テックアカデミーおすすめコースは?転職コースやフロントエンドは注意

プログラミングスクール

テックアカデミーのおすすめコース教えてほしい。どのコースを選択したらいいのかな?

今回は、このような疑問に答えていきます。

結論: テックアカデミーで僕が選択するとしたら、転職しやすさや、ニーズが高いコース、また将来的に学習しておいて損しないコースを考えて以下の3コースを選択すると思う。

「PHP/Laravelコース」、「Pythonコース」、「AIコース」。この3コースを選ぶ理由を詳しく解説していきます。

TechAcademyの無料体験

  1. テックアカデミーでどのコースを選択するか悩んでいる人
  2. プログラミングの学習している人
  3. プログラミングスクール選びで悩んでいる人

このような人を対象とした記事になっています。この記事を書いている僕の経歴は以下のような感じでWeb業界の経験が長いため信頼度は高めです。

現役の視点でおすすめコースについて解説していきます。

目次

  1. 学習するプログラム言語の選び方
    • 現在の流行のプログラム言語、フレームワークを調査する
    • 目的に合ったプログラム言語を学習する
    • 初心者向けのプログラム言語から始める
  2. テックアカデミー[TechAcademy]でおすすめコース
    • PHP/Laravelコースがおすすめコースである理由
    • Pythonコースがおすすコースである理由
    • AIコースがおすすめコースである理由
  3. テックアカデミー[TechAcademy]でコース選びでの注意点
    • TechAcademy Proの転職コースはJavaのみ
    • フロントエンドコースのみの受講はおすすめしない
  4. まとめ

学習するプログラム言語の選び方

プログラム言語の選び方

上ではテックアカデミー[TechAcademy]のおすすめコースを紹介してきましたが、プログラム言語の選び方を紹介。

僕がWebエンジニアなので、Webプログラミングを例に解説していきます。

01現在の流行のプログラム言語、フレームワークを調査する

プログラム言語やフレームワークは、流行があります。現在どのような言語が人気なのか調査しておく。ニーズがないと転職が厳しくなるということを理解しておきましょう。

02目的に合ったプログラム言語を学習する

例えば、自社開発企業に転職したい未経験者がJavaを学習しても目的とスキルがマッチしていないため、同じ未経験者が面談にきた場合はスキルがマッチしている方を採用します。もちろん、今までの経歴やヒューマンスキルも評価されますが。

そのために、まずはどのようなエンジニアを目指したいのか決めろと言われます。WebエンジニアであればJava, PHP, Rails, Python, Goあたりになりますが、iPhoneアプリを開発したい人にはマッチしません。

03初心者向けのプログラム言語から始める

よく大学時代にC言語を学習して挫折したとか、Javaをやったことあるけどまったくわからなかったという話を聞きます。いきなり難しいプログラム言語から始めると難しくてプログラムが好きになれません。

最初は簡単と言われているプログラム言語からはじめて楽しいと感じる事が大事かと思います。

テックアカデミー[TechAcademy]でおすすめコース

テックアカデミーのコース
参照元: TechAcademy

現役エンジニアの僕がおすすめするテックアカデミーのコースは冒頭で3コース紹介しましたが、理由を解説していきます。

  • PHP/Laravelコース
  • Pythonコース
  • AIコース

01PHP/Laravelコースがおすすめコースである理由

選ぶ理由は単純にニーズが高いからです。Laravelの人気はまだ高いため転職に有利であるという点です。PHPというプログラム言語がこの先人気が続くかというと微妙だと思いますが、2020年11月現在では、まだ人気もある。

Railsを教えるプログラミングスクールが多いですが、企業のニーズはそれほどでもない。案件数などもPHPの方が多い。またRailsはスタートアップ企業で使われるため初心者を欲しいという企業も少なめである。

もう1点は、学習しやすいプログラム言語であるという点。初心者が挫折しない程度のプログラム言語なのでおすすめにしました。

02Pythonコースがおすすコースである理由

Pythonの伸びは、しばらく止まらないと思います。初心者が転職するために学習するのは微妙(初心者を欲しがる企業は少ない)。けれども将来的に無駄にならないコースだという点で選択しました。

僕がいるプロジェクトでもサーバサイドはRailsですが、画像解析でPythonを使っています。分析、解析などではPython一択という点、学習しやすいという点も考慮しおすすめコースにしました。

03AIコースがおすすめコースである理由

techacademy-python
参照元: TechAcademy

こちらのコースを選択した理由もPythonコースと同じ理由です。AIコースでは、Pythonでは必須のライブラリを使って学習するため、使い方など学べる部分が多い。

おまけですが、AIコースと似ているデータサイエンスコースも紹介しておきます。

データサイエンスコース

AIコースとデータサイエンスコース比較表
参照元: TechAcademy

上の比較表でわかる通り、数学的な知識を活かせるのは、データサイエンスコースなので数学が得意、知識があるなどの人はこちらのコースでもいいと思う。

テックアカデミー[TechAcademy]でコース選びでの注意点

注意点

テックアカデミーでコースを選ぶときの注意点を解説します。

01TechAcademy Proの転職コースはJavaのみ

転職率が高いTechAcademy Proというコースがあります。こちらで学習するプログラム言語はJavaになっています。

SIerなどに転職希望であれば、おすすめコースとなっていますが、自社開発企業に転職したいという希望がある場合は企業のニーズと合っていないため注意が必要。

ただしJavaができる人はいろんな言語に対応できると考えて積極的に採用する企業もあるため、企業によりますが、その場合でも転職先で新しいプログラム言語を学習して習得する必要が出てくるため、入社後から苦労する場合もある。

02フロントエンドコースのみの受講はおすすめしない

フロントエンドエンジニアになりたい。そう思ってフロントエンドコースのみ学ぼうとしている人は考えなおしましょう。このコースではVue.jsをメインで学習しますが、Vue.jsのみできても企業側のニーズはないため無駄になります。

現場では、Vue.jsはサーバーサイドエンジニアが対応しているところも多いです。

Webエンジニアの基本はサーバーサイドになります。フロントエンドの学習したいのであれば、サーバーサイドの言語を一つでもしっかり学習した後で問題ないです。

さらに副業でおすすめコースとしてフロントエンドコースをすすめている人がいますが、未経験者ができるVue.jsの副業はまったくないので注意が必要です。副業ならまだWordPressコースの方がおすすめです。

03Webアプリケーションコースを受講するのであればRails専門のスクールを選ぶ

Railsを専門で教えているプログラミングスクールは多く、Railsを学習する人の多くは転職先に自社開発企業を希望しています。

自社開発企業へ就職するという目的でRailsを学習するのであれば、ポテパンキャンプやRUNTEQといったプログラミングスクールを選ぶ方がおすすめです。

まとめ

テックアカデミーの転職保証のコースでは、転職できる可能性は高いですが、Javaでの学習となるため就職先の企業が自社開発企業以外の可能性が高い。受講する場合はそのあたりを考慮しましょう。

フロントエンドのコースは単体では使いどころがないため、サーバーサイドのコースとセット以外では選択しない方がいいと思います。副業であればWordPressコース一択という感じです。

以上が僕がテックアカデミーでおすすめする受講の仕方でした。参考になると幸いです。


当サイトで申込の多いプログラミングスクール

TechAcademyの無料体験
マンツーマンでオリジナルアプリの作成ができるテックアカデミーは人気が高いプログラミングスクール。
Webエンジニア輩出実績トップクラスの【ポテパンキャンプ】
転職に強く本気でエンジニア転職を目指す人におすすめ。難易度が高いため身につくスキルも高く企業からの評価も高いのが特徴。
CodeCamp無料体験
講師を選択できるのが特徴のコードキャンプ。チャットでの質問ができないと言われていますが、オプションでチャットサポートを選択できるのがあまり知られていない。講師の評判が高いため質問しながらどんどん進みたい人向け。