RUNTEQ

Rubyが学べるプログラミングスクールおすすめ3選

Rubyを学べるプログラミングスクール3選

プログラミングスクールでRubyを学びたい。どこのスクールがおすすめかな?

このような疑問をお持ちの方に向けて書いています。

Rubyはスタートアップ企業、ベンチャー企業で使われることが多いプログラム言語です。そのような企業への転職しやすいプログラミングスクールを選ぶ方がいいと思います。

▼この記事では、以下の点について理解できるようになっています。

  1. Rubyの特徴
  2. なぜRubyを教えるプログラミングスクールが多いのか
  3. Rubyを学ぶならここ!おすすめのプログラミングスクール

このような内容で解説していきます。Rubyに興味がある方、Rubyを学びはじめて悩んでいる方は最後までご覧ください。

この記事の信頼度

くろめがね
・エンジニア歴10年以上
・IT企業転職歴も3回以上
・プログラミングスクール運営側の経験あり
・現在はフリーランスエンジニアとして企業に常駐(在宅勤務)

Rubyを学ぶ前に特徴を知っておく

Rubyの特徴

なぜRubyを学ぶのか考えたことがあるでしょうか?単にRubyが良さそうといった感じで安易に決めていないですか?

プログラム言語には特徴があり、企業が選定するときも理由があって決めています。Rubyが自分の目的と合っているのか確認してみてください。

Rubyはスタートアップ企業で利用されることが多い

Rubyは開発スピードが早いプログラム言語です。時間をかけずにサービスをリリースしたいスタートアップ企業に多く使われます。

転職をしたい人は目的と合っているか考える

そのため転職目的の人は、スタートアップと呼ばれる自社開発企業を目指す方が学ぶとよいです。

日本ではまだまだニーズが高いプログラム言語

Rubyという言語の開発者は日本人です。そのためドキュメントが揃っていることもあり日本での人気はまだまだあります。

ただし世界的に見ると衰退しているため、いずれ日本でもニーズがなくなると言われています。ここ数年、RubyをGo言語で置き換えるといったプロジェクトも見られます。

将来ニーズがあるか考慮する

伸びているプログラム言語を学びたいという人は、Rubyは向かないかもしれません。

Rubyは初心者向けのプログラム言語

Rubyはプログラム言語の中でも難易度が低いため、初心者向きのプログラム言語です。

プログラミングの学習で挫折する人が多いため、最初は難易度が低い言語から始めたほうがいいと言われています。

転職しやすい言語というわけではない

Rubyは転職しやすいというわけではありません。理由なくRubyを学習しようと考えているのであれば、自分の目的に合ったプログラム言語を探してみるとよいです。

Rubyを教えるプログラミングスクールが多い理由は?

Rubyを教えるスクールが多い理由

プログラミングスクールで教えるプログラム言語はRubyがものすごく多いです。僕なりにその理由を考えてみました。

自社開発企業へ転職をすすめている

自社開発企業への転職をすすめているため、Rubyを教えているプログラミングスクールがあります。

▼目的とRubyを教えている理由がマッチしていますね。個人的にこのようなプログラミングスクールをすすめています。

Webサービスを立ち上げたい人に向けて教えている

転職するつもりはないけど、自分でWebサービスを立ち上げたいという方に向けて教えているプログラミングスクールもあります。

「卒業したらフリーランスで稼げる」というようなキャッチフレーズを掲げているプログラミングスクールとは、ちょっと違う気がします。

Rubyを学んでフリーランスになれる?

上でちょっと違う気がするといったのは、Rubyを使ってWeb開発を請け負う場合は、経験や実績といった部分が重要だから、すぐにフリーランスで稼げるわけではありません。

自分のサービスを作り、そのサービスから利益を得たいという人が対象という意味です。

単に初心者なのでRubyを教える

簡単なプログラム言語なので、最初はRubyでいいのでは?という感じで教えているプログラミングスクールもあるでしょう。

  • プログラミングを学んでみたかった
  • みんなRubyをやっているから
  • 簡単だと言われているから

個人的に初心者が上記のような理由でRubyを選ぶのは疑問に思います。学んでどうしたいかといった点が決まってからRubyを選ぶのが自然な流れかと思います。

Rubyを教えているプログラミングスクールの選び方

Rubyスクールの選び方

Rubyを教えているプログラミングスクールを選ぶポイントをいくつか紹介していきます。

【転職目的の場合】転職できるレベルのカリキュラムになっているか

「Rubyを学ぶと自社開発企業へ転職できます。」といったことを書いているわりに、学習内容を見るとRSpecも書かないしGitも使わないというプログラミングスクールはやめたほうがいいです。

転職できるレベルのカリキュラムになっていないのであれば、そこで学習しないことは独学でやるということになります。プログラミングスクールに通う意味は?

【Webサービスを立ち上げたい人向け】環境構築やデプロイが学べるか

自分でWebサービスを立ち上げるという人が学ぶプログラミングスクールなのに、作る部分だけ教えてデプロイの方法も学習しないというのはスクールとしてどうなのかと思います。

0からリリースまで学習できるスクールを選ぶ

0から開発してリリースするまで学べるプログラミングスクールなのかという点をチェックして選ぶとよいと思います。

オリジナルアプリの開発ができるというスクールを選択すると、その点はカバーできるかと思います。

【初心者向け】単に初心者だからという理由でRubyを選ばない

Rubyは副業や経験が浅い場合はフリーランスも厳しいため、単に簡単だからという理由で選ばないことです。

まずは基本を学び将来的に就職を考えているとか、自分でWebサービスの立ち上げを考えているという人以外はあまりニーズがない言語だと思います。

目的が定まっていないならPHPがおすすめ

学習する目的が決まっていないのであれば、PHPの方が汎用性があると思います。

  • 就職や転職ができる
  • Web制作に活かせる
  • WordPressをカスタマイズできる

Rubyが学べるおすすめプログラミングスクール

Rubyが学べるおすすめプログラミングスクール3選

Rubyが学べるおすすめのプログラミングスクールをいくつか紹介したいと思います。僕が未経験だったらここというのを選びました。

【転職向け】ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプを選んだ理由は、上の解説したように自社開発企業への転職をすすめているプログラミングスクールだからです。Rubyを教えている理由と目的が一致しています。

挫折する人もいて難しいというイメージもありますが、卒業するころには転職できるレベルに成長できるというのが重要です。

基礎しか学べないスクールへ行き挫折せず卒業できても、スキルが身についていないのであれば挫折したのと変わらないですよね。

まずは無料相談から

ポテパンキャンプ公式へ

▼ポテパンキャンプの評判が気になる方は以下の記事もご覧ください。

【転職向け】RUNTEQ

学習の目的や内容はポテパンキャンプに近い感じですが、RUNTEQの方がSNSで活発に交流している感じです。

講師や受講生通しのつながりが好きな人はRUNTEQの方が合っているかもしれません。卒業後に高いレベルになれるという点でおすすめです。

まずは無料相談から

ポテパンキャンプ公式へ

▼RUNTEQの評判が気になる方は以下の記事もご覧ください。

【Webサービス立ち上げたい人向け】TechAcademy(テックアカデミー)

テックアカデミーはオリジナルアプリを作れる点やHerokuというサービスにデプロイして本番に近いイメージで学習ができます。

自分でWebサービスを立ち上げたいという人には、丁度よい学習ができるプログラミングスクールです。

まずは無料相談から

TechAcademyの無料体験

▼TechAcademyの評判が気になる方は以下の記事もご覧ください。

Rubyが学べるプログラミングスクールおすすめ3選まとめ

まとめ

今回はRubyが学べるプログラミングスクール3校を紹介しました。

目的と合ったカリキュラムになっているという点は重要です。転職したいのに基礎の学習しかできないスクールを選んでも転職はできないでしょう。

Rubyを学ぶ前によく考えて選択してみるとよいでしょう。この記事が参考になるとうれしく思います。

-RUNTEQ