30代でもプログラミングスクール通うとエンジニアに転職ができるのか

プログラミングスクール

こんにちは。現役フリーランスWebエンジニアの@Masaweb4です。

未経験からエンジニアに転職した経験やプログラミングに関する内容を発信しています。

30代でもエンジニアに転職したい。プログラミングスクールに通うと転職可能かな?

今回はこのような疑問に答える内容となっています。

30代からのエンジニア転職はかなり厳しいと言われています。実際はどうなのか。

結論から言うと転職は可能です。もし狙うのであればSES企業に転職し、現場経験を積んで次のステップに行くというプランがおすすめです。

  1. 30代でもエンジニア転職は可能な理由
  2. 30代でエンジニア転職するおすすめプラン
  3. 30代でも可能なプログラミングスクール

この後、上の3つの点について解説していきます。30代で転職をしている人はたくさんいますが、転職は厳しくなります。

それでも転職を可能にする方法はあります。

30代でエンジニアに転職したい方、30代でエンジニアに転職できるか悩んでいる方にみてほしい記事となっています。

Contents

  1. 30代でエンジニアに転職が可能な理由
    1. 30代でエンジニアに転職した人はたくさんいる
    2. 30代は社会人経験を活かす
    3. 30代でエンジニアに転職したい場合は転職先を選びすぎない
  2. 30代でエンジニアに転職するために計画を立てる
    1. 転職先をSES企業に絞る
    2. Javaを学ぶ
    3. 早めに転職できる方法を選択する
  3. 30代でも可能なプログラミングスクール
    1. TechAcademy(テックアカデミー)
    2. その他
  4. まとめ

30代でエンジニアに転職が可能な理由

30代エンジニア転職は可能

30代でもエンジニアに転職された方はたくさんいます。30代前半であればまだまだ可能性はあります。けれどもネット上では30代後半や40代でも転職したという人を見かけます

可能性は0ではないということですが、エンジニアになりたいとういう強い気持ちと努力、また計画が大事です。簡単ではないということを理解して転職の計画を立てることをすすめます。

30代でエンジニアに転職した人はたくさんいる

SNSで探してみてください。30代エンジニアに転職したというアカウントの人がいます。

そのため不可能ではないということはわかりますが、以下の点を理解しておきましょう。

注意点
  1. 30代からエンジニア転職は簡単ではない
  2. 30代でエンジニア転職しても苦労する点は多い
  3. 30代からエンジニアに転職するには、強い気持ちと努力が必要



30代は社会人経験を活かす

30代が20代と同じ土俵に立って勝つためには、特別な何かを持っているといいです。エンジニアになっても役立つ知識や経験です。

例えば、英語ができるとか、数学に強いとか、後はヒューマンスキルでしょうか。

転職先の業界に詳しいとプログラミングの経験が少なくても、転職がしやすい場合があります。

30代でエンジニアに転職したい場合は転職先を選びすぎない

30代でエンジニアに転職を考えているのであれば、選びすぎない、とにかく転職できそうな企業があれば積極的に転職することです。

年収が下がるからや待遇が悪いからやめようと考えているのであれば、転職は難しいかもしれません。未経験でエンジニア希望の人は多いです。20代でも人気の職業になりました。

その中でも採用が進んでいない企業は、条件面で良い企業はないと考えるべきです。

30代でエンジニアに転職するために計画を立てる

転職の計画

最近のエンジニア転職状況を見ると、コロナの影響もあり待遇の良くない企業でも転職が難しくなってきています。

30代で転職を目指す場合はしっかりと計画を立てましょう。

転職先をSES企業に絞る

おすすめはSES企業です。転職の難易度が一番低いです。未経験から転職できる可能性が一番高いです。

転職することを1番の目標にする。もちろん自社開発や受託開発企業を受けてみるのは問題ないと思います。

Javaを学ぶ

SES企業に絞る理由は学ぶプログラミング言語が変わってくるためです。SES企業はクライアント企業に常駐する仕事なのでSIerの下請けで働くことが多い。それを考えるとJavaを使うことが多い。PHPの案件もありますが開発規模はJavaの方が大きいため、先輩社員の下で作業する場合はJavaの方が有利です。

採用にプログラミング言語は関係ないと言われたりしますが、エンジニアに転職した後に違う言語を最初から学ぶのは未経験社にとって大変なことです。

早めに転職できる方法を選択する

とにかく早めに転職できる計画を立てるには、独学よりはプログラミングスクールの方がメリットが大きいです。

30代であれば、今の仕事をしながらプログラミングを学び転職しようと考えている方が多いと思います。エンジニアに転職できない可能性もあるので、今の仕事をいきなり退職するのはおすすめしません。




30代でも可能なプログラミングスクール

point

30代の場合、プログラミングスクールに通えても転職の保証の対象になるのかはわかりません。各プログラミングスクールに問い合わせて確認してみてください。

Javaを学べるプログラミングスクールでおすすめは以下になります。

TechAcademy(テックアカデミー)

こちらのプログラミングスクールではJavaのコースが準備されていました。

30代前半までは転職保証のコースを受講できるかもしれません。

Javaが必須ではないので、転職保証のコースに入れるのであれば、学ぶ言語が違っても転職できる可能性が高い方を選択すべきです。その点もスクールに相談してみるとよいと思います。

その他

TECH CAMPというプログラミングスクールも30代で転職保証コースがあると思いますが、以前の評判を見ると、あまりおすすめはできないと感じました。

今は少し改善されているようなので、興味があったら相談されてみるとよいでしょう。


TECH::CAMPのホームページを見る

まとめ

30代で転職を考えている方はかなり厳しい状況ではありますが、不可能ではないという点について理解できたでしょうか。

関連記事の中でも20代との比較記事を書いています。興味があったらご覧ください。

30代からの転職はどの業界でもリスクは付き物です。家庭を持っていて学習時間を取るのが難しい場合はさらに条件が厳しくなるかもしれません。

家族の協力も含め、強い気持ちを持って学習を続けてみてください。

もしエンジニアに転職できた場合は、経験を積むことで、次の転職の時は経験者になっているため希望に近い企業に転職できるかもしれません。そのあたりまでキャリアプランを考えて計画を立てることおすすめします。

今回の記事は以上となります。引き続き再訪問をお待ちしています。


MEMO
  1. 未経験の方は早めに目標を決めましょう。
  2. 何を作りたいか、どんなものを作りたいか考える。そしてそのために何を学ぶか調べます。
  3. あとは独学でやってみる(プログラムを書いてみる)
  4. 独学で実績(公開できるレベルのもの)を作れるなら転職活動・就職活動をしてみる。
  5. 難しい場合はスクールに通い実績を作り、早めに就職する。