RUNTEQのVue.js学習カリキュラム。企業側のニーズはなし

プログラミングスクール

Vue.jsって人気だよね?RUNTEQってVue.jsだけのプランがないよね。どうしてかな?

今回は、このような疑問に答えていきます。

結論: Vue.jsのみのスキルで転職が難しいためです。後ほど詳しく解説していきます。

RUNTEQ

  1. プログラミングスクール選びで悩んでいる人
  2. RUNTEQに興味がある人
  3. フロントエンドの学習をしている人

このような人が対象の記事となっています。

記事を書いている僕の経歴は以下のような感じです。サーバーサイド中心ですが、近年フロントエンドの担当することも多くVue.js、Anglarあたりを書いています。

フロントの技術や現場の状況も含めて解説するので信頼度は高めです。

・エンジニア歴10年以上
・IT企業転職歴も3回以上
・元プログラミングスクール運営会社社員
・現在はフリーランスエンジニアとして企業に常駐(在宅勤務)

目次

  1. RUNTEQでVue.jsを学習することについて
    • RUNTEQが教えているVue.jsって何?
    • RUNTEQでVue.jsを学習する場合のコース
    • RUNTEQではなぜVue.jsとRailsがセットなのか
  2. 現場におけるVue.jsの状況
    • 現場ではVue.jsのスキルは必要ないのか
    • Vue.jsのスキルは必要なのに企業側のニーズがない理由
    • Vue.jsを学習するべき人
  3. まとめ

RUNTEQでVue.jsを学習することについて

Vue.jsを学習

RUNTEQはRuby on Railsをメインで教えているプログラミングスクールですが、実はVue.jsも教えています。

01RUNTEQが教えているVue.jsって何?

最初はVue.jsって何?という人もいると思うので、簡単にVue.jsの解説から。Vue.jsはJavaScriptのフレームワークです。少し前まではjQueryというライブラリーが流行っていて、多くのWebではjQueryが使われていました。

近年Vue.jsやReact、AnglarといったJavaScriptフレームワークが流行ってきたため、フロントエンドエンジニアと呼ばれるポジションが注目されはじめ、フロントエンドエンジニアの求人を目にすることも多くなりました。

Railsがサーバーサイドで使われるRubyのフレームワークなのに対し、Vue.jsはフロントエンドで使われるJavaScriptのフレームワークです。

02RUNTEQでVue.jsを学習する場合のコース

RUNTEQでは上で解説したVue.jsをカリキュラムに組み込んでいます。3つのコースでVue.jsを教えています。

というか、3つしかコースがないです。全てでVue.jsを教えているということですね。全てRailsとセットで。この回答は次のセクションで。

Webマスターコース Web入門編Railsチュートリアル編
Ruby on Rails 基礎編
Ruby on Rails 応用編
Ruby on Rails API編
Vue.js編
Railsマスターコース Railsチュートリアル編
Ruby on Rails 基礎編
Ruby on Rails 応用編
Ruby on Rails API編
Vue.js編
Railsエンジニアコース Ruby on Rails 基礎編
Ruby on Rails 応用編
Ruby on Rails API編
Vue.js編

03RUNTEQではなぜVue.jsとRailsがセットなのか

RUNTEQではなぜRailsと一緒にVue.jsを教えているのでしょう。回答はひさじゅ社長が次のようにツイートしています。

このツイートによると、Vue.jsのスキルのみでは、転職が難しいということを言っています。フロントエンドエンジニアが注目されているのになぜ?と思うかもしれませんが、これは現役のWebエンジニアの僕も同様の意見です。

runteq
  • Web系に特化したプログラミングスクール
  • 自社開発企業への就職に強い
  • プログラミングスクールの代表が好印象

まずは無料相談から

RUNTEQ

現場におけるVue.jsの状況

現場レベルのVue.js

ここではVue.jsのスキルがあるのに、なぜ現場でニーズがないのか解説していきます。

01現場ではVue.jsのスキルは必要ないのか

Vue.jsは人気でスキルがある人を必要としている企業も多くあります。今まではフロンtはjQueryが基本で、コーダーと呼ばれる人が担当したり、デザイナーがコーディングしていました。

フロントのフレームワークに関して言うと、開発の要素が強くデザイナーやコーダーの範疇を超えているため、どうしてもエンジニアが担当する企業が多いです。

もちろんVue.jsの中にHtml, CSSを組み込む部分に関してはコーダーやデザイナーに任せるという企業も多いと思います。つまりVue.jsができるエンジニアは必要とされているということです。

02Vue.jsのスキルは必要なのに企業側のニーズがない理由

Vue.jsは、現場ではサーバーサイドのエンジニアが担当している企業が多いです。もちろんフロントエンドが苦手なエンジニアも多いですが、そこそこ経験があるWebエンジニアはフロントも書けます。

Vue.jsしかできないと開発しているときに、APIを修正した方が使いやすくできるという場合でもフロントで無理な実装をするといったことがあります。APIを修正するにしても他の誰かに頼まなければならなくなり、企業としては使いにくいと感じてしまうということです。

サーバーサイドの知識がないと、APIを叩いているのにレスポンスがない。なぜだと苦しんだ結果、APIのバグだったなんてこたがあってもサーバーサイドのバグと気づけないかもしれません。

03Vue.jsを学習するべき人

Vue.jsを学習した方がいい人は、サーバーサイドのエンジニアでフロントもできるようになりたいという人が学習すべきかなと思います。

RUNTEQでもRailsとセットで教えている理由はRailsができるようになってVue.jsについても理解があれば転職するにしても企業側の印象は良いという点を考慮しているためではないかと思います。

では、コーダーがVue.jsを学習してスキルを身につけるメリットがあるかというと、あまりないのではと思います。

runteq
  • Web系に特化したプログラミングスクール
  • 自社開発企業への就職に強い
  • プログラミングスクールの代表が好印象

まずは無料相談から

RUNTEQ

まとめ

RUNTEQがRailsとセットでVue.jsを教えている点について解説してきました。RUNTEQの考えは実際の現場でVue.jsを使っている僕の考えと一致しているといえます。

Webエンジニアを目指すのであれば、フロントエンドを学習する前にサーバーサイドをしっかり学習して経験を積んでからでよいのではと思います。

参考にしてみてください。


プログラミングスクールを受講した方の体験談はこちらからどうぞ。

プログラミングスクールの体験談


MEMO
  1. 未経験の方は早めに目標を決めましょう。
  2. 何を作りたいか、どんなものを作りたいか考える。そしてそのために何を学ぶか調べます。
  3. あとは独学でやってみる(プログラムを書いてみる)
  4. 独学で実績(公開できるレベルのもの)を作れるなら転職活動・就職活動をしてみる。
  5. 難しい場合はスクールに通い実績を作り、早めに就職する。