RUNTEQの無料説明会を利用するとメリットしかない

プログラミングスクール

RUNTEQの説明会って何だろう?どんな話が行われるのかな?気になる。

今回は、このような疑問について解説していきます。

結論: RUNTEQの説明会は、プログラミングやエンジニアに関する相談できる場所です。この後、もう少し詳しく解説していきます。

RUNTEQ

  1. RUNTEQに興味がある方
  2. エンジニアを目指したい方
  3. プログラミングスクールで悩んでいる方

このような方が対象の記事となっています。

この記事を書いている僕の経歴は以下のような感じです。プログラミングスクールを運営していた企業での業務経験もあるため信頼度は高めです。ぜひ参考にしてください。

目次

  1. RUNTEQの説明会について
    • RUNTEQの説明会とは
    • RUNTEQの説明会に申し込む方法
  2. RUNTEQの説明会に申し込むメリット・デメリット
    • エンジニアの市場について教えてもらえる
    • プログラミングの学習方法について相談できる
    • 無料説明会に参加しない人の失敗例
  3. 無料説明会・無料相談・無料カウンセリングを有効に使う
    • 無料説明会・無料相談・無料カウンセリングは複数利用する
    • 無料体験の方がおすすめ
    • オンラインの受講スタイルが合っているか確認する
  4. まとめ

RUNTEQの説明会について

RUNTEQ説明会

RUNTEQでは、無料で行われている説明会があります。内容やいつ実施されるのか紹介していきます。

01RUNTEQの説明会とは

プログラミング業界に精通したキャリアアドバイザーによる1対1の説明会です。
RUNTEQに関する説明はもちろん、プログラミングの学習方法や未経験からエンジニアへの転職事情などお悩みがあれば是非ご相談ください。
参照元: RUNTEQ

プログラミングに関する悩み、どのようにエンジニアを目指したらよいのかなど無料で相談できる説明会というか無料相談ですね。もちろんプログラミングスクールについても相談できます。

1対1なので、気兼ねなく聞きたいことが聞けるのがいいですね。

02RUNTEQの説明会に申し込む方法

runteqの申込
参照元: RUNTEQ

RUNTEQ

RUNTEQの公式へ行き、ブラウザの右上に申込のボタンがあるので、申込画面に入ります。

あとは希望日時、名前、メールアドレスを記入して登録するだけ。当日はGoogle Meetを使うようです。zoomやSlackのようなビデオ会議用のツールですね。

招待が来るので、承認して通話に参加するだけです。簡単です。

自分の周りにエンジニアをしている人がいたり、知り合いがいると相談しやすいですが、誰にも聞けない人は無料なので相談してみるといいかと思います。

runteq
  • Web系に特化したプログラミングスクール
  • 自社開発企業への就職に強い
  • プログラミングスクールの代表が好印象

まずは無料相談から

RUNTEQ

RUNTEQの説明会に申し込むメリット・デメリット

merit-demerit

無料の説明会に申し込むメリット・デメリットいくつかあるので解説していきます。

01エンジニアの市場について教えてもらえる

例えば、どのようなエンジニアを目指すのがおすすめか聞いて、実際に目指すためにどうしたよいかといった相談ができますね。スキルにしてもどんなスキルのニーズが高いのか聞いた方が失敗が少ないです。

今であればPythonのAIのエンジニアの市場価値が上がっているとか。

02プログラミングの学習方法について相談できる

プログラミングの学習をはじめたが、学習方法がわからない人や自分の学習方法が間違っていないか相談できます。

よく聞く話で、プログラミングを暗記するという人がいます。無料相談することでその学習方法が実務で役に立たない、他の方法で学習するようなアドバイスをもらえるでしょう。

03無料説明会に参加しない人の失敗例

例えば、地方に住んでいてエンジニア転職を目指している人がいるとします。スキルを身につけるためにプログラミングスクールに通いRailsを学習しました。

転職がスムーズにいくでしょうか?Railsって首都圏でスタートアップ、自社開発企業で使われるプログラム言語で地方では全くと言っていいほどニーズがありません。

事前に事情を相談していたら、Railsではなく他のプログラム言語を学習した方がいいといったアドバイスがもらえたかもしれません。

エンジニア転職事情を自分で調査したり、聞ける人がいるのであれば問題ないですが、知らないで学習をはじめてしまい失敗するのであれば、事前に無料相談しましょうということです。

聞くのはただなんだし。(`・ω・´)ハイ!

無料説明会・無料相談・無料カウンセリングを有効に使う

無料相談・無料カウンセリング

無料説明会・無料相談会、無料カウンセリングなどプログラミングスクールによって呼び方が違ったりします。上では失敗しないよう相談してみると提案しました。

ここではどこのプログラミングスクールを受講しようか悩んでいる人に向けて解説していきます。

01無料説明会・無料相談・無料カウンセリングは複数利用する

プログラミングスクールを受講したいと考えた時に、どのスクールも相談できるサービスが設けられています。

費用やプランについて相談できたり、説明されるのですが、必ず複数のプログラミングスクールで利用して比較することをおすすめします。

一つ目のスクールだけで決めてしまうと基準がわからないため、スクール側に良い感じのことをいわれると比較の対象がないため、良さそうと思ってしまいます。

02無料体験の方がおすすめ

無料で説明を聞いたり相談できるのは、もちろん良いサービスなんですが無料体験といって実際にカリキュラムを体験受講できるサービスをしているプログラミングスクールもあります。

無料体験をすることで、自分に合った学習の仕方かメンターはどうかという点を実際に確認できるため、失敗が少ないと言われます。

できれば、体験させてもらい不安てんを解消して受講しましょう。以下の3社は体験が可能なプログラミングスクールで、業界大手になります。

03オンラインの受講スタイルが合っているか確認する

最近はコロナの影響もあり、オンラインで受講するスタイルが増えています。人によってはオンラインではモチベーションが下がるとか仲間と一緒に鼓舞し合って学習したいという人がいます。

学習スタイルを確認するために、オンラインの体験をしてみるとよいです。地方に住んでいる場合は特に通学が難しくなります。その点も考慮しておくべき点です。

runteq
  • Web系に特化したプログラミングスクール
  • 自社開発企業への就職に強い
  • プログラミングスクールの代表が好印象

まずは無料相談から

RUNTEQ

まとめ

RUNTEQの説明会の内容や申し込み方法について解説してきました。説明会に参加することで多くのメリットがあることが理解できたでしょうか。

無料説明会、無料カウンセリング、無料体験といったプログラミングスクールのサービスを最大限に利用し、料金やサービスなど複数のスクールを比較して自分に合ったプログラミングスクールを探してください。



MEMO
  1. 未経験の方は早めに目標を決めましょう。
  2. 何を作りたいか、どんなものを作りたいか考える。そしてそのために何を学ぶか調べます。
  3. あとは独学でやってみる(プログラムを書いてみる)
  4. 独学で実績(公開できるレベルのもの)を作れるなら転職活動・就職活動をしてみる。
  5. 難しい場合はスクールに通い実績を作り、早めに就職する。