働きながらRUNTEQで学習するのは可能か。問題なしです

プログラミングスクール

RUNTEQで働きながら学習するのは可能かな?

今回は、このような疑問に答えていきます。

結論、RUNTEQは完全オンラインのプログラミングスクールなので、働きながらでも学習可能です。あとは自分で学習時間の調整ができれば問題ありません。

RUNTEQ

  1. RUNTEQに興味がある人
  2. プログラミングスクール探しで悩んでいる人
  3. 働きながらプログラミングスクールに通うか迷っている人
  4. RUNTEQで働きながらプログラミングの学習したいと考えている人

このような人たちを対象としています。僕の経験上、お金や学習時間の問題がクリアできているなら、早めにプログラミングの学習し転職するのがおすすめです。

僕はプログラミングスクールやIT企業の転職の経験が多少あるので、記事の信頼度は高めです。

・エンジニア歴10年以上
・IT企業転職歴も3回以上
・元プログラミングスクール運営会社社員
・現在はフリーランスエンジニアとして企業に常駐(在宅勤務)

目次

  1. 働きながらRUNTEQで学習を続けるのは可能か
    • オンラインのプログラミングスクールなので可能
    • 質問時間を調整できる人であれば働きながらでも可能
    • 東京で就職する予定であれば可能
  2. 働きながらRUNTEQで学習するコツ
    • RUNTEQはどのくらいの学習時間が必要か?
    • 働きながら学習時間を確保するために無駄な時間を減らす
    • 隙間時間で学習をする
  3. 働きながらRUNTEQで学習するメリット
    • RUNTEQで効率良く学習できる
    • 独学より確実に実務で役立つことが学べる
  4. まとめ

働きながらRUNTEQで学習を続けるのは可能か

RUNTEQで働きながら学習

働きながらRUNTEQで学習を続けられる理由がいくつかあります。代表のひさじゅさんです。

オンラインのプログラミングスクールなので可能

まずRUNTEQの代表が話しているようにオンラインでなければ働きながら学習するのは不可能でしょう。オンラインであれば仕事の前後の時間をうまく使えると、時間も取れるようになります。

質問時間を調整できる人であれば働きながらでも可能

RUNTEQでは、質問できる時間が以下のように決まっています。仕事が終わってから学習する人であれば22:00というのは、その日のうちに間に合わない可能性があります。

また、日曜日は質問ができないため土日に学習する方は質問を調整する必要があるかもしれません。

質問できる日時

平日 11:00 ~ 22:00
土曜 10:00 ~ 18:00
水・日・祝 休み

東京で就職する予定であれば可能

Ruby on Railsを使用した企業は東京に集中しているため、地方での就職は非常に難しいです。基本的には東京メインで就職活動を推奨しております。
参照元: RUNTEQ

公式でもこのように回答しています。東京でも新規案件でRailsを使う企業は減っていると思います。そのような点を考えると地方では尚更です。働きながらRUNTEQでRailsを学習したいと考えるなら、東京で就職するということを考えましょう。

どうしても地方で転職したい場合は、全国で案件を持っている転職エージェントを使う方が転職しやすいです。

runteq
  • Web系に特化したプログラミングスクール
  • 自社開発企業への就職に強い
  • プログラミングスクールの代表が好印象

まずは無料相談から

RUNTEQ

働きながらRUNTEQで学習するコツ

学習のコツ

オンラインでも学習時間を作らなければ、働きながらRUNTEQで学習するのは難しくなります。まずは1週間単位でどのくらいの学習時間を確保できるか計算しましょう。

RUNTEQはどのくらいの学習時間が必要か?

Webマスターコース 5-9ヶ月 850時間 23時間/週
Railsマスターコース 3-6ヶ月 750時間 31時間/週
Railsエンジニアコース 5-9ヶ月 650時間 18時間/週

公式で公表されている目安の時間を最大限に使ったとして計算すると、上の表では18〜31時間/週に必要になってきます。Railsマスターコースが少しきつめですが、20〜25時間/週に取れるくらいで計算しておくとよいと思います。

休日2日間で12時間くらい、平日2時間くらいの学習時間が必要ですね。すごく簡単だなと思えるような時間ではないですね。働きながらであればかなり頑張らないといけない時間です。

働きながら学習時間を確保するために無駄な時間を減らす

無駄な時間を減らそう。趣味の時間、友人と遊ぶ時間などは極力減らしましょう。少しでも学習時間を確保し早くエンジニアになれるように転職後にできることは後回しにします。もちろんたまに息抜きは必要です。

働きながらなので仕事の残業、休日出勤などもなるべく減らし、有給を使って学習したり調整できるといいと思います。

隙間時間で学習をする

朝の時間、仕事終わりの時間など仕事以外の時間を有効に使います。通勤時間なども電車であれば使いやすいです。おすすめは出勤前の時間です。朝時間がない人は多いですが、仕事が終わったあとは疲れているため、学習しても身に入らない場合が多いです。

働きながらRUNTEQで学習するメリット

RUNTEQメリット

働きながらプログラミングを学習するには、かなり大変なことです。僕の経験上ですが、働きながら独学は無駄が多すぎてスキルも身につかない、効率が悪いという状況でかなりキツかったです。

RUNTEQで効率良く学習できる

働きながらプログラミングの学習をするのであれば、実務で役立つことが最適化されたカリキュラムを使いプログラミングスクールで効率良く学習するのがおすすめです。

ある程度、自走できる人はUdemyなどの動画サイトで学習できますが、未経験者は質問ができるメンターなどいる方がつまずかないで学習を進められます。Udemyは現役エンジニアでも利用しますね。

独学より確実に実務で役立つことが学べる

独学でプログラミングを学習すると、本を一冊まるまる全部必要なことと勘違いし、特に必要でないことでもすごい時間をかけたりわからない部分に2週間も使ったりするため必要以上に時間がかかる割に、実務で必要なスキルが身についていないという状況になりやすい。

実際、現場で使っている技術がカリキュラム化されているので、プログラミングスクールでの学習は個人的にはおすすめです。自分が今エンジニアを目指すのであれば、プログラミングスクール一択です。転職成功したら無料になるスクールを選ぶかも笑

runteq
  • Web系に特化したプログラミングスクール
  • 自社開発企業への就職に強い
  • プログラミングスクールの代表が好印象

まずは無料相談から

RUNTEQ

まとめ

働きながらRUNTEQで学習することは可能なのかという点について解説してきました。エンジニアに転職するのは技術も高くなっているため年々難しくなっているように感じます。

それでもエンジニアは不足しているため、新しい人たちの力を必要としています。やり遂げてエンジニアになれるよう頑張るしかないです。

プログラミングスクールに通った体験談はこちらからご覧ください。

プログラミングスクールの体験談


MEMO
  1. 未経験の方は早めに目標を決めましょう。
  2. 何を作りたいか、どんなものを作りたいか考える。そしてそのために何を学ぶか調べます。
  3. あとは独学でやってみる(プログラムを書いてみる)
  4. 独学で実績(公開できるレベルのもの)を作れるなら転職活動・就職活動をしてみる。
  5. 難しい場合はスクールに通い実績を作り、早めに就職する。