【料金比較】tech boost(テックブースト)は高い?

プログラミングスクール

tech boost(テックブースト)の料金って高いのかな?他のプログラミングスクールと比較してほしい。

今回は、このような疑問に答えていきます。

tech boost(テックブースト)の料金は転職コースでは相場で、転職保証はありません。けれども転職に強い理由がいくつかあります。

その他に現役エンジニアの僕がおすすめできる点もあるので、この後の説明をご覧になってみてください。

  1. tech boost(テックブースト)の料金が高いと感じる人
  2. tech boost(テックブースト)の受講を考えている人

この記事では、上のような人におすすめの内容となっています。

料金が気になる方は、カリキュラムやメンターの評判についても一緒に調べてみてください。サービスに対して料金が高いと感じるのであれば、そのプログラミングスクールはやめた方がいいかもしれません。

この後、テックブーストの特徴についても詳しく解説していきます。

本記事の信頼度

・エンジニア歴10年以上
・IT企業転職歴も3回以上
・プログラミングスクール運営側の経験あり
・現在はフリーランスエンジニアとして企業に常駐(在宅勤務)

techboost
  • 自社転職サービスを運営しているため、転職サポート・紹介が充実している
  • オリジナルアプリが作成できるため転職に有利

まずは無料相談から

tech boost公式を見る

目次

  1. tech boost(テックブースト)の概要や特徴
    • tech boost(テックブースト)の運営会社
    • tech boost(テックブースト)は転職サイトを運営しているため転職に強い
    • オリジナルアプリが作成できる
    • 選べる受講期間
    • 通学・オンラインのどちらでも学習プランで受講可能
  2. tech boost(テックブースト)の料金と他のスクールとの比較
    • tech boost(テックブースト)の料金
    • tech boost(テックブースト)の料金の試算
    • テックブーストとテックアカデミーの料金比較
    • テックブーストとコードキャンプの料金比較
    • テックブーストとDMM WEBCAMPの料金比較
  3. tech boost(テックブースト)の料金は総合的に見て高いか考えよう
    • 講師・メンター現役エンジニアかどうか
    • オリジナルアプリが作れるプログラミングスクールにする
    • 転職率が高く転職サポートが厚い
  4. まとめ



tech boost(テックブースト)の概要や特徴

テックブーストの特徴

tech boost(テックブースト)の料金について紹介する前に、信頼できる企業が運営しているのか、その企業はどんな企業なのか知っておくと安心できます。

01tech boost(テックブースト)の運営会社

多くのIT企業が集まる東京の渋谷に本社を構えています。設立から数年経過しており安定しているようです。

  • tech boost(テックブースト)
  • 株式会社 Branding Engineer
  • 〒150-0044
    東京都渋谷区円山町28-3 いちご渋谷道玄坂ビル5F
  • 本社(東京)・大阪・宮崎
  • [設立年月日] 2013年10月2日

02tech boost(テックブースト)は転職サイトを運営しているため転職に強い

tech boostを運営している株式会社 Branding Engineerは社員向けの転職サイトTechStarsとフリーランス向けの案件紹介サイトMidworksを運営しています。

転職サイトを運営しているため、tech boostの受講生に転職先の紹介や案件の紹介がスムーズにできるという強みがあります。

03オリジナルアプリが作成できる

0からオリジナルアプリを作成できるので、開発全体の流れを理解することができます。

また、オリジナルアプリを就職・転職のときに成果物として利用できるため、企業の評価にもつながりやすいというメリットがあります。

04選べる受講期間

3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月と自分に合った受講期間を選択できます。じっくり学びたい人、早く転職したい人など自分の計画に合わせて選ぶことができるのがおすすめです。

また、途中で計画通りにいかなくても延長可能になっているため、自分が納得いくまで学習を続けられます。

05通学・オンラインのどちらでも学習プランで受講可能

自宅でモチベーションが上がらない人は通学で、自分の時間を有効に使いたい人はオンラインでと自分の生活に合わせて受講が可能です。

教室は東京の渋谷のみとなっているため、首都圏で受講している人が対象となっています。



tech boost(テックブースト)の料金と他のスクールとの比較

テックブーストの料金

tech boost(テックブースト)の料金はどのくらいなのか、紹介していきます。メンタリングの回数を選択できるようになっているため、人によって料金が変動します。

01tech boost(テックブースト)の料金

支払額は、「入学金 + 基本料金 + メンタリング料金」と教室を利用する場合は「+ 22000円」かかるということになります。

コース スタンダードコース ブーストコース
入学金 126,500円(税込) 219,780円(税込)
基本料金 32,780円(税込)
メンタリング 4回 / 34,760円(税込)
6回 / 52,140円(税込)
8回 / 69,520円(税込)
教室利用
22,000円(税込)

02tech boost(テックブースト)の料金の試算

上記の料金表をもとに、tech boost(テックブースト)の料金を試算してみました。コースで比較すると、合計の料金の差は入学金の部分のみということになりますね。

両コースともにオンラインであれば、66,000円引けるので節約できますね。また、メンタリングの回数を4回にすると試算した金額から34,760円やすくなりますね。合わせて10万くらいは安くできる感じです。

スタンダードコースを3ヶ月、通学で受講した場合の料金

例: スタンダードコース3ヶ月受講する場合

  • 入学金 126,500円
  • 基本料金 32,780円 x 3ヶ月 = 98,340円
  • メンタリング8回 69,520円 x 3ヶ月 = 208,560円
  • 教室利用 22,000円 x 3ヶ月 = 66,000円
  • 合計 499,400円

ブーストコースを3ヶ月、通学で受講した場合の料金

例: ブーストコース3ヶ月受講する場合

  • 入学金 219,780円
  • 基本料金 32,780円 x 3ヶ月 = 98,340円
  • メンタリング8回 69,520円 x 3ヶ月 = 208,560円
  • 教室利用 22,000円 x 3ヶ月 = 66,000円
  • 合計 592,680円

03テックブーストとテックアカデミーの料金比較

  • TechAcademy
  • キラメックス株式会社
  • 東京都渋谷区渋谷1-17-4 PMO渋谷8F
  • 設立: 2009年2月2日

プログラミングスクール業界で大手のテックアカデミーは、料金も比較的安いため人気です。3ヶ月の転職コースがあるので料金の比較をしてみたいと思います。

テックアカデミーと比較すると、少し高く感じます。料金のみの比較なので、あとはどれだけ自分に合った学習ができるか、質の高い教育を受けられるかという点を考慮して決めると良いと思います。

コース TechAcademy Pro
入学金
基本料金 327,800円(税込)
メンタリング 8回 / 合計料金に含まれている
教室利用
オンラインのためなし

04テックブーストとコードキャンプの料金比較

  • コードキャンプ
  • コードキャンプ株式会社
  • 東京都品川区大崎2丁目1-1ThinkParkTower 9階
  • 設立: 2012年12月21日

CodeCamp(コードキャンプ)もプログラミングスクールでは人気で、転職コースの「CodeCamp Gate」があります。期間が4ヶ月と少し条件が変わりますが、料金の比較をしてみたいと思います。

コードキャンプの合計は、525,800円(税込)となっています。このあたりの料金を見るとtech boost(テックブースト)に近い金額となっていますね。

コース CodeCampGATE
入学金 33,000円(税込)
基本料金 492,800円(税込)
メンタリング 8回 / 合計料金に含まれている
教室利用
オンラインのためなし

05テックブーストとDMM WEBCAMPの料金比較

DMM WEBCAMPにも転職コースがあります。給付金による割引が大きく、対象者は最大56万安くなります

他にも「短期集中コース」がありますが、628,000円(税別) + (税)62,800円

  • DMM WEBCAMP
  • 株式会社インフラトップ
  • 東京都渋谷区神南1丁目19番11号パークウェースクエア`2 4階
  • 設立 2014年11月19日
コース 専門技術コース
入学金
基本料金 828,000円(税別) + (税)82,800円
給付金対象者 割引(最大56万円)
メンタリング 質問し放題
教室利用
料金に含まれる

tech boost(テックブースト)の料金は総合的に見て高いか考えよう

テックブーストの料金

tech boost(テックブースト)の料金は他の有名なプログラミングスクールと比較すると、相場であるとわかったと思います。

最初にtech boost(テックブースト)の特徴を紹介しましたが、その特徴が自分にとってメリットがあるのであれば、安いと感じるかもしれません。

さらにプログラミングスクールを選択する際に以下の点を考慮してみるといいでしょう。

01講師・メンター現役エンジニアかどうか

tech boost(テックブースト)のメンターは、現役のエンジニアのみで教育しています。カリキュラムの解説だけであれば、プログラミングスクールの卒業生でもできると思います。

ただカリキュラムの答えを教わることだけが未経験者にとって必要な学習ではないです。現役エンジニアから現場で必要なことを学ぶ方が重要だったりします。

ぜひ、現役エンジニアから教わることをおすすめします。(教え方が良くない等は、相性の問題でもあるのでどこのスクールに行ってもあるということを理解しておいてください。)

02オリジナルアプリが作れるプログラミングスクールにする

質の高いポートフォリオは転職時に有利に働きます。自分一人で評価されるポートフォリオを作るのは、かなりしんどいです。

プログラミングスクールで指摘してもらいながら作成できるのであれば、その方が転職しやすくなるでしょう。0から作る経験を転職前に経験できるのもおすすめな点です。

03転職率が高く転職サポートが厚い

教えるだけのプログラミングスクールも多いので、本当に転職したいと考えているのであれば、転職のサポートがしっかりしているスクールを選びましょう。

まとめ

tech boost(テックブースト)の料金が高いのか比較してみました。

料金だけであれば相場だということがわかりました。あとはスクールの特徴や評判を考慮して選んでください。

tech boost(テックブースト)は、僕が考えるプログラミングスクールのおすすめである以下の3つ点が網羅されているおすすめです。

  • 講師・メンターが現役エンジニアである
  • オリジナルポートフォリオが作れる
  • 転職に強く、転職サポートがしっかりしていること

もし興味があれば、カウンセリングを受けてみてください。

当サイトで申込の多いプログラミングスクール

TechAcademyの無料体験
マンツーマンでオリジナルアプリの作成ができるテックアカデミーは人気が高いプログラミングスクール。
Webエンジニア輩出実績トップクラスの【ポテパンキャンプ】
転職に強く本気でエンジニア転職を目指す人におすすめ。難易度が高いため身につくスキルも高く企業からの評価も高いのが特徴。
CodeCamp無料体験
講師を選択できるのが特徴のコードキャンプ。チャットでの質問ができないと言われていますが、オプションでチャットサポートを選択できるのがあまり知られていない。講師の評判が高いため質問しながらどんどん進みたい人向け。