Code Village卒業生が紹介するプログラミングスクールの評判と口コミ

プログラミングスクール

こんにちは。現役フリーランスWebエンジニアの@Masaweb4です。

未経験からエンジニアに転職した経験やプログラミングに関する内容を発信しています。

Code Villageってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判を知りたい。

今回は、このような疑問に答える内容となっています。以下の点を知りたい方が対象です。

  1. Code Villageがどのようなプログラミングスクールか知りたい人
  2. Code Villageの評判を知りたい人

Code Villageについては実際にCode Villageというプログラミングスクールに通ったSさんにまとめていただきました。Sさんお願いします。

プログラミングスクール生徒

Code Villageというプログラミングスクールについて卒業生の僕が詳しくお伝えします。よろしくお願いします。

親身な指導で実力をつけるプログラミングスクール | CodeVillage

目次

  1. プログラミングスクールCode Villageについて
  2. Code Villageの特徴
    • 様々なスタイルに適応した学習環
    • 確実にスキルが身につく質の高い授業
    • 無駄のない徹底したカリキュラム
    • プログラミング初学者に受けた考え抜かれた教育体制
  3. Code Villageの料金やプラン
    • 徹底したキャリアサポート
    • 地域最安値の驚きの価格
  4. Code Villageの評判・口コミ
    • Git hubを使ったチームでの運用に好評の声
    • 徹底したマークアップ言語の学習
    • 質問しづらい環境に酷評
    • 少数精鋭なので講師を独占できる
    • 最新技術を身に着けたフロントエンジニアになれる
  5. まとめ

プログラミングスクールCode Villageについて

codevillage-hp

Code Villageでは、Javascriptに特化したプログラミングスクールとして、200名以上もの卒業生を輩出しています。これからの時代に必要なのは、時代に合わせて学習スキルを選び、自己習得を可能にする「戦力型学習能力」と考え、現在オンラインを駆使した様々な取り組みが行われています。

「動きのあるホームページを作ってみたい」、「Javascriptを学んでアプリ開発に挑戦してみたい」そんな思いを抱えている方は一度Code Villageへの入会を検討してみてはどうでしょうか。

この記事では、Code Villageの口コミや料金だけでなく、その特徴や強みなど徹底的に紹介していきます。

Code Villageの特徴

codevillage特徴

Code Villageでは、他のスクールとは違いJavascriptに特化している点が一番の特徴です。ここでは私が実際にCode Villageに通った経験を基に、Code Villageの強みやその特徴について4つのポイントに分け、紹介していきます。

様々なスタイルに適応した学習環境

Code Villageでは、昨今のコロナの影響も踏まえ、大学生から社会人まで安心してプログラミングの学習に取り組めるよう、すべてオンライン化を推奨しています。課題に関する質問や授業の復習もオンライン上でいつでも行えるため、効率よく勉強することができます。

また、オンライン上ですべてのやり取りが可能なことから、遠方からでもカンタンに受講することができるのも魅力です。オンライン授業の連絡手段としては主にSlackが使われるため、あらかじめインストールしておくとスムーズに作業に移ることができます。

確実にスキルが身につく質の高い授業

Code Villageでは、一回の授業が8人~10人と少数精鋭で行われるため、講師と近い距離間で学ぶことができます。また、スクラム型の学習形式を取り入れているため、受講している仲間たちと切磋琢磨しながら学習に取り組むことも可能です。

横のつながりもでき、楽しく学ぶことができるのが強みです。実際に何人か友達もでき、一緒に食事をすることもあり、スクール以外で良い刺激を受けることができ、モチベーション維持にもなりました。

無駄のない徹底したカリキュラム

Code Villageでは、実際に授業に入る前に予め事前動画というものが配信されます。事前動画では、ホームページの作り方を簡単に解説しているため、プログラミング未経験者の方でも静的なホームページを作ることができるようになります。

また、あらかじめ事前動画でマークアップ言語を学習したのちに、Javascriptのみに絞って授業を行うため、限られた時間で広い領域の学習を可能にしています。他にも、近年注目されている最新の言語であるReactについても学ぶことが出来るため、最新のフロントエンジニアとしてスキルを習得することができます。

プログラミング初学者に受けた考え抜かれた教育体制

受講者の80%以上がプログラミング未経験者ということもあり、パソコンの操作に自信がない方でも安心して取り組めるようカリキュラムが組まれています。Code Villageに通ったことで9割以上もの方がスキルを取得されているため、安心と実績の教育体制が作られていると言えます。

私も初めは、プログラミング全くの未経験者でCode Villageに通っていましたが最終的にはホームページの作成やアニメーションが作れるようにはなったのでスキルが身につかないということはないと思います。

Code Villageの料金やプラン

codevillage料金プラン

ここでは、Code Villageの料金やプランについて解説していきます。この記事を書いている時から時間が経過すると変更される可能性があるためホームページから問合せすることをおすすめします。

親身な指導で実力をつけるプログラミングスクール | CodeVillage

徹底したキャリアサポート

Code Villageでは、オンライン授業のほかに就職や転職・インターンのサポートまで行っています。また、初めに無料で受けられるカウンセリングを通し、プログラミング学習に関わる全ての悩みを相談していただけます。万が一のことも踏まえ、中途解約や返金制度もあるためお気軽にご相談してみてはどうでしょうか。

地域最安値の驚きの価格

気になる料金ですが、分割払いをした場合月々の支払いが21,600円、一括でお支払いした場合消費税込みで440、000円となっております。

分割払い21,600円
一括払い440,000円

Code Villageの評判・口コミ

codevillage評判と口コミ

ここでは、私が実際にCode Villageに通った経験も踏まえ、Code Villageの口コミや評判をいくつか紹介していきます。

Git hubを使ったチームでの運用に好評の声

Code Villageでは、授業で学んだことを活かし、受講生同士でチーム開発をすることがあります。私も実際にやったことがありますが、受講生同士で協力してやることでプログラミングの実践力が身につくだけでなく、Git hubの使い方なども学ぶことができます。

現在通っている生徒さんの中にはこのようなコメントが寄せられていました。

徹底したマークアップ言語の学習

口コミの中でも特に多かったのが事前課題や授業をとして学ぶマークアップ言語に関するものです。Code Villageに通われている生徒さんの大半から好評をいただいているようです。

プログラミングスクール生徒

これについてですが、マークアップ言語に対するカリキュラムの質は高く、私も2週間ほどで実際にホームページが作れるようになりました。

質問しづらい環境に酷評

Code Villageに通われている生徒さんの中には、通ってよかった生徒がいる一方で質問がしづらくやりにくかったという生徒さんも中にはいるようです。

プログラミングスクール生徒

これに関してですが、授業中は何でも聞くことが出来るのですが、授業後は確かに講師側が時間がないからという理由からあまり質問を受けつける時間を取らないということは多々ありました。

少数精鋭なので講師を独占できる

Code Villageでは、基本的に一つの教室に講師含め10人ほどしかいないためかなり近い距離で授業を受けることが出来ます。私も三か月間受講していましたが、講師の方々のパソコン画面をのぞけるくらい近い距離で授業を受けていたため、気軽に質問することが出でき、スムーズに授業を受けることができました。

最新技術を身に着けたフロントエンジニアになれる

Code Villageの一番の特徴としてJavascriptに特化している点が挙げられますが、その中でも最新の言語であるReactを学ぶことができることについても反響があるようです。

まとめ

Sさんありがとうございました。今回はプログラミングスクールCode Villageの特徴や評判・口コミをまとめていただきました。Code Villageの状況や雰囲気が伝わったでしょうか?

ご興味がある場合は無料のカウンセリングからはじめて見ることをおすすめします。

親身な指導で実力をつけるプログラミングスクール | CodeVillage

フロントエンドエンジニアを目指される方、Webページの制作、保守等でスキルが必要な方は、JavaScriptに特化したプログラミングスクールを考慮してみてください。


MEMO
  1. 未経験の方は早めに目標を決めましょう。
  2. 何を作りたいか、どんなものを作りたいか考える。そしてそのために何を学ぶか調べます。
  3. あとは独学でやってみる(プログラムを書いてみる)
  4. 独学で実績(公開できるレベルのもの)を作れるなら転職活動・就職活動をしてみる。
  5. 難しい場合はスクールに通い実績を作り、早めに就職する。