タグ:RUNTEQ


プログラミングスクール

ポテパンキャンプとランテックの違いについて解説。転職するならどちらを選ぶか口コミや評判を紹介しながら解説しています。

プログラミングスクール

安い、コスパがいいプログラミングスクールを紹介。また選ぶポイントまで解説しています。

プログラミングスクール

RUNTEQには「選考試験」や「卒業試験」があるのかという点を公式に問い合わせ「試験はない」という点を確認しました。試験がなくなったため誰でも受講可能ではありますが、自分の目的や目標と合っている場合はおすすめのプログラミングスクールであるという点を説明しています。

プログラミングスクール

RUNTEQの無料説明会に参加することで、多くのメリットがあります。学習方法やキャリアについて相談できる他、自分に受講スタイルが合うのか確認できるため、プログラミングスクールのサービスを利用しましょう。

プログラミングスクール

RUNTEQがコロナ禍でオンラインに切り替わるということで、学習したい人にどのような影響があるのかを解説しました。オンラインならではの難しい点を説明し、どのように対応するとよいのかを解説しています。

プログラミングスクール

RUNTEQで学習するVue.jsは企業側のニーズはないのか解説しています。現場でのVue.jsをサーバーサイドのエンジニアが担当しているケースが多いこと、Vue.jsのみのスキルでは厳しいことを説明しています。

プログラミングスクール

RUNTEQでは30代以上でも受講は可能ですが、他の条件があるという点を解説しています。30代からエンジニアを目指すのはかなりの努力が必要で厳しいという点を理解することを解説しています。

プログラミングスクール

RUNTEQで運営しているRUNTEQ Careerについて解説しています。RUNTEQ Careerの学習カリキュラムや企業選考カリキュラムといったサービスを利用しエンジニアに転職するのは応募者、採用側の両方にメリットがあるという点が注目です。

プログラミングスクール

RUNTEQの料金が安いのか、他のプログラミングスクールと比較しています。またプログラミングスクールの選択は料金だけでなく学習内容を考慮すべき。学習内容の違いで就職先が違ってくるためです。

プログラミングスクール

RUNTEQの就職先は自社開発企業が多いのかという疑問に答えてきました。代表のひさじゅさんが自社開発企業をすすめているため、自社開発企業、受託企業が転職先といった就職先が多いと感じました。自社開発企業へ就職を目指す方は候補に入れてみてください。