テックアカデミーの課題をやりきる方法!気づいたらできている

プログラミングスクール

テックアカデミーの課題が難しいという口コミが気になる。初学者は受講するのは無理かな?

今回は、このような悩みに答える内容となっています。

「テックアカデミー 評判」と調べると、「カリキュラムの内容や課題が難しい」という口コミがたくさん出てきます。

プログラミングをやったことがない人からすると、

「どれくらい難しい?」
「テックアカデミー以外のスクールを探したほうが良いのか?」

など色んな不安を抱くはずです。

本記事では「テックアカデミーの課題は難しいのか?」について解説していきます。

記事の内容としては以下の通りです。

  1. テックアカデミーの課題は難しい
  2. テックアカデミーで挫折する人の特徴
  3. テックアカデミーの課題を最後までやり切るには?

テックアカデミーが気になっているという人は最後まで読んでみてください。

▼テックアカデミーの評判について知りたい方は関連記事も合わせてご覧ください。

本記事の信頼度

・エンジニア歴10年以上
・IT企業転職歴も3回以上
・プログラミングスクール運営側の経験あり
・現在はフリーランスエンジニアとして企業に常駐(在宅勤務)



目次

  1. テックアカデミーの課題は難しい
    • テックアカデミーの課題はプログラミングを始めたばかりの人には難しい
    • テックアカデミーの課題は後半に進むにつれて難しくなる理由
    • テックアカデミーで実務に近い練習
  2. テックアカデミーの課題で挫折する人の特徴
    • 手取り足取り教えてもらえると思っている
    • プログラミングを勉強するまとまった時間を確保できない
    • プログラミングを勉強する目的が曖昧
  3. テックアカデミーの課題を最後までやり切るには?
    • メンターに相談しながら進める
    • しつこくやり切る気持ち
  4. まとめ

テックアカデミーの課題は難しい

テックアカデミーの課題は難しい

こちらでは「テックアカデミーの課題は難しいのか?」について解説していきます。

01テックアカデミーの課題はプログラミングを始めたばかりの人には難しい

結論から申し上げると、テックアカデミーの課題はプログラミングを始めたばかりの人には難しい内容になっており、後半に進むにつれて課題の難易度が上がっていきます。

ProgateでHTMLとCSSを勉強した後に、HTMLとCSSの書籍を用いてローカル環境(ご自身のパソコン)でホームページを1つ模写できるレベルの人でもテックアカデミーの課題をこなすのは大変です。

02テックアカデミーの課題は後半に進むにつれて難しくなる理由

テックアカデミーの課題は後半に進むにつれて、テックアカデミーのカリキュラムには載っていない追加実装を自分で調べて取り組む必要があります。

カリキュラムには載っていないことを自分で調べて、色んな実装方法を検証をしなければならないため難しいのです。

03テックアカデミーで実務に近い練習

初学者からしたらこれは実務と言っても良いくらいの負荷だと思います。

ですが、これからエンジニアに転職したいと本気で考えている人からしたら、プログラミングスクールで実務に近い練習を取り組めているのはものすごくラッキーな環境と言っても良いでしょう。

テックアカデミーの課題で挫折する人の特徴

課題で挫折する人

こちらではテックアカデミーの課題で挫折する人の特徴について解説していきます。

テックアカデミーの課題を最後までやり切ることができず、プログラミングスクールで挫折してしまう人にありがちな特徴は3つです。

  • 手取り足取り教えてもらえると思っている
  • プログラミングを勉強するまとまった時間を確保できない
  • プログラミングを勉強する目的が曖昧

それぞれの特徴について見ていきましょう。

01手取り足取り教えてもらえると思っている

テックアカデミーで挫折する人の特徴としては、「プログラミングスクールは手取り足取り教えてもらえると思っている」人が多いです。

手取り足取り教えてもらおうとする人に共通しているのは、自分で考えることや調べることに慣れていないのもありますが、それ以上に自分で考えたり調べるという泥臭い作業をやりたくない人がほとんどです。

プログラミングの学習をあまく見すぎてるな…

エンジニアの仕事は自分の頭で考えて、調べる作業がほとんどなので、こうした泥臭い地味なことができない人はエンジニアの適性がありません。

テックアカデミーは自走力を身につける目的

テックアカデミーは受講生が自分の頭で考えて、自走力を身につけることを目的としているため、すぐに答えを教えてくれるわけではなく、解答に近づくためにどうすれば良いかを導くところまでをサポートしています。

課題の答えやエラーが出たときにすぐにメンターに答えを教えてもらいたいと考えている人にはテックアカデミーは向いていません。

02プログラミングを勉強するまとまった時間を確保できない

テックアカデミーで挫折する人の特徴としては、「プログラミングを勉強するまとまった時間を確保できない」人です。

これはテックアカデミーに限らず、他のプログラミングスクールに通っている人にも共通して言えますが、プログラミングはそもそも簡単ではないですし、習得するのに時間がかかります。

3ヶ月で転職成功した人ってかなり努力した人だと思うよー

大学生やサラリーマンなど休憩時間や仕事終わりの時間や休日のまとまった時間が作って勉強できない人は、プログラミングスクールに通ってもスクールの課題を最後までやり切ることができない人がほとんどです。

忙しすぎて時間が作れないという人は、まずはプログラミング学習に集中する時間を作るところから始めましょう。

03プログラミングを勉強する目的が曖昧

テックアカデミーの課題で挫折してしまう人の特徴としては、「プログラミングを勉強する目的が曖昧」な人が多いです。

テックアカデミーに限らず、他のプログラミングスクールに通ったとしても、

「プログラミングスクールに通って卒業後エンジニアとして転職したい」
「プログラミングスクールを卒業するまでに自分だけのオリジナルのポートフォリオを作れるようになりたい」

など目的を明確にしているかどうかで勉強のモチベーションが変わってきます。

プログラミングスクールに通う目的が明確だと難しい課題にぶち当たったときに、「何のためにプログラミングスクールに通っているのか?」を振り返ることができます。

絶対にエンジニアになるんだー

初心に帰ったときに目的が明確だと、最後まで諦めずにプログラミングに取り組むことができます。それだけプログラミングを勉強する目的を明確にすることは大切です。

テックアカデミーの課題を最後までやり切るには?

課題をやり切る

こちらでは「テックアカデミーの課題を最後までやり切るにはどうすれば良いか?」について解説していきます。

テックアカデミーの課題は独学でプログラミングを少し勉強してきた人でも、後半に進むにつれてカリキュラムには載っていない課題が出題されるため、難しいと感じるはずです。

01メンターに相談しながら進める

自分で考えてみてそれでも分からない場合は、自分で調べたキーワードと参考記事と実装したコードを共有してメンターに質問するようにしましょう。

02しつこくやり切る気持ち

テックアカデミーの課題を最後までやり切るためには、最後は精神論ですが出来るようになるまでしつこく取り組むことが大切です。

実際にテックアカデミーを最後までやり切った卒業生は、「課題が難しかったけどやり切って自信になった」と言っています。

まとめ

本記事では「テックアカデミーの課題は難しいのか?」について解説しました。

これから実務未経験からエンジニアになりたいと考えているプログラミング初学者からすれば、テックアカデミーの課題は難しいです。

ですが、自分で考えて分からないことが出てきたら、チャットで現役エンジニアに質問ができる環境なので、その環境を使いこなせるかどうかは受講生次第です。

プログラミングを始めたばかりのときは自分の頭で考えたり、調べる作業が完璧にできなくても全然問題ないですが、できるようになるまで取り組めば気づいたらできるようになっています。

だから最初はすぐに出来るようになろうとするのではなく、長い目でプログラミングを取り組んでみてください。


当サイト申し込みが多いプログラミングスクール

人気があるプログラミングスクールには、理由があります。

気になった方は候補に含めてみてください。