プログラミングスクール選びは無料説明会より無料体験をして決める

プログラミングスクール

プログラミングスクールの説明会ってどんな内容なの?無料体験や無料カウンセリングもあるし違いがわからない。

今回はこのような疑問に答える内容となっています。

結論から言うと、説明会はプログラミングスクールでどんなことをどのように学ぶのかの説明です。後ほど、もう少し詳しく解説します。

  1. プログラミングスクールの説明会を解説
  2. 説明会を受けた方が良い人
  3. 説明会のメリットとデメリット

他にも上の点を解説していきます。

プログラミングスクールの説明会の内容を知りたい方、プログラミングスクール選びで悩んでいる方、プログラミングスクールを探す時に、何から始めたらわからない方は最後までご覧ください。

プログラミングスクールの運営している企業で社員として働いていた現役エンジニアの僕が解説します。

目次

  1. プログラミングスクールで行う説明会とは
    • プログラミングスクールの説明会の内容は
    • プログラミングスクールの説明会と体験の違い
    • プログラミングスクールの説明会に参加すると良い人は?
  2. プログラミングスクール説明会に参加するメリット・デメリット
    • プログラミングスクールの説明会から得られるメリット
    • プログラミングスクールの説明会を聞くデメリット
  3. 無料体験と説明会をしているプログラミングスクール
    • TechAcademy
    • CodeCamp
    • DIVE INTO CODE
    • テックパートナーズカレッジ
  4. まとめ

プログラミングスクールで行う説明会とは

プログラミングスクールを選ぶ場合、まずはそのプログラミングスクールについて知らなければなりません。そのために説明会、無料相談、無料体験等のプログラミングスクールのサービスを利用すべきです。

個人的には、【 無料体験 > 無料相談、無料カウンセリング、説明会 】です。やはり実際に体験してみて決めるのが失敗しない方法ではないかと思います。

ただし、スクールによっては無料体験ができないことがあるため、説明会、無料相談を利用することになります。

プログラミングスクールの説明会の内容は

カリキュラムの説明

プログラミングスクールの説明会の内容は、多くのスクールで共通しています。具体的には、主にスクールのシステムやカリキュラムの説明が行われます。スクールに通うことになったら、どのような生活を過ごすことになるのか分かりやすく想像できるよう説明してくれます。

また、説明会にて質疑応答の時間がある場合が多く、その場で入学するにあたっての疑問や不安点を解消することが出来ます。

エンジニアの需要について、人気のプログラム言語についての説明

他にも、プログラミングスクールによっては、ITエンジニア業界についての詳しい説明や需要の高いプログラミング言語についてなど、様々な有益な情報を教えてくれます。個人相談を設けているスクールでは、プログラミングスクールに通った後のキャリア相談や、転職時期の相談などカウンセリングに近い内容で対応してくれるスクールもあります。


説明会に参加することのデメリットは、下記の「プログラミングスクール説明会に参加するメリット・デメリット」に記載した通り非常に少ないので、興味がある人は最低限だけ下調べをしたのちに、難しく考えずに気軽に参加してみるのが良いでしょう。

プログラミングスクールの説明会と体験の違い

説明会と体験の違い

説明会と体験の大きな違いは、実際にプログラミングに触れて学習するかどうかです。説明会では、カリキュラムやITエンジニア業界について知ることが出来ますが、直接PCを使用してプログラミング学習することはありません。

それに対して、体験では実際にプログラミングに触れて学習を行うことが出来ます。スクールによって体験用の無料教材を用意している場合もあり、その無料教材を用いて基礎学習を行うことが出来るようになっています。体験に参加することで、自分にプログラミングが向いているかどうか、学習を継続できるかどうか見極めることが出来ます。

説明会と相談、カウンセリングの違い

少し前に無料相談と無料カウンセリングの違いについて詳しく解説した記事を書いています。しっかりした違いはないと解説しています。

説明会は、どんなことをどのように学ぶか、料金やルールなどの説明がメインです。ただし、無料相談に近い内容のことをしているところもあるため、それほど差がないという状況です。大きく分けると無料体験とそれ以外という感じになります。

プログラミングスクールは、入学する前に無料で自分の資質を確認することが出来る体験には、参加しておくことが多くのスクール経験者に推奨されています。

プログラミングスクールの説明会に参加すると良い人は?

説明会に参加した方がいい人の特徴は、以下の通りです。

POINT

  • 実際に通うかどうかは別として、プログラミングスクールに興味がある人
  • プログラミング未経験者で学習した後のキャリアパスが知りたい人
  • 業界未経験者で、ITエンジニア業界について知りたい人
  • 入学することは決まっているけど、どのスクールに入学するか迷っている人

特に、最後に挙げた特徴に当てはまる人は、いくつものスクールの説明会に参加し、自分に最も合ったスクールを見つけることが重要です。スクールによって、それぞれ特徴がありますので、説明会に参加する前にインターネットなどを用いて入学する可能性のあるスクールを調べましょう。

プログラミングスクール説明会に参加するメリット・デメリット

説明会のメリットデメリット

説明会に参加するにあたってのメリット・デメリットをまとめてご紹介します。

プログラミングスクールの説明会から得られるメリット

メリットは4つあります。4つ目はおまけと考えてください。

プログラミングスクールで学ぶ内容や学習方法を理解できる

説明会に参加することでプログラミングスクールについて、学習内容、学習方法を知ることができます。プログラミングスクールに興味があり、これから入学する可能性のあるという人は、少しでも多く正しい情報を収集することが大切です。

ITエンジニア業界についての知識が深まる

IT業界の基礎知識だけでなく、現場の空気感や入学したらどのように生活していくことになるのかなどについての、深く正しい情報を得ることが出来ます。

キャリアについての知識が深まる

カウンセリングも含めて行っているプログラミングスクールの説明会に参加すると、自分がこれからどのようなプログラミング言語を学習して、どのような職業を目指していけばいいのか自分に合った将来の形を提示してくれます。

IT業界に対する知見が浅い人でも、説明会に参加することで問題なくプログラミング学習を始めることが出来るようになります。

特典がもらえる

プログラミングスクールによっては、説明会参加者向けにクオカード1000円分やAmazonギフト券などの特典を用意していることがあります。説明会に参加するにあたって費用は掛からないので、ただで特典がもらえます。このことから、多くのプログラミングスクールに興味がある人々が、まずは説明会に参加しています。

ただし、この特典に騙されないでしっかり吟味してください。

プログラミングスクールの説明会を聞くデメリット

少ないとはいえ、デメリットも確かに存在します。

勧誘がある

プログラミングスクール説明会に参加するデメリットは、しつこく勧誘される可能性があることです。気軽に参加できることが説明会の良いところにも関わらず、説明を聞きに来ただけだと説明しても勧誘されるケースがあります。

説明会の当日に申込すると、5万円引きみたいな感じで勧誘があるかもしれません。

無料体験と説明会をしているプログラミングスクール

無料体験をしているプログラミングスクール

説明会はほとんどのプログラミングスクールで行っています。そのため無料体験もしているプログラミングスクールを紹介していきます。

TechAcademy

TechAcademyは、オンライン完結型のプログラミングスクールです。そのため、説明会もオンラインとなっており、ホームページにて無料説明会動画を掲載しています。都内に住んでいない方でも、何ら問題なく受講することが出来る点が魅力です。
様々なコースが用意されており、おすすめコース診断機能を用いて自分に合ったコースを選択し学習することが出来ます。

無料体験の教材が非常に充実しており、Webアプリケーション作成に用いる知識を無料で習得出来ます。

TechAcademy 無料体験

CodeCamp

CodeCampは、オンライン完結型のプログラミングスクールです。主な特徴としては、受講料の安さと講師の質の高さがあります。オンラインのみに対応となっているため、費用は他のプログラミングスクールと比較して安価です。また、CodeCampでは厳しい審査を抜けた現役エンジニアのみを講師として採用しているため、非常に優秀な講師陣となっていることも魅力の一つです。

優秀な講師とマンツーマンで学習することが出来る環境のため、いち早く成長することが出来ます。

CodeCampの無料体験を見る

DIVE INTO CODE

Webエンジニアと機械学習を学ぶ人のためのプログラミングスクールです。受講に年齢制限がない、無料体験ができるプログラミングスクールです。受講した方の評判も見て検討してみてください。

DIVE INTO CODE公式

テックパートナーズカレッジ

WEBシステム開発、リモートワーク専門に特化した人材紹介サービスを展開しているセルバが運営しているプログラミングスクールです。卒業後にリモートワークのお仕事の紹介を受けられたり、オンラインマンツーマンレッスンで挫折せずにしっかり学べるようにカリキュラムが作られています。

卒業後にリモートワークで働きたい人はテックパートナーズカレッジ

まとめ

無料の説明会について説明してきましたが、プログラミングスクールでは説明会は受講前に必ず受けておくべきです。比較するために数社受けるとよいです。

無料体験までできるとベターかと思います。説明を聞き、実際に体験してみて自分に合いそうな、そしてエンジニアを目指せそう。そのようなプログラミングスクールを探せるといいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。今回は以上となります。


MEMO
  1. 未経験の方は早めに目標を決めましょう。
  2. 何を作りたいか、どんなものを作りたいか考える。そしてそのために何を学ぶか調べます。
  3. あとは独学でやってみる(プログラムを書いてみる)
  4. 独学で実績(公開できるレベルのもの)を作れるなら転職活動・就職活動をしてみる。
  5. 難しい場合はスクールに通い実績を作り、早めに就職する。