RUNTEQ(ランテック)の評判。現役フリーランスがレビュー

プログラミングスクール

プログラミングスクールの学習に関する不満は、受講者が求めている学習の難易度とスクール側が提供している内容がマッチしないことで起こりやすいです。

  1. 難易度は合っているか(わかりやすい → 内容が簡単過ぎないか)
  2. 受講の形式(講義、動画、模写、テキスト)は合っているか
  3. 受講料は、適切か(安いけど質は問題ない?)

不満が出やすい上記の点をしっかり考えて選択してみてください。選べないという方はお気軽にお問い合わせください。アドバイスくらいはできます。

RUNTEQランテック)の評判を知りたい。受講するとエンジニアに転職できるかな?

今回は、このような疑問に答える内容となっています。

RUNTEQ(ランテック)は、Ruby on Railsを教えているプログラミングスクールで、かなり勢いのあるスクールです。

▼この記事では、そんな話題のRUNTEQ(ランテック)の評判について紹介していきます。

  1. RUNTEQ(ランテック)の評判が高い点
  2. RUNTEQ(ランテック)の評判を下げる残念な点
  3. RUNTEQ(ランテック)のSNSの評判について

このような点を現役フリーランスエンジニアで、Railsエンジニアである僕が徹底的に解説していきます。

RUNTEQ(ランテック)の評判が気になる方は、最後までご覧になってみてください。

本記事の信頼度

  • エンジニア歴10年以上
  • プログラミングスクール運営側の経験あり
  • WebデザインからWeb業界へ転職
  • 現在はフリーランスエンジニアとして企業に常駐(在宅勤務)



目次

  1. RUNTEQ(ランテック)の評判が高い点
    • 学習量が多く時間をかけてしっかり学習する
    • バグ改修型のカリキュラムで自走力が身につく
    • RUNTEQ(ランテック)の運営会社は自社開発企業
  2. 評判が悪いと感じるRUNTEQ(ランテック)の残念な点
    • テックキャンプの批判がすごい
    • イベントやコミュニティなどワイワイが苦手な人には向かない
  3. RUNTEQ(ランテック)のSNSでの評判は?
    • 誰かと一緒に勉強出来るのもコミュニティの利点という口コミ【良い評判】
    • 的確に根気よく回答をくれる講師ばかりという口コミ【良い評判】
    • イベント参加は集中できるしモチベーションも上がるという口コミ【良い評判】
    • 他のスクールを途中でやめてRUNTEQを受講したという口コミ【良い評判】
    • RUNTEQに入って10ヶ月以上という口コミ【悪い評判】
  4. RUNTEQ(ランテック)の受講をおすすめする人
    • 自社開発企業への転職を目指す人
    • 目的が同じ仲間と学びモチベーションを保ちたい人
    • ポートフォリオに力を入れて就職、案件獲得したい人
  5. RUNTEQ(ランテック)の評判まとめ

RUNTEQ(ランテック)の評判が高い点

RUNTEQ(ランテック)の評判が高い点

Railsを書いている僕がRUNTEQ(ランテック)のカリキュラムやサービスについて、これはおすすめだという点を紹介していきます。

学習量が多く時間をかけてしっかり学習する

プログラミングスクールの中には、「3週間でエンジニアになれます!!」みたいなキャッチフレーズで勧誘するところがありますね。

早くエンジニアになりたい人にとっては、魅力的に感じるかもしれません。就職してからしっかり教育しますよという会社であれば、早く入社して実務で学ぶのが一番です。

それが難しいのでエンジニアになる前に、多くのことを学ぶ必要があります。転職するまでにすべてのスキルを身につける必要はないですが、基本的な技術はもちろんですが、自走する力なども身につける必要があります。

RUNTEQ(ランテック)で評判が高いと感じた点は、時間をかけて学ぶこと。他のスクールと比較して学習時間がかなり多いです。

学習時間

800時間〜1000時間を想定したカリキュラム

学習時間が多いと何が良いのか。。。という点を少し続けます。

学習の習慣が身につく

エンジニアになるために学習するのは当たり前ですが、実はエンジニアになってからも学習は続ける必要があります。なので今のうちに学習の習慣を身につけておくのは重要です。

要領が良い人や飲み込みが早いエンジニアは実務で調べたり、さっと動かしてみてコツをつかめるので自宅で多くの学習をするということは少ないかもしれませんが、普通レベルの人は学習し続けています。

バグ改修型のカリキュラムで自走力が身につく

RUNTEQ(ランテック)のカリキュラムでは、実務を意識して他の人のバグを改修するという内容が含まれています。

自分で書いたコードと違い、他の人が書いたコードを読むのは難易度が高いです。ベテランエンジニアがするコードレビューと一緒です。

このバグ改修のカリキュラムが受講生にとってかなりいいと思いました。

▼普通のカリキュラムの場合、以下の流れで自走力が身につかない

  • 1
    カリキュラムを進めていると、バグがでる
  • 2
    バグを解決できず講師に聞いて解決する
  • 3
    自走力が身につかない

▼バグを改修するカリキュラムは、バグを改修するというのが学習内容なので自分で考えて解決する(簡単に講師に聞けない)

  • 1
    バグを改修するというカリキュラムなので、調べてバグを解決する
  • 2
    講師にはバグの改修に関するレビューをもらう
  • 3
    自走力が身につく

自走力が身につく

問題が出た時にすぐ講師に聞いて解決してカリキュラムを進めていたら、カリキュラムの進みは早いかもしれません。

RUNTEQ(ランテック)で800時間〜1000時間必要といっているのは、自分で考えて進めることが前提だからでしょう。考えて進める力(自走力)を養うためのカリキュラムになっているという点が評判が良いと感じた点。

バグを自分で解決すると、自走力が身につくので

RUNTEQ(ランテック)の運営会社は自社開発企業

IT業界では、技術の進化が早いので開発しなくなったら終わりと言われています。

自社でも開発している企業では、現場のノウハウをカリキュラムに取り入れてアップデートしていくことが可能です。スクールで学んできたけど、古い技術だったということであれば悲しいですね。

受講側としては、RUNTEQ(ランテック)のように実際に開発している、常に現場でも使える技術を教えてくれる企業が運営している方が安心して学べます。

評判が悪いと感じるRUNTEQ(ランテック)の残念な点

評判が悪い点

RUNTEQ(ランテック)のここが残念な点、正直あまり見つからないのですが、個人的に無理やり探してみたのでご覧ください。

テックキャンプの批判がすごい

個人的には、自社のサービスの良さを伝えるのに他社を批判する必要はないと思っているので、代表のTwitterでテックキャンプの批判しているのを見ていると残念に感じる。

代表が言っているように、テックキャンプは批判される理由が多いのは理解できます。ただRUNTEQ(ランテック)の方が圧倒的に良いサービスを提供できているのがわかっているので、それでいいのでは?と思いました。

イベントやコミュニティなどワイワイが苦手な人には向かない

SNS上でもイベントやコミュニティが活発なイメージが強い。代表や講師、らんてくんなどと一緒にワイワイしているので、そのようなつながりが苦手な人には向かないだろうと思いました。

僕個人が苦手なので、悪いとかではなく合わない人はいると思うので、あえて残念な点に書きました。

RUNTEQ(ランテック)のSNSでの評判は?

上で書いたように、SNSでは活発な受講生が多い。いろんな口コミ集めてみました。参考程度にご覧ください。

01誰かと一緒に勉強出来るのもコミュニティの利点という口コミ【良い評判】

02的確に根気よく回答をくれる講師ばかりという口コミ【良い評判】

03イベント参加は集中できるしモチベーションも上がるという口コミ【良い評判】

04他のスクールを途中でやめてRUNTEQを受講したという口コミ【良い評判】

01RUNTEQに入って10ヶ月以上という口コミ【悪い評判】

RUNTEQ(ランテック)の受講をおすすめする人

受講をおすすめする人

僕がRUNTEQ(ランテック)を受講した方がいいと思う人を考えてみました。

自社開発企業への転職を目指す人

RUNTEQ(ランテック)の代表も自社開発企業への転職を勧めています。僕も未経験者はできれば自社開発企業へ入るほうがいいと思っているので、そのような目的を持っている人。

Ruby on Railsはまだまだスタートアップ、自社開発の間では人気でニーズが高い言語なので目的と合っていると思います。

ただし、教えているスクールもかなり増えているため就職・転職の難易度は上がるだろうと思います。

目的が同じ仲間と学びモチベーションを保ちたい人

一人でモクモクとする学習は、詰まって挫折しやすいと言われますが、RUNTEQ(ランテック)のようにコミュニティが活発なスクールは、誰かが力になってくれるのでおすすめです。

オンラインで一人モクモクと学ぶのが不安な方にはおすすめのプログラミングスクールです。

ポートフォリオに力を入れて就職、案件獲得したい人

RUNTEQ(ランテック)では、ポートフォリオに力を入れているスクールです。大会のようなものも行っているようです。

今、エンジニア志望が増えていてポートフォリオの質も高いものを求められます。

▼ダメなパターン

  • 1
    適当なポートフォリオを作る
  • 2
    転職希望する100社に応募する
  • 3
    不採用!!

書類審査は、ポートフォリオにかかっていると言っても過言ではないです。しっかりしたポートフォリオを作り込めていれば、あとは面談でやる気をアピールするだけです。

▼RUNTEQ(ランテック)のような評判の良いスクールのパターン

  • 1
    質の高いポートフォリオを作る(スクールのサポートで改修を繰り返す)
  • 2
    希望の企業数社へ応募する
  • 3
    複数の企業から内定を貰える!!

RUNTEQ(ランテック)の評判まとめ

まとめ

今回は、RUNTEQ(ランテック)の評判についてまとめました。現役フリーランスエンジニア目線で書いてみましたが参考になったでしょうか。

Railsを学びエンジニアに転職したいのであれば、間違いなくおすすめのプログラミングスクールなので自分に合っていると感じたのであればカウンセリングを受けて確認してみてください。


当サイトで申込の多いプログラミングスクール

TechAcademyの無料体験
マンツーマンでオリジナルアプリの作成ができるテックアカデミーは人気が高いプログラミングスクール。
Webエンジニア輩出実績トップクラスの【ポテパンキャンプ】
転職に強く本気でエンジニア転職を目指す人におすすめ。難易度が高いため身につくスキルも高く企業からの評価も高いのが特徴。
CodeCamp無料体験
講師を選択できるのが特徴のコードキャンプ。チャットでの質問ができないと言われていますが、オプションでチャットサポートを選択できるのがあまり知られていない。講師の評判が高いため質問しながらどんどん進みたい人向け。