テックアカデミーの勉強法。質問テンプレートで正しい回答を得よう

プログラミングスクール

テックアカデミーを受講する際に、どのような勉強法がいいのかな?

今回は、このような疑問に答えていきます。

テックアカデミーはオンライン対応のスクールで、マンツーマンで専属メンターがついており、15時~23時までのチャットでの質問対応をしています。

メンターを上手に利用しながら行う「テックアカデミーを使いこなすおすすめの勉強法」について3つ紹介していきます。

  1. 自分で調べて分からなかったら質問する
  2. 質問対応している時間にカリキュラムを進める
  3. メンタリングで講師に質問する内容を事前にまとめる

これからテックアカデミーに通おうと考えている人には必見の内容となっておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

▼テックアカデミーの評判について興味がある方は合わせて関連記事をご覧ください。

本記事の信頼度

・エンジニア歴10年以上
・IT企業転職歴も3回以上
・プログラミングスクール運営側の経験あり
・現在はフリーランスエンジニアとして企業に常駐(在宅勤務)



目次

  1. テックアカデミーを使いこなすおすすめの勉強法3選
    • 自分で調べて分からなかったら質問する
    • 質問対応している時間にカリキュラムを進める
    • メンタリングで講師に質問する内容を事前にまとめる
  2. テックアカデミーは3つの勉強法を使っても初学者には難しい?
    • 初学者が完走できない場合もある
    • 上達するコツは正しい回答を得ること
  3. まとめ

テックアカデミーを使いこなすおすすめの勉強法3選

おすすめの勉強法3選

こちらではテックアカデミーを使いこなすおすすめの勉強法について3つ紹介します。

01自分で調べて分からなかったら質問する

テックアカデミーを使いこなす1つ目の勉強法としては、「自分で調べて分からなかったら質問する」ということです。

テックアカデミーはオンライン完結のプログラミングスクールなので、質問をするときはメンターとのマンツーマンでの勉強以外はテキストでのコミュニケーションになります。

分からないことが出てきたときに質問をするときは、エンジニアの仕事ではテキストでのやり取りが圧倒的に多いです。

どのように質問するのか…

分からないことが出てきたときに質問をしようと思っても、どうやって質問をすれば良いか分からなかったり、思うような回答が得られないことがあると思います。

そんな悩みを解消するために、下記に質問テンプレートの具体例を用意しましたので、そちらを参考に質問をしてみてください。

これは使えそうだね!

質問テンプレート

質問 カリキュラムの◯章の〇〇の課題について質問です。(スクールのカリキュラムのurl)
やりたいこと フォームの枠の右側に虫眼鏡のアイコンを配置したいです
やってみたこと inputタグに対してbackground-imageとbackground-positionを用いて表示させようとしたら、左側に配置されてしまい上手く実装できなかったです。
参考にしたもの 「フォーム内 アイコンを配置」で調べて、参考記事を読んで途中まで進めました。(記事のurl)
まとめ CSSが原因だと考えていますが、自分で調査してもどこでエラーが発生しているかが分からなかったため、質問させていただきました。

これは何をどこまでやってみたのかわかりやすい質問!

いうような形で質問をすると、テックアカデミーのメンターは答えまでは教えてくれないですが、エラーが出ている原因を特定して、実現したいことをどうやって実装するかについてのヒントや参考記事などを教えていただけます。

プログラミングスクールを使いこなせるかどうか

こうした質問するテンプレートを持っているかどうかで、プログラミングスクールを使いこなせるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

注意点

質問をするときはエラーが出たときに最初の30分は自分でエラーの原因がどこにあるのかを調べてそれでも分からなかったときに質問をするようにしましょう。

自分で考えたりせずに「〇〇でエラーが出ていて分かりません」という思考停止の質問をすると、受講生が成長しないため、すぐに答えを教えてもらいたい人にはテックアカデミーは不向きかもしれません。

逆に言えば、今までの人生で自分で考える習慣がなかった人はテックアカデミーの環境を使って、自分で考えることにチャレンジするきっかけにもなります。

そこをどう捉えるかは受講する人次第です。

02質問対応している時間にカリキュラムを進める

テックアカデミーを使いこなす2つ目の勉強法としては、「質問対応している時間にカリキュラムを進める」ことです。

テックアカデミーの質問対応している時間は15:00から23:00まで対応しています。テックアカデミーのカリキュラムの課題を取り組むなら15:00から23:00の間で集中して取り組むことをおすすめします。

質問対応している時間であれば、基本的に返信がすぐにすぐに返って来ることがほとんどです。どんなに遅くても30分以内には質問の回答が返ってくるかと思います。

勉強のサイクルを作る

質問対応している時間にエラーが出て、30分自分で考えたり調べたりしてそれでも分からなければすぐに質問をして回答をいただき、その回答をもとに自分でもう一度やってみるという勉強のサイクルを作れると学習がスムーズに進みます。

テックアカデミーに限らず、プログラミングを学習するまとまった時間を作れるかどうかでプログラミングスクールのカリキュラムを最後までやり切れるかどうかが決まります。

プログラミングスクールを上手に使いこなす人は、時間の使い方を意識してプログラミング学習に取り組んでいる人が多いです。

注意点

もしこれからプログラミングスクールに通うことを検討している人は、どこでプログラミングを勉強する時間を作るかを事前に決めてから受講するようにしましょう。

03メンタリングで講師に質問する内容を事前にまとめる

テックアカデミーを使いこなす3つ目の勉強法としては、「メンタリングで講師に質問する内容を事前にまとめる」ことが重要です。

テックアカデミーでは週2回の30分のメンタリングと呼ばれるカリキュラムの進捗報告と分からないことを現役エンジニアに質問できる時間があります。

現役エンジニアに直接質問できる機会は中々ないため、30分という限られた時間の中で質問するときは何を聞きたいかと何が理解できていないかをメンタリングをする前に整理しておく必要があります。

マンツーマンで学べる機会は有意義…

テックアカデミーのような現役エンジニアが講師でマンツーマンで学べるプログラミングスクールを使いこなすためには、エラーが出たときにどうやって解決をしているのかをメンタリングを通して学べるだけでも非常に有意義なものになります。

テックアカデミーを卒業して今現場で働いている人もテックアカデミーの現役エンジニアとのライブコーディングで勉強したことが現場で活きているという声もあるよね

テックアカデミーに限らず、現役エンジニアから学べる時間は非常に貴重ですので、メンタリング前に質問したいことをまとめたり、何を理解できるようにしたいかなどをまとめておくだけで学習が捗るようになります。

注意点

テックアカデミーに限らず、現役エンジニアに質問できる環境にある人は質問内容を事前にまとめてから質問するようにしましょう。

テックアカデミーは3つの勉強法を使っても初学者には難しい?

3つの勉強法を使っても初学者には難しい

テックアカデミーのカリキュラムは最終課題のオリジナルアプリの作成の難易度が高いです。初学者がクリアするのは無理なのでしょうか?

この後、深堀りしていきます。

01初学者が完走できない場合もある

テックアカデミーのカリキュラムはプログラミング初学者にとって難しいと感じる内容になっており、最後までカリキュラムを進めることができない人がいることも事実です。

逆に最後までテックアカデミーのカリキュラムを完走できるようになると、プログラミング初学者を完全に卒業することができるレベルに到達できます。

02上達するコツは正しい回答を得ること

テックアカデミーに限らず、プログラミングスクールで質問をするときは以下の点を伝えた上で質問をすれば、自分が欲しい回答を得られるようになります。

欲しい回答を得られると、難しいと感じた問題の解決方法を知ることができます。

  • 自分でどこまで進めたか
  • どんなキーワードで調べたか

上で紹介した質問テンプレートを参考にして質問をするよう習慣にしましょう。

まとめ

本記事では「テックアカデミーを使いこなす勉強法」について解説しました。

現役エンジニアとマンツーマンで学べて、分からないことが出てきたときに質問できる環境で、それ以外の時間で自学自習ができる環境でプログラミングを勉強したいという人はテックアカデミーがおすすめです。


当サイト申し込みが多いプログラミングスクール

人気があるプログラミングスクールには、理由があります。

気になった方は候補に含めてみてください。