まるのでしょう。

納期とは

スケジュールが長くなると工数が増えるため、開発費用が高くなります。そのため納期はなるべく早くしてほしいというのが、クライアントの希望です。

決められた予算の中で開発していくため、納期はギリギリで組まれることが多いです。

プログラマーからすると、もう少し余裕を持ってスケジュールを計画してほしいと思うのですが、開発費用やシステムの規模など考慮され立てられた計画なのでプロジェクトの末端のプログラマーは納期を守り開発することが求められます。

納期に間に合わない理由

納期がきつくなる理由として、スケジュールがギリギリという理由の他にもあります。

開発を進めていくと、様々な問題が発生します。そのような問題の対応で遅れることがあります。

さらに開発途中で予想しない仕様変更があったりします。仕様変更の前に仕様が確定しないということもあります。

その他、プログラマーのスキル不足による開発の遅れにより、スケジュール通りに開発が進んでいないという理由があります。

このような理由で、納期が間に合わなくなるということがあります。




プログラマーが納期の影響を受けやすい

上で納期が間に合わなくなる理由について書き出しましたが、一番影響を受けるのは間違いなくプログラマーです。

仕様変更があるとリスケ(スケジュール変更)されるのが普通ですが、リスケできない場合があります。そのような場合でも遅れを取り戻せる工程は開発部分のみです。

このように様々な状況で納期が厳しくなり、エンジニアたちは疲弊することなります。

プログラマーが納期に間に合わない時の対応

相談する

プログラマーは自分のタスクをいつまでに完了させるかスケジュール化されています。そのスケジュールはPMが考えていて、全体のタスクを管理しています。

自分なりに余裕を持った開発のスケジュールを立てる

プログラマーはタスクが割り振られていますが、PMが3日と考えているタスクでも自分なりにどのくらいかかるか考えてみると良いです。

どのくらいかかるか考えるためには、どのような実装をする必要があるのかを頭の中で纏まっていなければなりません。

初心者の人はここから難しいかもしれません。自分なりに計画を立てることができれば、その後の開発の予定も自分なりに考えて早く帰る日を作れたり、休日に出勤しないように計画立てたりできます

戻りがないような開発を心がける

開発の方法として正解が一つではないため、実装したがレビューの結果やり直しになることがあります。

例えば、似たような機能が他にもあり違う方法で実装されていた場合、そちらに合わせて実装するのが正解に近い実装方法になると思います。作り方がおかしいと思うのであれば、元の機能を自分の実装に合わせるか。

どちらが正解にしても、前もって調査して開発リーダーなどの立場の人に相談してから実装していたら、戻りが発生しなかったかもしれない

僕はSES時代もフリーになってからも、このように自分なりに開発方法を考えて、こんな感じで実装しようと思ってるが問題ないか確認するようにしています。全て相談する必要はないが、問題になりそうな部分があれば確認した方が絶対に戻りがなくなる。




PMに状況を早めに相談する

どんなに頑張っても間に合わないということはあります。思っていたより複雑な機能で間に合わない場合がある。

そんな時はPMに早めに相談します。ギリギリで相談しても対策できないが、早めに相談することで他の開発者にその機能を手伝ってもらったり、調整してくれるので少しでも間に合わないと感じたら相談してみるとよいでしょう。

プログラマーが納期でつらくなる時に及ぼす影響

納期が及ぼす影響

プログラマーの仕事は常に納期との戦いで、めちゃくちゃ納期に余裕があるという案件はほとんどありません。

遅れていると仕事が気になり、常に納期のことを考えて仕事を進める必要があります。

プログラマーは精神的につらくなる

納期のことが気になると、休日も仕事のことを考えているという状況になります。それがつらくてプログラマーをやめていく人もいます。

責任感があるとタスクがスケジュール通りに終わらないことで、ストレスがたまり体調を崩して辞めるという人もいます。

いつまでに終わらせないといけないという状況は、意外とプレッシャーになります。特に経験の浅い人は思うように開発が進まないため病みやすいです。

病気になる

考え事が多くうつ病になる人が特に多い。そこからの睡眠障害なども。

長時間のデスクワークによって運動不足になるため、腰痛になったり、不規則な食事、完食によっていろんな病気になる可能性があります。

納期だけが原因ではないかもしれないですが、プログラマーは厳しい環境で開発していると精神的にも肉体的にもつらい仕事です。

残業・休日出勤が続く

毎日終電、休日も出勤なんてこともあり、精神的に強くないと耐えられない状況があります。

基本は土日休みが多いですが、休日出勤している人もそこそこ多いです。今は人気職業となったプログラマーも以前は3Kどころか7Kと言われる職業だったのがなつかしいです。

プログラマーが精神的に崩壊しないための対策

注意

残業や休日出勤が増えると、精神崩壊しやすくなります。無理をしないというのが一番なのですが、体調の変化を甘く見ないで病院に行くことをおすすめします。

早めにうつ病の可能性を疑う

2週間くらい気持ちが落ち込んでいる状態が続くと、うつ病を疑う方がよいそうです。

体の痛みもうつ病と関連がある可能性があるとのことなので、体調が悪い場合は早めに病院にいきましょう。

転職する

エンジニアの働く環境は年々良くなってきています。毎日終電、毎週休日出勤しているような企業は離れましょう。もっと良い環境でエンジニアを採用している企業はたくさんあります。


危険な企業、プロジェクトからは早めに身を引くのが良いでしょう。精神崩壊してからでは手遅れです。

まとめ

まとめ

納期について考えてきました。プログラマーにとって納期は、精神的な影響を与えるものです。自分一人で考えすぎず、早めに相談することでかなりストレスは軽減されます。

会社が慢性的に納期が厳しい状況が続いているのであれば、スケジュールや他のことに問題があると考えて転職も視野に入れておく方がよいです。


MEMO
  1. 未経験の方は早めに目標を決めましょう。
  2. 何を作りたいか、どんなものを作りたいか考える。そしてそのために何を学ぶか調べます。
  3. あとは独学でやってみる(プログラムを書いてみる)
  4. 独学で実績(公開できるレベルのもの)を作れるなら転職活動・就職活動をしてみる。
  5. 難しい場合はスクールに通い実績を作り、早めに就職する。