プログラミングスクール

本サイトはプロモーションが含まれています。

30代でもプログラミングスクール通うと転職できる

30代でもプログラミングスクール
初心者さん
30代でもプログラミングスクールに通うと転職できるのかな?

このような疑問をお持ちの方に向けて書いています。

30代からのエンジニア転職はかなり厳しいと言われています。実際にどのくらい難しいのか知りたいと思うでしょう。

こんな方におすすめ

  • 30代でもエンジニア転職は可能な理由
  • 30代はどのような戦略で転職活動をすべきか
  • 30代におすすめするプログラミングスクール

20代と同じように学習し転職活動していたら、伸びしろのある20代にはかないません。30代は戦略を立てて転職活動をする必要があります。

この記事では30代で転職を希望している方、もしくは不安に感じている方は最後まで読んでもらえると役立つ内容だと思います。

この記事の信頼度

くろめがね
・エンジニア歴10年以上
・バックエンドがメインでフロント開発も行うフルスタック
・プログラミングスクール運営側の経験あり
・単価約100万↑のフリーランスエンジニア

30代でエンジニアに転職が可能な理由

30代で転職可能な理由

30代でもエンジニアに転職された方はたくさんいますし、ネット上では40代でも転職できたという人を見かけます。つまり30代以上でも転職は可能だということです。

30代の転職事例が多い

プログラミングスクールの転職実績を見ると、30代で転職できている人はたくさんいますし、SNSでも転職成功された方が散見されます。

チェック

もちろん転職できた方はかなり努力したと思いますが、可能性がなければ頑張れないと思います。成功例を参考にして前進してみましょう。

30代は社会人経験を活かせる

30代が20代と同じ土俵に立って勝つためには、業務知識など役立つ知識や経験があるといいです。

例えば、英語が使えるとドキュメントを読み開発を進められるため強みがあります。他には数学に強い方はAIやデータサイエンティストといった職種で活かすことができます。

社会人経験が長い30代の方が、実務で身につけたスキルは高いはずなので、そのスキルを転職先でも活かせると転職率は高くなります。前職の業務知識が活かせるエンジニア職を目指すのがおすすめです。

ヒューマンスキルが高い

30代なのでヒューマンスキルが高いとは言えませんが、20代よりは社会人経験が長いためいろんな人と仕事をしてきたと思います。

他の方と円滑なコミュニケーションが取れるというのは強みになります。クライアントと打ち合わせをしたり、上位会社と仕様の確認をするときもコミュニケーションは必要です。

30代でもヒューマンスキルが高いと20代と比較されても選ばれる可能性はあります。

30代エンジニア転職成功例

転職成功例

30代でもエンジニア転職を成功させた方の例をご覧になってください。自分もできるかもしれないと感じモチベーションアップにつなげられるかもしれません。

35歳からエンジニア転職成功例

プログラミングは30代からでもできる。35歳未経験から転職して9年。エンジニアになって人生が豊かになったと思う人間が言うんだから間違いない。
引用元: Twitter

30代でエンジニアに転職し人生が豊かになれるということを経験から述べている人がいます。少し苦労したとしても努力してみる価値はあります。

30代でSEに転職成功例

SEに転職してから9ヶ月。詳細設計から始まり、製造、単体テストと何とか非力ながら現場についていくのに必死です。思ったのは、30代でもエンジニア転職してやれないことはない…しかし相当な努力は必要です!
引用元: Twitter

相当な努力は必要ですが、転職は可能だということを経験を通して話しています。30代でなくても最初は大変なものです。

40代からエンジニアに!60代でフリーランスエンジニア

ぼく個人的には、エンジニアになるのに年齢は関係ないと思う。ぼくの友人に40歳からエンジニアになった人がいます。彼は20年の時を経て、現在60歳でフリーランスエンジニアです。30代からのエンジニア転職は遅い?いや、全然遅くないです。これからの人生で今が一番若い。やりたいなら今すぐやるべき。
引用元: Twitter

やりたいなら今すぐやるべき」これは励まされる言葉ですね。年齢関係なく自分がやりたいと感じたら、頑張れるものです。頑張った分だけ戻ってくるものです。

30代でエンジニアに転職するための方法

転職するための方法

20代と比較すると30代で転職するのは、急に難易度が高くなります。どの職業も同じですが、特に経験が必要な仕事はそれが顕著にあらわれています。

計画的にプログラミングの学習から転職まで考える

20代に勝てる部分はどこなのかを理解して戦略的にプログラミングの学習から転職まで進めなければなりません。

例えば、自分が活かせる分野に転職先を絞ります。その分野で使われる技術の学習をするといった感じです。

不動産の営業をしていた方が不動産系のシステム開発に携わるのであれば、会社側も「知識 + 技術」で採用したくなります。

チェック

不動産システムで使われるプログラム言語、クローリングするためにPythonを使うかもしれません。スタートアップなのでRuby on Railsを使っているかもしれません。

みんなが学習しているから同じ言語を学ぶという選択をするのではなく、自分の持っている何かを活かせるように計画を立てるのがおすすめの方法です。

30代は効率良くプログラミングスクールで学習する

30代はゆっくり学習している時間はありません。プログラミングスクールを利用して効率よく学習し技術を習得するのがおすすめの学習方法です。

転職サポートを受けて転職する方法を学んだり、プログラミングスクールから紹介される企業から転職するという方法もありです。

目指す方向に最短で進めるように、プログラミングスクールからアドバイスを受け学習をするのがよいと思います。独学で間違った方法で学習すると、余計に時間がかかってしまいます。

30代でエンジニアに転職したい場合は転職先を選びすぎない

30代でエンジニアに転職を考えているのであれば、選びすぎないというのも転職を成功させるコツです。転職できそうな企業があれば積極的に転職することです。

未経験からエンジニアに転職するのが一番大変なので、経験さえ積めれば次はより条件の良い会社に転職ができます。

年収が下がる、待遇が悪いという理由で辞退しようと考えていては、どんどん厳しくなってしまいます。

30代がプログラミングスクールで身につけたいスキル

プログラミングスクールで身につけたいスキル

30代で転職するために身に付けたいスキルを紹介していきます。30代はより高いスキルが求められます。プログラミングのスキルは当然なのですが、それ以外で必要な必須スキルを習得します。

プログラミングするための詳細設計スキル

プログラマーはプログラミングできて当たり前なので、詳細設計からできるスキルを身に付けておきたいところです。

一つの機能を開発するために、どのように実装するのか考えられるようになりましょう。

その機能を開発するための方法は、いくつかあると思います。その中でどの方法がベターかを考えます。実装にどのくらい時間がかかるか、既存の機能に影響はないかなども考えなければなりません。

メモメモ

一人で考えながら開発できるようになると、仕事を任せられるようになるので身に付けておきたいスキルです。詳細設計ができるようになるためには、いろんな機能を作ることです。

プログラミングスクールでも決まったものを作るだけのカリキュラムでは、考える力を養うことができないので、自分で考えて開発ができるプログラミングスクールを選ぶとよいでしょう。

チームの人に相談できるコミュニケーション能力

一人で開発するだけであればコミュニケーション能力は必要ありませんが、ほとんどの開発は数人から数百人規模の人数で開発します。必ずチーム内の人、外部の人とのやり取りが発生します。

チーム内で相談したり質問できるようなコミュニケーション能力は必須です。リモートワークの場合は、テキストでコミュニケーションをとる必要もあります。

オンラインのプログラミングスクールでは、テキストで質問するためリモートワークの練習になります。通学の場合は、直接質問する機会があるため上司を想定して積極的に質問してみましょう。

チェック

質問する時は、自分なりに仮設を立て整理してから質問をするようにするといいです。質問される側もどのくらい調べて質問したのか理解できるでしょう。

ググり力・自走力・問題解決する能力

プログラミングをしていると問題が発生しますが、解決するために「ググり力」、「自走力」、「問題解決する能力」と言われる力が必要になります。

エラーを調べて解決するという地道な作業がプログラマーの仕事です。1日で解決できず2、3日かかるかもしれません。根気強く調査することができるでしょうか。

プログラミングの学習であれば、あきらめてやめてしまうことも可能ですが、仕事になると嫌になってやめるというというわけにはいきません。これがIT土方と言われるプログラマーの仕事です。

いろんなバグを経験すると?

初心者の時にエラーがでると、何をどうしたらよいのかわかりませんが、いろんなバグの対応をすると徐々にコツがつかめて「ググり力」や「自走力」が身に付いてきて、解決する時間が早くなります。そのような能力を身に付けられるプログラミングスクールを選ぶのがコツです。すぐに答えを教えるのが良いプログラミングスクールとは限りません。

30代でも受講可能なおすすめプログラミングスクール

30代でも受講可能

30代の場合、プログラミングスクールに通えても転職の保証の対象になるのかはわかりません。転職保証の対象の方はそのようなプログラミングスクールを受講するというのがおすすめです。

転職保証が付いていても自分の希望と学習する内容が違うなどある場合は、比較して自分に合ったスクール選びをしてください。参考までに30代で受講可能なスクールを紹介しておきます。

テックアカデミー - 転職保証付きプログラミングスクール

テックアカデミーは32歳まで転職保証のコースに通うことが可能なプログラミングスクールです。Javaの学習ができるため、SIerやSES企業も転職先の候補になってきます。

自社開発企業ほど転職が難しくないため、Javaをしっかり学習することで30代でも転職率は高くなります。

まずは無料相談から

TechAcademyの無料体験

テックアカデミーの評判
テックアカデミーの評判。現役フリーランスが人気の理由を丁寧に解説

続きを見る

ポテパンキャンプ - 転職レベルのスキルが身に付くプログラミングスクール

自社開発に転職したい人はポテパンキャンプが最有力候補です。ポテパンキャンプも転職保証はありますが、30代は対象外になってしまいます。

自社開発は転職難易度が上がりますが、高いスキルが身につくので自社開発に挑戦したいという方にはおすすめです。

まずは無料相談から

ポテパンキャンプ公式へ
30代でもポテパンキャンプで受講可能
30代でもポテパンキャンプなら受講可能。年齢制限もなし

続きを見る

無料PHPスクール - PHPで内定2社取得可能

PHPを学習し転職を目指す無料PHPスクール。2社内定取得可能なのでPHPで転職したい人におすすめです。就職後に受講料が全額戻ってきます。

転職が難しくてもPHPであれば、Web制作にシフトチェンジできるためWordPressのカスタマイズなどで副業やフリーランスを目指すことができます。

まずは無料説明会から

無料PHPスクール
無料PHPスクールの評判
無料PHPスクールの評判・口コミ。良い点悪い点を現役エンジニアが解説

続きを見る

30代でプログラミングスクール通うまとめ

まとめ

30代で転職を考えている方は厳しくなるのは想定内だと思いますが、不可能ではなく転職成功されている方もたくさんいることを理解しましょう。

プログラミングスクールで受講しようと考えている方は、まず学習時間の確保と戦略を立ててみてください。そして目的が達成できるスクールを選択し学習をしてみてください。

チェック

未経験からエンジニアに転職するのが一番むずかしいので、まず転職して経験を積むというのも大事です。経験を積んだ後に待遇の良い会社に転職するという作戦もありです。

-プログラミングスクール
-