プログラミングスクール

本サイトはプロモーションが含まれています。

RUNTEQは30代受講可能。年齢制限はなしで他に条件あり

RUNTEQは30代でも可能
初心者さん
RUNTEQって年齢制限あるのかな?30代でも通えるのかな?

このような疑問をお持ちの方に向けて書いています。

RUNTEQには年齢制限がありません。30代でも受講可能です。ただし受講には条件があります。この後、詳しく解説していきますね。

こんな方におすすめ

  • RUNTEQに興味がある方
  • 30代で受講を考えている方

この記事を書いている僕の経歴は以下のような感じです。エンジニア経験だけでなく、プログラミングスクールの運営企業での経験もあるため業界には詳しいです。信頼度も高めです。

まずは無料相談から

RUNTEQ公式サイトへ
RUNTEQの評判
RUNTEQ(ランテック)の評判。現役フリーランスがレビュー

続きを見る

この記事の信頼度

くろめがね
・エンジニア歴10年以上
・バックエンドがメインでフロント開発も行うフルスタック
・プログラミングスクール運営側の経験あり
・単価約100万↑のフリーランスエンジニア

RUNTEQは30代でも受講できるのか

30代受講

多くのプログラミングスクールは就職が難しくなる30代以上の未経験者の学習を制限しています。RUNTEQはどうでしょう。

RUNTEQは年齢制限はない

公式のらんてくんが年齢制限はないと言ってますね。選考に年齢は関係ないということです。卒業生を見ると何名か30代で就職されているので、間違いないですね。

RUNTEQでは30代でも就職して人がいる

公式には卒業生のインタビュー記事が書かれています。その中に公務員からWebエンジニアに転職した人について書かれています。転職は厳しかった話をされていますが、30代でも受講し転職に成功したという例があるということです。

30歳オーバーでもWeb系へ!自分のやり方を信じて公務員からエンジニアへ
30歳超えていることもあってか、返信が有ったのは4社のみだったので結構辛かったです。
参照元: RUNTEQ

RUNTEQで受講するための条件がある

先ほどのツイートで公式のらんてくんが言ってますが、RUNTEQは入学するために面談や簡単なテストがあり、そこで受講できるかどうかの判定があるとのことです。

RUNTEQでは、プログラミング学習完全未経験の方はお断りさせていただいております。全くプログラミング学習をしていない方の場合だと課題を進めること自体が難しいです。
参照元: RUNTEQ

また、公式ブログで書かれているように、完全未経験の人は面談やテストで落とされるということです。受講前に少なくとも300時間程度は学習することをすすめています。

理由としてはRUNTEQのカリキュラムが、そのくらいの方を対象として作られているからということです。

30代以上の人がRUNTEQで学習するために必要なこと

30代以上の人が学習で必要なこと

上で書いたように30代以上でもRUNTEQでの受講は可能ですが、受講前に独学である程度学習しておかなければテストで落とされてしまいます。まずは準備をしてから無料のカウンセリングを受けましょう。

どのような準備が必要か解説していきます。

RUNTEQが設ける学習時間の基準

RUNTEQでは、エンジニアに必要な学習時間の基準を設けています。公式で以下のように800-1000時間必要だと考えていて、RUNTEQで学習するカリキュラムが500時間かかる見込みということです。

つまり、残りの300-500時間は、独学で事前に学習しておいてくださいということです。それでなければ、カリキュラムにはついてこれないと考えているようです。

一般的にエンジニアとして現場で働けるようになるのが、800〜1000時間くらいと言われてます。
RUNTEQのカリキュラムが500時間ほどかかる見積もりとなっています。
参照元: RUNTEQ

300-500時間学習するために

20時間/週に学習したとしても単純計算で4,5ヶ月はかかります。RUNTEQで学習するために事前に独学で4、5ヶ月続けられるでしょうか?

このくらい学習を続けられる人であれば、エンジニアになってからでも学習して成長していけるでしょう。と僕は思います。

RUNTEQでは本気で学習する人ばかり

時間も場所も自由だから、とりあえずエンジニアを目指そうかなという人が増えています。そのほとんどが挫折していきます。理由は本気で学習しなければと思っていないからです。

どうしても転職したい、就職したいという思いがなければ学習は続かないと思います。実際にはエンジニアになってからも学習は続くので、習慣にしておくといいです。

メモメモ

何度も難しい問題で悩み挫けそうになるからです。公務員から転職した方も公務員という安定した立場から転職したいという強い思いがあったから転職できたと思います。

公式にも書いているように、まずはエンジニアになるという強い思いとやる気を持ち学習を始めることをオススメします。

RUNTEQの受講生は、本気で学びに来ている人ばかりです。やはり、それくらいの情熱とやる気がないと中々乗り越えていけない現実があります。
参照元: RUNTEQ

30代以上でエンジニアを目指す人にアドバイス

30代以上がエンジニアを目指す人にアドバイス

30代からエンジニアを目指す人は、20代に比べてハンデがあります。30代は30代なりの転職の仕方があるので、採用経験者の僕から少しだけアドバイスさせてもらいます。

30代で未経験者はプライドを捨てる

多くのエンジニアは30代になると、一人で設計から開発までをこなせるくらいになっておりリーダーのポジションについてる人も多くいます。その中で自分より若い20代のエンジニアたちに教わりながら仕事をしていきます。

プライドが高い人は素直に聞いたりできず、苦しむ人も多いです。わからないことが恥ずかしいという気持ちは捨てて、いつか見返してやるくらいの気持ちで頑張ることです。

チェック

学習している時もアドバイスも素直に聞いてやってみると言ったことが必要だと思います。

20代に差をつける学習をする

20代の人に負けないためには、同じように学習をしていても勝つのは難しいでしょう。何か違う方法で違いを見せるしかないでしょう。以下のような点に注意してみるとよいかもしれません。

30代の学習

  • 学習時間を増やし、プログラミングに慣れる
  • 学習の質を上げて、効率良く学習する
  • 得意分野を作り深く理解する

30代からエンジニアになると収入面で不利になる

30代からエンジニアになると、年収が上がるまである程度時間がかかります。20代から始めた人でも30近くになり、やっと上がってきたと感じるわけです。

30代から始めた場合、その点でも不利になる可能性があるという点を理解しておきましょう。

ある程度経験を積んで、早めに転職したりフリーランスエンジニアになって年収を上げるという手もありますが、スキル的にしっかりとしたものがなければ、どちらにしても厳しくなります。

RUNTEQの就職先
RUNTEQの就職先を調査。自社開発企業が多いのは本当だった

続きを見る

30代でRUNTEQを学ぶ人は給付金制度を利用しましょう

30代で転職を目指す人は、少しでも受講費を節約できた方が助かるでしょう。ただしスクールを妥協してしまうと転職が難しくなります。

RUNTEQの「Webエンジニア転職コース (Ruby on Rails専攻)」は以下の認定を受けることができたため、受講費の負担が少なくなります。

  • 経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座
  • 厚生労働省の専門実践教育訓練給付制度

RUNTEQの「Webエンジニア転職コースの受講料は、以下の通りになります。最大で70%の給付されると、165,000円の自己負担ですみます。

受講料 550,000円
最大給付額 385,000円
自己負担額 165,000円

30代になると家族や子供がいたりすると受講費が負担になるでしょう。少しでも受講費の負担を減らしたいと考えている方は、国の給付金制度を利用してみましょう。

RUNTEQは30代受講可能まとめ

まとめ

今回は、RUNTEQでは30代でも受講は可能かという点について解説してきました。受講は可能ですが、かなりの覚悟と努力が必要であるということが理解できたでしょうか。

ココに注意

就職サポートは35歳未満までのようです。注意してください。

けれども多くの方が努力して年齢という壁を乗り越えて転職されています。あきらめたらそこで終わり。。。です(^▽^)o

まずは無料相談から

RUNTEQ公式サイトへ
RUNTEQ説明会に参加しよう
RUNTEQの無料説明会を利用するとメリットしかない

続きを見る

-プログラミングスクール
-