プログラミングスクール

本サイトはプロモーションが含まれています。

コスパ抜群!安いプログラミングスクールでスキルアップをしよう

安いだけじゃない!コスパの良いプログラミングスクール3選
初心者さん
安いプログラミングスクールは、どのように探したらいいのかな?

プログラミングスクールを探しているけれど、費用が心配な方も多いのではないでしょうか。

実は、「安い」というキーワードで検索すると、さまざまなプログラミングスクールの情報が出てきます。安いだけでなく、質の高い教育が受けられるスクールも多くあります。

では、どのようなところが安いプログラミングスクールなのか、その特徴やメリットについて詳しく見ていきましょう。

この記事では、プログラミングのスキルを上げるために安いプログラミングスクールを選び方や、どのように受講費を抑えて学習するかを紹介していきます。

この記事の信頼度

くろめがね
・エンジニア歴10年以上
・バックエンドがメインでフロント開発も行うフルスタック
・プログラミングスクール運営側の経験あり
・単価約100万↑のフリーランスエンジニア

プログラミングスクールの授業料が安い理由

安いプログラミングスクールの選び方

適切な選択をするためには、まずスクールのカリキュラムやカバーしている言語に注目しましょう。そして、指導法や教師の経験も重要な要素です。

さらに、費用や支払いオプションについても検討が必要ですが、一番重要なのは、自分に合ったプログラミングスクールを選ぶことです。

授業料が安い理由

授業料が安い
最初に授業料が安い理由を知っておきましょう。「授業料が安い理由」は、安いプログラミングスクールが採用する教育手法やカリキュラムにあります。

多くの場合、安いプログラミングスクールはオンライン教育を活用し、教室費や教材費を削減しています。また、大手企業と提携していることもあり、効率的に教育を行うことができるため、それが授業料を抑える要因となっています。

しかし、安いプログラミングスクールを選ぶ際には、教育内容や質にも注意が必要です。

安いからといって、教育の質が低いところでは学ぶ意味がありません。授業料が安いスクールでも、十分な教育が受けられるところを選ぶことが大切です。

自社に入社が条件になっているため無料になる

SES企業が運営しているプログラミングスクールは、プログラミングスクールというよりは、企業の研修のような場所です。卒業後は企業のグループ会社に入社する場合には無料になるという仕組みです。

学習は無料ですが、卒業後に仕事してもらい、自社の利益に貢献してもうらうという方法です。

エンジニア不足のため、特にSESの企業へ入社したいと考えている経験者は少ないため未経験者を教育して社員を増やすという方法をとっています。

くろめがね
エンジニアになるという最初のハードルが高いため、このようなスクールを利用して経験を積むというのも一つの方法ですね。

教育した受講生を提携企業へ紹介

受講生を提携企業へ紹介し、入社が決まった場合には紹介料を受け取るという仕組みで運営しているプログラミングスクールがあります。

このタイプのプログラミングスクールは転職コースが設けられており、転職目的で受講する方が多くなっています。紹介料を受け取れる分、他のスクールよりも受講費を安くできます。

提携している企業は、自社開発企業、受託開発企業、SES企業などプログラミングスクールの方針などで変わります。

オンラインのみに対応している

プログラミングスクールの運営において、経費がかかるのは講師、メンターの給与、さらに通学して学習する場合は場所の家賃費用になります。

そのため通学ができて、マンツーマンで教育するといったプログラミングスクールは高額になりやすいです。

逆にオンラインのみで運営しているプログラミングスクールは、料金を安くすることができます。

安いプログラミングスクールのメリット

メリット

安いプログラミングスクールにはいくつかのメリットがあります。多くの人がプログラミングを学びたいと思っていても、高額な学費がハードルになってしまうことがあります。

受講料が安いことによる最大のメリットは、費用の負担が少ないため多くの人が手軽にプログラミングを学ぶことができるということです。また、新しいキャリアを始めたい人や趣味としてプログラミングを学びたい人にとっては、手頃な価格が魅力的です。

くろめがね
プログラミングを手軽に学べるようになることで、IT業界への転職のハードルが下がりますね。人材不足が少しでも改善されるといいですね。

安いプログラミングスクールのデメリット

デメリット

安いプログラミングスクールを利用することにはいくつかのデメリットがあります。まず、質の低いカリキュラムや教材が提供される可能性があります。

また、経験の浅い講師による授業や、充分なサポートが受けられないことも考えられます。さらに、安いスクールでは就職支援などのサービスが不足している場合もあります。

また、業界で認められていないスクールで学んだ場合、就職などの面で不利になる可能性もあります。

くろめがね
安いプログラミングスクールを選ぶ際には、これらのデメリットを考慮し、よく検討することが大切です。

安いプログラミングスクールの選び方!必須のチェックポイント

チェックポイント

プログラミングスクールを選ぶ際のチェックポイントをいくつか紹介します。失敗を防ぐためにチェックしておきましょう。

カリキュラムの内容とわかりやすさ

良いスクールは、最新のプログラミング言語やテクノロジーに焦点を当てており、授業や教材がわかりやすく、初心者でも理解しやすい構成になっています。

これにより、生徒はスムーズに学習を進めることができ、モチベーションを維持しやすくなります。

サポート体制の確認

良いプログラミングスクールは、受講生が学習中や卒業後も適切なサポートを受けられる体制を整えています。これには、専任のカウンセラーやキャリアカウンセリング、職業紹介サービスなどが含まれます。

質問に対しての返信は早いか、質問の回数制限はあるか、画面共有などで相談は可能かなどプログラミング中に出てくる問題に対してのサポートが手厚いほど、スムーズに学習を進めていくことができます。

コミュニティやイベントの有無

コミュニティやイベントへ参加することで、学習のモチベーションが下がりにくくなります。同じ目的の方と交流することで、情報を共有ができたり、自分の成長につながる可能性があります。

口コミと評判を確認しよう

口コミや評判は、スクールが提供するカリキュラムや教育内容、そして就職支援などのサービスについて実際の参加者の意見や体験談を知ることができるため重要です。

ただし、一部の口コミでは自分の努力や学習方法が悪いために失敗した点を、スクールの責任にしている場合があるため、すべてを鵜呑みするのではなく自分で確認することが必要です。

プログラミングスクールの無料体験や無料カウンセリングを利用しましょう。

プログラミングスクールの受講料を安く抑える方法

安く受講する方法

ここでは実際に費用を抑えたいと考えている方におすすめのサービスや学習方法について解説していきます。

  • 特定のスキルのみを学習する
  • サブスク型(月額制)のプログラミングスクールを利用する
  • 給付金対象のコースを受講する

特定のスキルのみを学習する

プログラミングスクールのコースを受講すると、自分が興味を持って学びたいこと以外にも勉強しなければならない場合があったり、就職サポートが不要なのに提供されているため、受講料が高額になることがあります。

一つのスキルをピンポイントで学習すると、受講料を抑えられます。

基本学習は独学で行い、また独学で学習を進めて、難易度が上がって理解が難しくなってきたあたりからプログラミングスクールを利用しサポートしてもらうと、受講料を抑えられるでしょう。

サブスク型(月額制)のプログラミングスクールを利用する

最近人気の定額制のプログラミングスクール。月額制・サブスク型と言われます。受講料は1ヶ月に2万〜5万くらいというところが多いです。

月額制なので、1ヶ月集中して学習をするとかなり費用を抑えられます。

例えば、連休などを利用して学習するとか、学生であれば夏休み、冬休みといった期間を利用し集中して学ぶことで受講料を抑えることができます。

サブスクのプログラミングスクール
サブスクで学べるプログラミングスクール【月額制はコスパよし】

続きを見る

給付金対象のコースを受講する

教育訓練給付金制度、専門実践教育訓練給付金制度を利用し、プログラミングの学習をすることで、国から費用を負担してもらうことが可能です。

教育訓練給付金が使えるプログラミングスクール
【最大70%OFF】教育訓練給付制度でお得に学べるプログラミングスクール8選

続きを見る

ハローワーク等で手続きが必要ですが、最大で受講費の70%が支給されるため、かなり受講料が安くなります。

ただし給付金対象のコースは転職目的のコースになるため、サポートが手厚く高額な料金設定になっているため、70%支給されても数十万になるコースがほとんどです。

質が高くサポートが手厚いコースを安く受講できるため、コスパが良くお得感が一番感じられる受講方法ではないかと思います。

受講費を安く抑えて学べるプログラミングスクール3選

受講費を安く抑えて学べるプログラミングスクール

上で書いたように、コスパよく学習ができるプログラミングスクールを紹介していきます。

特定のスキルを学習ができる「インターネット・アカデミー」

インターネット・アカデミーは学べない技術がないくらい単科講座が豊富にあるため、ピンポイントで希望の技術を学ぶことが可能です。

Linuxについて学びたい、データベースだけピンポイントで学習したいといった学習ができます。

定額制でコスパが高いCODEGYM Monthly

CODEGYM Monthlyは、一般的なプログラミングスクールとは少し違う形で学習ができるプログラミングスクールです。

学習する内容や目標など相談して決められるプログラミングスクールです。学びたい内容を好きなだけ学習できます。難しい部分を集中して学ぶことも可能です。

さらにサブスク型なので受講期間も自分で決められます。サポートも充実しているため、コスパが高いプログラミングスクールといえます。

まずは無料相談から

CODEGYM Monthly

給付金対象コースを受講できるテックアカデミー

テックアカデミーの転職コースは給付金対象のコースなので、最大70%支給されます。給付金が支給された場合、15万以下で受講できる計算です。さらに転職保証付きなので、転職に失敗したとしても受講費は返金されるためリスクがありません。

大手のプログラミングスクールで実績もあり受講生も多いため信頼でき安心して受講できる点もおすすめな点です。

まずは無料相談から

TechAcademyの無料体験

安いだけじゃない!コスパの良いプログラミングスクール3選まとめ

まとめ

今回は安くてコスパが良いプログラミングスクールを3つ紹介してきました。

安いプログラミングスクールを探す場合は、なぜ安いのか考えてみてください。サービスが手薄な安いスクールで学ぶのは、目的を達成できない可能性が高いのでおすすめしません。

できれば学習方法を考えてコスパの良いコースを学ぶ方が質が伴っているためおすすめです。

  • 特定のスキルのみを学習する
  • サブスク型(月額制)のプログラミングスクールを利用する
  • 給付金対象のコースを受講する

-プログラミングスクール
-,