プログラミングスクール

本サイトはプロモーションが含まれています。

テックアカデミーおすすめコースは?転職コースやフロントエンドは注意

テックアカデミーおすすめコースは?
初心者さん
テックアカデミーのおすすめコース教えてほしい。どのコースを選択したらいいのかな?

このような疑問をお持ちの方に向けて書いています。

テックアカデミーで僕が選択するとしたら、どのようなコースを選択するのかおすすめのコースを紹介します。

僕の場合は現役フリーランスなので、この記事をご覧の方と条件が合わないため、「未経験」、「20代」、「仕事しながら転職」といった設定でコース選びしてみたいと思います。

こんな方におすすめ

  • テックアカデミーでどのコースを選択するか悩んでいる人
  • プログラミングの学習している人
  • プログラミングスクール選びで悩んでいる人

現役フリーランスエンジニアの僕が選ぶコースを参考にしたい方は、最後までご覧になってみてください。

まずは無料相談から

TechAcademyの無料体験

この記事の信頼度

くろめがね
・エンジニア歴10年以上
・バックエンドがメインでフロント開発も行うフルスタック
・プログラミングスクール運営側の経験あり
・単価約100万↑のフリーランスエンジニア

学習するプログラム言語とコースの選び方

プログラム言語とコースの選び方

テックアカデミーでコース選びをする前に、自分の目的や業界のニーズを理解しておく必要があります。どのプログラム言語を学ぶか、テックアカデミーのどのコースを受講すべきか総合的に判断すべきです。

現在の流行のプログラム言語、フレームワークを調査する

プログラム言語やフレームワークは、流行があります。現在どのような言語やフレームワークが人気なのか調査しておきましょう。ニーズがないと転職が厳しくなるということを理解しておきましょう。

目的に合ったプログラム言語を学習する

例えば、自社開発企業に転職したい未経験者がJavaを学習しても目的とスキルがマッチしていないため、同じ未経験者が面談にきた場合はスキルがマッチしている方を採用するでしょう。

もちろん、同条件の場合です。それにプラスして今までの経歴やヒューマンスキルも評価されます。

チェック

そのためスキルマッチは重要です。スキルマッチするために、「どのようなエンジニアを目指したいのか決めろ」と言われます。

例えば、WebエンジニアであればJava, PHP, Rails, Python, Goあたりになりますが、それで業務アプリを開発したいと言ってもスキルマッチしなくなってしまいます。

初心者向けのプログラム言語を選択する

よく大学時代にC言語を学習して挫折したとか、Javaをやったことあるけどまったくわからなかったという話を聞きます。いきなり難しいプログラム言語から始めると難しくてプログラムを好きになれません。

最初は簡単と言われているプログラム言語からはじめて楽しいと感じる事が大事かと思います。

ココに注意

やりたいことが決まっていて、難しい言語にチャレンジしなければならない場合は仕方がありません。

テックアカデミーのおすすめコース3選

テックアカデミーのおすすめコース

冒頭で紹介した条件でテックアカデミーのコースを選ぶとしたら以下の3コースから選択したいと思います。理由も合わせて紹介します。

チェック

  • PHP/Laravelコース
  • テックアカデミーPro
  • iPhoneアプリ/Android

PHP/Laravelコース【おすすめコース①】

選ぶ理由は単純にニーズが高いからです。Laravelの人気はまだ高いため転職に有利であるという点です。PHPというプログラム言語がこの先ずっと人気が続くかというと微妙だと思いますが、まだ数年は人気が続くでしょう。

Railsを教えるプログラミングスクールが多いですが、Railsはスタートアップ企業で使われるため初心者を欲しいという企業は限られており、転職の競争率が高くなってしまいます。

Railsと比較すると案件数はPHPの方が多いです。もう1点は、学習しやすいプログラム言語であるという点。初心者が挫折しない程度のプログラム言語なのでおすすめにしました。

チェック

PHPのスキルが身につくと、エンジニアとして活躍することは可能ですし、さらにWordPressといったCMSの案件も対応できるようになります。

テックアカデミーのRubyが学べるWebアプリケーションコースを解説。

テックアカデミーでRubyを学ぶ難易度
テックアカデミーでRubyが学べるWebアプリケーションコースの難易度

続きを見る

転職保証付きテックアカデミーPro【おすすめコース②】

転職保証付きのコースでテックアカデミーProでは、転職に失敗した場合に「全額返金」の転職保証が付いています。このコースは転職成功しやすいためおすすめコースに選びました。

まとめると以下のような特徴があります。

チェック

  • 教育訓練給付金の対象のコースになっているため「最大70%」支給される
  • 転職失敗しても全額返金される
  • Javaのニーズが高いため就職・転職しやすい

iPhoneアプリ/Android【おすすめコース③】

未経験者がを対象に教えているプログラミングスクールの多くはWebエンジニアを目指すカリキュラムになっています。Webは初心者向きではありますが、競争率が高く良い企業への就職するためには難易度が高くなります。

ニーズが高くライバルが少ないiPhoneアプリやAndroidアプリのエンジニアを目指すという方法は、かなり「ありよりのあり」だと思います。

将来性も高く、自分で開発したアプリで収入を得るという方法もあります。

テックアカデミーのおすすめコースでも注意点があります

コース選びの注意点

テックアカデミーでコースを選ぶときの注意点を解説します。

TechAcademy Proの転職コースはJavaのみ

上でおすすめコースとして紹介した転職率が高いTechAcademy Proというコースで学習するプログラム言語はJavaになっています。

SIerなどに転職希望であれば、おすすめコースとなっていますが、自社開発企業に転職したいという希望がある場合は企業のニーズと合わなくなる可能性があるため注意が必要です。

チェック

ただしJavaができる人はいろんな言語に対応できると言われています。その点を含めて積極的に採用する企業もあるため、Javaの選択は悪くはないです。個人的にはJavaはエンジニア人生で一度はやっといたほうがいいプログラム言語です。

フロントエンドコースのみの受講はおすすめしない

フロントエンドエンジニアになりたい。そう思ってフロントエンドコースのみ学ぼうとしている人は考えなおした方がいいかもしれません。

このコースではVue.jsをメインで学習しますが、Vue.jsのみで就職・転職したいと考えるのは厳しいです。ニーズはほとんどないといっていいでしょう。

バックエンドの言語が何かできる場合に、プラスして学ぶというのが、このフロントエンドコースの利用の仕方かなと思います。

現場でVue.jsを担当する人の場合

現場では、Vue.jsはバックエンドエンジニアが対応しているところも多いです。

Webエンジニアの基本はサーバーサイドになります。フロントエンドの学習したいのであれば、バックエンドの言語を一つでもしっかり学習した後で問題ないです。

ココに注意

さらに副業でおすすめコースとしてフロントエンドコースをすすめている人がいますが、未経験者ができるVue.jsの副業はまったくないので注意が必要です。副業ならまだWordPressコースの方がおすすめです。

テックアカデミーのフロントエンドコースについて解説

テックアカデミーのフロントエンドで転職・副業は可能?
テックアカデミーのフロントエンドコースは転職が可能か。副業は!?

続きを見る

Webアプリケーションコースを受講するのであればRails専門のスクールを選ぶ

Railsを専門で教えているプログラミングスクールは多く、Railsを学習する人の多くは転職先に自社開発企業を希望しています。

自社開発企業へ就職するという目的でRailsを学習するのであれば、ポテパンキャンプやRUNTEQといったプログラミングスクールを選ぶ方がおすすめです。

関連記事で紹介しているポテパンキャンプやRUNTEQの比較記事もご覧ください。

自社開発企業への転職希望者はポテパンキャンプかRUNTEQどちらで学ぶ?

ポテパンキャンプとランテックを比較
【比較】ポテパンキャンプとランテックの違い。転職するならどちらを選ぶ

続きを見る

テックアカデミーおすすめコースまとめ

まとめ

テックアカデミーでどのようなコースを選ぶか悩んでいる方は、僕の選択を参考にしてみてください。

自分の目的に合ったコース選びをし、その分野でおすすめのプログラミングスクールを選ぶのも重要です。

チェック

さらに重要なのは、しっかり学習時間を取り自走力を身につけることです。テックアカデミーで問題解決するアドバイスをもらいながら、スキルアップしてみてください。

まずは無料相談から

TechAcademyの無料体験

テックアカデミーの評判についての記事も合わせてご覧ください。

テックアカデミーの評判
テックアカデミーの評判。現役フリーランスが人気の理由を丁寧に解説

続きを見る

-プログラミングスクール