RaiseTech(レイズテック)で挫折する人はいるのか

プログラミングスクール

完全未経験者なんだけどRaiseTech(レイズテック)で挫折しないか心配。

今回は、このような疑問に答えていきます。

結論: RaiseTechでは、挫折させないという点に力を入れているため初心者でも挫折しにくい仕組みができています。

この後、挫折しにくいサポートの詳細について解説していきます。

現場で求められている技術だけを教えるRaiseTech

  1. RaiseTechに興味がある初心者の人
  2. RaiseTechのサポートについて知りたい人
  3. プログラミングを始めた初心者の人

この記事では、このような人を対象にしています。

プログラミングの学習を始めて挫折しかけているあなたはどうしてもエンジニアになりたいと考えているのでしょう。

まずはRaiseTechのサポートを理解してから無料体験を受けてみましょう。

そこで自分に合っているか確認し、受講という流れがいいと思います。

記事の信頼度

・エンジニア歴10年以上
・IT企業転職歴も3回以上
・プログラミングスクール運営側の経験あり
・現在はフリーランスエンジニアとして企業に常駐(在宅勤務)

目次

  1. 挫折する人がどのようにして挫折していくのか解説
    • プログラミングで挫折する人の割合を理解しておく
    • プログラミングで挫折する流れ
    • 挫折しなければエンジニアになれるのか
  2. RaiseTech(レイズテック)では挫折しないためにどんなサポートがあるのか
    • RaiseTechで挫折しないためのサポート
    • RaiseTechでは説明を受けてもわからないを防ぐ
    • RaiseTechではカリキュラムが難しすぎて挫折するを防ぐ
  3. RaiseTech(レイズテック)で挫折せずに学習できた口コミ
    • 挫折する人がいる中で続けているだけでもすごいこと
    • なぜRaiseTechを受講しようと思いましたか?
    • 他のプログラミングスクールに入る事は検討しませんでしたか?
  4. RaiseTech(レイズテック)で受講するのがおすすめな人
    • 効率良く学習したい人
    • AWSコースは他にないコースでおすすめ
    • 副業のためデザインやWordPessを学習したい人
  5. まとめ

挫折する人がどのようにして挫折していくのか解説

挫折する人

プログラミングをはじめて、最初は楽しいと感じても技術を習得するまで時間がかかるんですよね。

そのため挫折する確率も高くなります。実際に挫折する人はどのくらいいるのでしょう。

01プログラミングで挫折する人の割合を理解しておく

まずプログラミングを始める前に挫折率を知っておくと、学習に対する意識が変わるでしょう。独学でプログラミングをはじめた人が挫折する確率9割と言われていますね。

体感では5割くらいと思っていたので意外でした。けれどもプログラミングスクールに通うと、挫折する確率が少なくなります。それでも0ではないです。

ポテパンキャンプの挫折率

自社開発企業への転職をすすめることで人気のプログラミングスクールのポテパンキャンプですが、卒業までたどり着けない人が3〜4割いるそうです。

カリキュラムの難易度が高いため挫折率も高いそうですが、それでも多いと感じますよね?

つまり、エンジニアになるということは簡単ではない、かなり頑張る気持ちではじめないと挫折するということです。

これを聞いて頑張ろうと思いましか?そう感じたのであれば、あなたはおそらくエンジニアになれます。まずはじめに、挫折の流れから解説していきます。

02プログラミングで挫折する流れ

  • STEP
    独学で学習する
    最初はHTML,CSSから始め、思っていたより簡単で少し楽しいと感じる
  • STEP2
    続いてプログラミングを始める
    開発環境の構築で時間がかかり、少しずつ難しいと感じ始める
  • STEP3
    やっと環境ができてプログラミングしてみる
    少し進むとエラーがでて解決に時間がかかり、自分には向いていないと感じ始める

エラーを出して解決できないと、「自分には向いていないかも」と感じやめてしまう人が多いです。

プログラミングスクールでは、そこをサポートするため挫折率が減ります。ただしサポートを受けてもわからない、説明が下手、カリキュラムが難しすぎるなどで挫折する人はいます。

03挫折しなければエンジニアになれるのか

例えば、プログラミングスクールに通い8割の人が卒業できたとします。その人たち全員がエンジニアになっているかというと、諦めた人の方が多いというのが現状です。

未経験者をエンジニアとして採用すると、企業側にコストがかかるからです。1年くらいは育てる必要があるためです。

そう考えるとエンジニアになれる確率って低く大変だと感じるでしょう。

これを知っているだけで簡単じゃない、頑張らないと努力する気持ちになりますよね。

では、本題に入ります。RaiseTechで挫折しないためにどんなサポートがあるのかという点です。



RaiseTech(レイズテック)では挫折しないためにどんなサポートがあるのか

RaiseTechサポート

プログラミングスクールでは、いろんなサポートがあります。転職のサポートなんかもその一つですね。

01RaiseTechで挫折しないためのサポート

RaiseTechで挫折しないサポート

上の画像にあるように「期間中の質疑応答無制限」、「個別進捗管理」とあります。

期間中の質疑応答無制限

独学でエラーが出て解決できなく時間がかかる。現役でもわからないことが出てきます。15分調べてわからなければ聞けという会社もあります。

自分で調べて解決できるのが一番いいですが、まずプログラミングに慣れるまではどんどん質問したほうが理解が早いです。

質問に制限を設けているプログラミングスクールもあるため、無制限にすることで気兼ねなく聞けるため挫折率がさがりますね。

個別進捗管理

挫折する時は、モチベーションが下がっていてカリキュラムが進まなくなっています。

進捗管理をすることで、完全にやる気がなくなる前に助けることができます。

02RaiseTechでは説明を受けてもわからないを防ぐ

講師の説明がわかりにくい、説明を受けてもわからないというのはプログラミングスクールとしては致命的です。これは人によると思いますが、RaiseTechの講師は単価80万以上の現役エンジニアで構成されています。

単価80万はエンジニアの単価としては、上級者レベルです。技術的に教えられないということは、ほとんどないと考えていいです。説明がちょっとというのはどこでもあるので講師を変えてもらうなどするしかないです。

03RaiseTechではカリキュラムが難しすぎて挫折するを防ぐ

RaiseTechでは、質問がし放題なのでカリキュラムは難しい方が最終的にスキルアップできます。RaiseTechのカリキュラムの特徴は「現場で求められる技術のみ教える」ということです。

「教わることだけ理解すればいい」ということです。現場であまり使われない部分は、経験が少ないうちに無理して学習する必要がないということです。



RaiseTech(レイズテック)で挫折せずに学習できた口コミ

RaiseTechの口コミ

RaiseTechは挫折する人がいるのか公表はされていませんが、口コミや評判からチェックしてみましょう。

01挫折する人がいる中で続けているだけでもすごいこと

Udemy コーディング練習 2.25H
講義 2H
ハンバーガーサイトトップページ 3H

今日の講義で先生が仰ったことから思ったことなんだけれど、挫折する人もいる中、食らいついて継続しているだけでもそれなりに立派かもしれない。ほんの少しだけ自信を持ちたい。

#RaiseTech

参照元: Twitter

多くの人が挫折していくプログラミングです。最初は続けていくだけでもすごいこと。続けることで確実にスキルは上がっています。

02なぜRaiseTechを受講しようと思いましたか?

RaiseTechでは徹底的な「現場主義」を掲げているので、実務でも通用するスキルを学べると思ったので。
あとは質問無制限・内容不問で挫折せずに続けられると感じたため。
参照元: RaiseTech(レイズテック)

卒業生の言葉ですが、受講理由として質問無制限が挫折せずに続けられると感じたということですね。

03他のプログラミングスクールに入る事は検討しませんでしたか?

一度、大手のプログラミングスクールに通いました。
その際に費用対効果の低さを感じたことがスクールを再検討したきっかけでした。
講師の質と学習のサポートの手厚さ、受講生同士の交流などRaiseTechの方が優れていると感じています。
参照元: RaiseTech(レイズテック)

大手のプログラミングスクールに通ったけれども、自分に合わなく、RaiseTechの方が講師の質もサポートも良かったと感じたようです。

RaiseTech(レイズテック)で受講するのがおすすめな人

おすすめな人

RaiseTechがすべての人におすすめできるわけではないですが、以下のような人にはおすすめできると思います。

01効率良く学習したい人

現場で使う技術のみ教えるスクールです。つまり最低限必要なことを学習できるため、効率良くスキルアップしたい人にはおすすめです。

02AWSコースは他にないコースでおすすめ

AWSだけを専門で教えているプログラミングスクールはほとんどありません。

インフラエンジニアを目指す人、サーバーサイドエンジニアでもAWSのスキルを持っていると重宝されます。

他の受講生に差をつけたい人は、AWSコースがおすすめです。

03副業のためデザインやWordPessを学習したい人

エンジニアと違ってデザインやWordPressは副業でもニーズがあります。

料金も相馬で学習しやすいです。副業時代に活かせるスキルとしてデザイナーやWordPressを使えるようにしたい方にはおすすめです。

まとめ

RaiseTechで挫折しないために、どのようなサポートがあるのかという点について紹介してきました。

エンジニア転職は厳しいと感じたでしょうか。それとも厳しいけどその後のエンジニアライフを想像して頑張ろうと感じでしょうか。

コロナの影響で通勤する仕事も大変と感じるようになりました。僕もリモートで開発していますが、気持ちが楽です。

同じように考えている方は、ぜひ頑張ってエンジニアを目指すことをおすすめします。

RaiseTechが気になった人は、無料体験を受講してみましょう。自分に合っているか確認しましょう。

現場で求められている技術だけを教えるRaiseTech

また、RaiseTechだけで決めず、他のスクールも受けてみて比較をしましょう。RaiseTechと似ているスクールや評判の良いスクールは以下に紹介しておきます。

当サイトで申込の多いプログラミングスクール

TechAcademyの無料体験
マンツーマンでオリジナルアプリの作成ができるテックアカデミーは人気が高いプログラミングスクール。
Webエンジニア輩出実績トップクラスの【ポテパンキャンプ】
転職に強く本気でエンジニア転職を目指す人におすすめ。難易度が高いため身につくスキルも高く企業からの評価も高いのが特徴。
CodeCamp無料体験
講師を選択できるのが特徴のコードキャンプ。チャットでの質問ができないと言われていますが、オプションでチャットサポートを選択できるのがあまり知られていない。講師の評判が高いため質問しながらどんどん進みたい人向け。