ササエル

ササエルの評判。低価格で始めるインフラエンジニアの学習

ササエルの評判
初心者さん
ササエルの評判を知りたい。どのようなプログラミングスクールなのか気になる。

今回は、このような方に向けて書いています。

ササエルはインフラエンジニアを育成するプログラミングスクールです。ニーズの高いクラウドエンジニアを目指す方におすすめのプログラミングスクールです。

こんな方におすすめ

  • ササエルの評判を知りたい方
  • ササエルのサービス内容・特徴を知りたい方
  • クラウドエンジニア/インフラエンジニアに興味がある方

クラウドの普及に伴いクラウドエンジニアもニーズが高くなっています。即戦力のインフラエンジニアを目指したい、インフラに興味があるという方は最後までご覧になってみて下さい。

まずは無料説明会から

ササエル公式へ

この記事の信頼度

くろめがね
・エンジニア歴10年以上
・IT企業転職歴も3回以上
・プログラミングスクール運営側の経験あり
・単価約100万のフリーランスエンジニア

ササエルの特徴・サービスの内容

ササエルのサービスとは?

最初に「ササエル」というプログラミングスクールのサービスの内容や特徴についてまとめていきます。

インフラエンジニアに特化したスクール

ササエルはインフラエンジニア育成に特化したスクールです。

インフラエンジニアとは

サーバー構築・運用やネットワーク構築などのITインフラの基盤となる領域を専門とするエンジニアのことです。

今日のITインフラの発展を担う、非常に需要の高い職種と言えます。そんなインフラエンジニアの育成に特化したスクールが、ササエルです。

インフラエンジニアの需要は高い

近年のクラウドサービスの普及や、新型コロナウイルスの感染拡大防止によりテレワークが推奨されていることを受け、インフラエンジニアの需要はこれまで以上に増加しています。

また、ビッグデータの活用のためにサーバー構築等のインフラ整備も今後さらに需要が高まることが想定されます。

ITインフラの知識は、さまざまな領域の知識も必要となりますので、それらを体系的に学ぶことができるという点がササエルの強みだと言えます。

未経験でも安心

上記②で述べました通り、昨今ではインフラエンジニアへ転身されることを希望される方が増加しているようです。しかし、IT業界の実務が未経験だと、エンジニアへの転職、特にインフラなどの専門領域に特化した転職は難しいのが現状です。

そのため、ササエルではIT業界未経験、専門知識に不安がある方向けに初級コースを用意しているとのことです。

チェック

初級コースでまずはインフラエンジニアになるために必要な基礎知識を学習し、より実践的な内容の中級以上のコースに進むことができるため、未経験でもインフラエンジニアを目指すことができます。

まずは無料説明会から

ササエル公式へ

ササエルの評判の良い点

ササエルの評判の良い点

インフラエンジニアに特化したスクールであるササエルの評判の良い点・メリットを3点ほどご紹介いたします。

講師が現役エンジニアの場合

  • リーズナブルなコース料金
  • 一人一台サーバーが提供される
  • メンター制度がある

リーズナブルなコース料金

まず、最も驚くべき点として「受講料の安さ」があります。IT業界未経験の方が最初に受講することになる初級コースは以下の料金になります。(2022年1月現在)。初級コース以外は準備中となっています。

初級コース

19,800円クーポン使用で9,900円

ITインフラといった専門的な領域について2万円弱で受講できることは非常にお得と言えます。「初級コース」の価格は、まずは「自分がこの業界で学び続けることができるか」を見極めるための初期投資としても程よい価格感だとも考えられます。

そのため、迷っている方はまずは思い切って「初級コース」を受講してみることも検討してみると良いでしょう。

一人一台サーバーが提供される

ササエルでは、1人1台VPSが無料提供されます。VPSは通常月額千円〜などの有料で契約する必要がありますが、ササエルでは受講すると無償で提供されます。

VPSとは「Virtual Private Server」の略で、一台のサーバーを仮想的に複数台に分けて動作しているように見せかける技術のことをいいます。

自分でVPSを契約したり調べたりする必要がなくなるため、よりスキルの習得に集中することができます。VPSを用いることで実際に自分の手でサーバーを操作することができるため、実践レベルの操作スキル修得に繋がるというメリットがあります。

メンター制度がある

ササエルの3点目のメリットは「メンター制度」があるということです。経験豊富な現役エンジニアのメンターが受講生の学習をしっかりフォローしてくれます。

とは言え、としては「なんでもメンターが手取り足取り教える」というものではありません。ササエルの方針は以下のような流れを大切にしているようです。

ササエルの方針

  • まずは自分で触ってみる
  • わからなければ調べてみる
  • それでもどうしようもないときはメンターに聞く

これはITインフラ領域に限った話ではありませんが、実際に現場に出れば自分で解決していかなければいけない瞬間に度々直面することになります。そのため「わからなければ調べてみる」というスキルは確実に必要になります。

ササエルでは「どうしてもわからないとき」に、経験豊富なメンターが助けてくれます。

まずは無料説明会から

ササエル公式へ

評判の悪いササエルの残念な点

ササエルの評判の悪い点

ササエルのサービスで、ちょっと残念に感じる点をいくつか紹介しています。

ササエルの評判の悪い点

  • インフラに特化しているため、それ以外は期待できない
  • 中級・上級コースは調整中(2022年3月時点)
  • 転職のサポートはない

インフラに特化しているため、それ以外は期待できない

ITは非常に広い領域ですので、ただ漠然と「ITエンジニアになりたい」という願望を持ってササエルを選択すると理想と現実のギャップが生じる可能性があります。

先述の通り、ササエルは「ITインフラエンジニア育成」に特化したスクールですので、「Webデザイン」や「AI設計」などは専門としていません。

そのため、プログラミング言語を学んでアプリケーションを作るようなエンジニアになりたいという願望がある場合は他のスクールを選択する必要があります。

中級・上級コースは調整中(2022年3月時点)

ササエルでは「初級コース」「中級コース」「上級コース」の3つのコースが用意されておりますが、その中の「中級・上級コース」は開講準備中です。

そのため、初級コースまでの内容では物足りないと感じる方は中級・上級コースが開講されるまで待つ必要があります。

メモメモ

その間に復習をしたり、自分の手を動かして実際にサーバーを取り扱ってみたりして、より難易度の高い内容を理解できるように準備をしておくと良いでしょう。

転職のサポートはない

ササエルでは現在転職先の紹介等は行っていないとのことです。ただし、受講を終えた方に修了証を発行しているようで、「ササエルでインフラ技術を学んだ」という証明をすることはできるようです。

ササエルの公式サイトにも以下のような記述がありました。転職のサポートはありませんが、完全未経験でも「知識・スキルはある」という証明ができる仕組みは用意されています。

修了証を転職活動時に活用することで、自身の技術力を企業へアピールすることが可能です。

まずは無料説明会から

ササエル公式へ

ササエルの受講をおすすめする人・おすすめできない人

ササエル教える人

ササエルの受講をおすすめする人とおすすめしない人を考えてみました。

ササエルの受講をおすすめする人

中級・上級コースが始まると、より深いインフラの学習ができますが、現状では基礎の学習しかできません。基礎の学習をしてみたいという方が対象だと思います。

  • インフラの基礎を身に着けたい方
  • 低料金でインフラの学習を始めてみたい方

ササエルの受講をおすすめしない人

フルスタックエンジニアやWebエンジニアなどに必要なスキルも学びたい方には向いていません。

  • インフラ以外も学習したい方
  • インフラエンジニアとして就職を目指したい方
  • 上級インフラエンジニアを目指したい方

ササエルの評判まとめ

今回はササエルの評判について解説してきました。まだ始まったばかりで口コミも少ないため、判断が難しい状況です。まずは無料カウンセリングで確認してみましょう。

他にもインフラの技術を学べるスクールがあるので、一緒に比較してみることが重要です。他のインフラのスクールも合わせてカウンセリングを受けて確認してみてください。

単純に料金だけで決めないように注意してください。

まずは無料説明会から

ササエル公式へ

CODE×CODEは資格取得ができ、インフラエンジニアを目指すことが可能です。

CODE×CODEの評判
CODE×CODEの評判。資格を取得しクラウドエンジニアを目指すスクール

続きを見る

CCNA取得するならリナックスアカデミー

リナックスアカデミーでCCNAを取得
リナックスアカデミーでCCNA資格を取得できるのか

続きを見る

-ササエル
-