プログラミングスクールは闇だらけなのか。怪しいスクールの特徴を紹介

プログラミングスクール

プログラミングスクールって闇深いって聞くよね?どういうこと?怪しいビジネスってことかな?

今回はこのような疑問に答えていきます。

エンジニアになりたいと考えた時に、どのようにエンジニアになるか調べると「独学」か「プログラミングスクールに通う」という選択肢があると思います。

調べていると、プログラミングスクールはぼったくり、あやしい、闇など悪い内容が目に着きます。

この記事ではプログラミングスクールの闇について以下の点を解説していきます。

  1. プログラミングスクールの闇深い部分を紹介
  2. 全てのプログラミングスクールが闇ではない
  3. 闇ではないプログラミングスクールを探す方法
  4. 僕が通いたいと思ったプログラミングスクールを紹介

エンジニアを目指す方、駆け出しエンジニアの方、独学でプログラミングを学び挫折しそうで悩んでいる方などが対象となっています。

僕は現役フリーランスエンジニアで、会社員時代はプログラミングスクールを運営している企業の社員でした。僕自身は企業に常駐して開発しており、講師などしていないですが卒業生を現場に連れて一緒のプロジェクトで仕事をした経験があります。

経験や体験から解説していくので、記事の信頼度は高いと思います。

Contents

  1. プログラミングスクールが闇と言われる理由
    1. エンジニアになれないような人でも受講をすすめる
    2. フリーランスになれるという広告
    3. 無料プログラミングスクールの戦略
  2. すべてのプログラミングスクールが闇ではない
    1. プログラミングスクールに通って無駄といっている人の特徴
    2. プログラミングスクールの運営方法について理解する
  3. 闇ではないプログラミングスクールを探す方法
    1. 転職コースはフィルターがかかっている
    2. 通う前にキャリアプランまで考えてアドバイスをくれる
  4. 現役エンジニアの僕が通ってみたいプログラミングスクール
    1. TechAcademy(テックアカデミー)
    2. DMM WEBCAMP
    3. ポテパン
  5. まとめ

プログラミングスクールが闇と言われる理由

プログラミングスクールは闇

プログラミングスクールが闇っぽいと言われる理由がいくつかある。実際に闇のプログラミングスクールが存在するから闇と言われる。

闇っぽいプログラミングスクールの特徴を紹介します。

エンジニアになれないような人でも受講をすすめる

エンジニアに転職したいと思っても誰でもエンジニアになれるわけではないというのは、学習を始めて気付く人も多いと思う。

学ぶこと多いし、難易度が高い。そして企業は比較的若い人を好むため年齢が増すとともに転職の難易度が上がる。そのためどんな人でもエンジニアに転職できるわけではないけれども闇くさいプログラミングスクールは転職が難しいとわかっていてもスクールに通うことをすすめる

制限を設けずに誰でもプログラミングスクールにすすめるため、闇と言われる。

フリーランスになれるという広告

フリーランスといっても幅が広いが、Web制作(Wordpressなどのプログラミングをほぼ使わない)案件であれば、独学やプログラミングスクールを出て数ヶ月で案件を取れないことはない

ただ本格的にプログラミングをガリガリして、1人で0からシステム開発をするフリーランスエンジニアになるのは1、2年では難しい。

たまに1、2年の会社員経験を経てフリーランスエンジニアになる人もいるが、現場でのスキルは足りないと思う。1、2年というと1つか2つのプロジェクトしか経験できないためです。

それがプログラミングスクールでただけでフリーランスエンジニアとして、仕事ができるかというと、無理ゲーである。クライアントは仕事を任せたくないと思う。単価が30万とかであればテスト要員とかで使うかもしれない。

自由でカッコいいイメージのフリーランスという言葉でプログラミングスクールに通わせるという手段を使うプログラミングスクールがあるため、闇と言われることがある。



無料プログラミングスクールの戦略

無料という名の研修のようなプログラミングスクールがある。例えば、SES企業が自社で社員教育のために運営しているプログラミングスクールだ。

これは、僕がいた企業でおこなうパターンである。ある程度、年齢や能力を見極めて通う人を制限するが、未経験から3ヶ月無料で学習ができ、その後にSESで先輩社員の元で働くという仕組みである。

名前はプログラミングスクールとなっているが、転職先は自社のみである。学べる言語もSESでニーズが高いJavaが多い

通う前にSESで仕事をするという理解して学ぶのであれば問題ないと思う。3ヶ月無料で学習できるので学べる言語は限られてくるがメリットはあると思う。

転職先がSESのみであるというと、一部の人は闇という。SESも現場によっては悪くないが、闇っぽい企業が多いのは間違いなくSES企業だと思う。しっかりと調査して転職すべきである。

すべてのプログラミングスクールが闇ではない

プログラミングスクールは闇だけではない

やみやみ言われるが、実際は闇ばかりではない。例えば、僕のようにすでにエンジニアになった人間はプログラミングスクールに通うということに意味はないと感じる。

そのように、プログラミングスクールが高いとか、意味なし、無駄という人はすでにエンジニアになっている人が多くいるということ。ちょっとできるようなると不要だという。

プログラミングスクールに通って無駄といっている人の特徴

どんなプログラミングスクールでもできない人はできないので、そのような人が無駄とか闇と言う場合もある。実際に教え方が悪い、カリキュラムが悪い、講師が悪いなどはどこのプログラミングスクールに通ってもありうることである。

それでも本当に転職したい人は、プログラミングスクール以外にも自分で学習をし成長して転職している。それくらい本気で転職したいと思わなければできない職種であると思う

転職できなくてプログラミングスクールのせいにしている人は、自分の努力や能力が足りないのではと思う。



プログラミングスクールの運営方法について理解する

教えるのは人であり、カリキュラムを作るのも人なので、プログラミングスクールにも少なからず差があるのは間違いない。講師の採用においても経験や人間性を重視しているところもあれば、大学生を採用しているようなところもある。

少なくても、最低の基準をクリアしているプログラミングスクールであれば、転職するには十分な環境だと思う。

プログラミングスクールの運営は通う人の授業料だけでは、なかなか厳しい。教えた生徒たちがプログラミングスクールからしっかり学んで転職してくれることで、企業から紹介料をもらえる。

なのでスクールの人間たちもスクールで成長してもらい転職してもらいたいのだ。なので、しっかりカリキュラムを作り、講師の教えるレベルに差が出ないよう努力している企業もあるわけです。

闇ではないプログラミングスクールを探す方法

プログラミングスクールを探す方法

いかにも闇っぽいプログラミングスクールはすでに紹介済なので、わかったと思う。ただ、プログラミングスクールはものすごい数なので探すのは大変だと思う。

最低でも以下の点をクリアしているプログラミングスクールを探すのがおすすめです。

転職コースはフィルターがかかっている

上でのべたように、誰でも転職できる職業ではないため30代前半くらいまでに絞っているプログラミングスクール。さらに言うと20代に絞っている方が無理がないと思う。

40代でも転職は可能かもしれない。前職で特別な知識があったり。それでも誰でも通える間口が広めのプログラミングスクールは怪しいのでやめておく方が良いと思う。

通う前にキャリアプランまで考えてアドバイスをくれる

どのようなキャリアプランを考えていて、自分のプログラミングスクールであれば実現が可能かどうかアドバイスをくれる。無理であれば無理というプログラミングスクールがおすすめです。

できない人を通わせてもプログラミングスクールの転職成功率が下がってしまうのでお互いよろしくないはず。

転職コースがなく、転職成功率の公開もしていないプログラミングスクールは危険なのでパスしておく方が無難である。

現役エンジニアの僕が通ってみたいプログラミングスクール

check

実際に僕が何か学ぶとしてプログラミングスクールを探す場合、どのようなプログラミングスクールにするか紹介していきます。

こちらの記事でも同様の内容を書いていますが、選んだプログラミングスクールは学びたいプログラミングスクールを選んでいるため、今回は「転職するために学ぶとして」という条件を付けたいと思う。

TechAcademy(テックアカデミー)

条件を増やしたとしても、TechAcademy(テックアカデミー)の評価は高めです。転職率も高く、信頼できそう。

関連記事の中にも書いているが、「いきなりフリーランスは難しいためエンジニアとして会社で働くことをすすめる」という注意がHPに記載されている。

ここにかなり好感が持てる。

DMM WEBCAMP

受講料が高いイメージがでているが、教育訓練給付金で70%還元されると意外と安いのではと思う。

詳しくは関連記事に書いているのですが、転職率が高いこと。そしてコロナ以前は通学のみのプログラミングスクールだったが、コロナでオンラインでもできるようになった。

通学で学べる点は一緒に学ぶ人から刺激をもらったり、共同開発というものを経験できる点が大きいと感じました。

ポテパン

ここも転職率が高いため、良さげな感じです。ポテパンは転職成功すると受講料が無料となる。転職率が高いということでほとんどの受講生は無料でエンジニアに転職できていると考えると教育に自信があるのではと感じる。信頼度が高い。

関連記事にある通り、転職したいので、転職率が高い3社を選びました。

まとめ

まとめ

採用側は学んだプログラミング言語にはこだわらないかもしれないが、僕個人としてはRailsを学ぶよりはPHPの方がニーズが高いと感じます。

おすすめにした3社であれば、TechAcademy(テックアカデミー)でLaravelを学ぶかなといったところですが、どこで学んでもやる気があれば転職できそうだというプログラミングスクールです。

闇っぽいプログラミングスクールに引っかからないよう気をつけるとともに、プログラミングスクールに通うだけでエンジニアに転職できると考えず、自分でもしっかりと学習し転職されることをおすすめします。


MEMO
  1. 未経験の方は早めに目標を決めましょう。
  2. 何を作りたいか、どんなものを作りたいか考える。そしてそのために何を学ぶか調べます。
  3. あとは独学でやってみる(プログラムを書いてみる)
  4. 独学で実績(公開できるレベルのもの)を作れるなら転職活動・就職活動をしてみる。
  5. 難しい場合はスクールに通い実績を作り、早めに就職する。