テックブーストのカリキュラムでエンジニアになれるのか

プログラミングスクール

tech boost(テックブースト)のカリキュラムを学んでエンジニアに転職できるかな?

今回は、このような疑問に答えていきます。

tech boost(テックブースト)のカリキュラムは、十分エンジニアなれる内容のものとなっています。

  1. tech boost(テックブースト)のカリキュラムの内容を知りたい人
  2. tech boost(テックブースト)で学習してエンジニアに転職が可能かどうかを知りたい人

この記事では、上の内容を知りたい方を対象としています。

プログラミングを学び始めて、独学では難しいと感じてプログラミングスクールを探し始め、この記事にたどり着いたかもしれません。

そのような方は、tech boost(テックブースト)で学習してエンジニアに転職できるかどうかを知りたいですよね。

この記事を読むと、エンジニアに転職できるレベルの学習ができるのかを理解できます。最後までご覧になり、無料カウンセリングを受けてみてください。

本記事の信頼度

・エンジニア歴10年以上
・IT企業転職歴も3回以上
・プログラミングスクール運営側の経験あり
・現在はフリーランスエンジニアとして企業に常駐(在宅勤務)

techboost
  • 自社転職サービスを運営しているため、転職サポート・紹介が充実している
  • オリジナルアプリが作成できるため転職に有利

まずは無料相談から

tech boost公式を見る



目次

  1. tech boost(テックブースト)のカリキュラムについて
    • スタンダードコースの内容
    • ブーストコースの内容
    • tech boost(テックブースト)の2コースの料金
    • 2コースはカスタマイズが可能
  2. tech boost(テックブースト)のカリキュラムを現役フリーランスエンジニアが評価
    • ブーストコースのオリジナルアプリの開発はおすすめ
    • PHPが学べる
  3. tech boost(テックブースト)で学習するとエンジニアになれるか解説
    • オリジナルアプリで転職する際に評価が高い
    • tech boost(テックブースト)が運営している転職サービスを使える
    • 現役エンジニアとのメンタリングで学べる
  4. まとめ

tech boost(テックブースト)のカリキュラムについて

テックブーストのカリキュラム

tech boost(テックブースト)ので学習できるコースは、以下の2つです。基本を学習するす「スタンダードコース」とオリジナルアプリの開発ができる「ブーストコース」。

  • スタンダードコース
  • ブーストコース

01スタンダードコースの内容

スタンダードコース学習内容
参照元: tech boost

スタンダードコースは、カリキュラムに沿って基本を学習します。公式サイトには書いていませんが、PHPとRuby on Railsを選択できるようになっています。

ベーシックタームの説明がないですが、おそらく以前の公式でいうところのプログラミングの基本学習に相当するものだと思います。ログイン機能や投稿機能など一般的なWebアプリケーションについて学習ができます。

  • HTML / CSS
  • ベーシックターム
  • 追加機能を1つ開発

02ブーストコースの内容

ブーストコースの概要
参照元: tech boost

ブーストコースは、スタンダードコースと同様,HTML、CSSの学習をし、ベーシックタームをし、その後に要件定義やオリジナルアプリの開発に入ります。

スタンダードコースとの大きな違いは、自分で考えたオリジナルアプリケーションを作るという点です。

  • HTML / CSS
  • ベーシックターム
  • 要件定義 / ユーザー定義
  • オリジナルWebアプリケーション開発

03tech boost(テックブースト)の2コースの料金

tech boost(テックブースト)の2つ料金は以下になっています。入学金以外は同じになっています。

コース スタンダードコース ブーストコース
入学金 126,500円(税込) 219,780円(税込)
基本料金 32,780円(税込)
メンタリング 4回 / 34,760円(税込)
6回 / 52,140円(税込)
8回 / 69,520円(税込)
教室利用
22,000円(税込)

042コースはカスタマイズが可能

上でそれぞれのカリキュラムの内容について紹介しましたが、以下のように自分でカスタマイズすることが可能な部分があります。

  1. PHP / Ruby on Railsから選択が可能
  2. メンタリングの回数を選択できる
  3. 学習期間を選択が可能

tech boost(テックブースト)のカリキュラムを現役フリーランスエンジニアが評価

カリキュラムを評価

tech boost(テックブースト)のカリキュラムのおすすめできる点を解説していきます。

01ブーストコースのオリジナルアプリの開発はおすすめ

tech boost(テックブースト)のオリジナルアプリの開発は、現役フリーランスエンジニアの僕が見てもおすすめなカリキュラムとなっています。理由は以下になります。

  • 就職・転職時に実績として、オリジナルアプリを提出できる
  • 0->1の開発を経験できる
  • 開発全体の流れをすべて経験できる(要件定義からデプロイまで)

02PHPが学べる

個人的にPHPは一番汎用性の高いプログラミング言語だと思っています。PHPを学習するといろんな目的に対応できます。

  • エンジニア転職したいという人
  • 副業でWordPressの案件に携わりたいという人
  • 初心者でプログラミングを始めたいという人

PHP/Laravelのスキルを身に着けて、エンジニアに転職するという道を選択することができます。

また、エンジニア転職が厳しい、副業でWordPressで稼ぐという感じでシフトチェンジすることも可能です。WordPerssはPHPで作られているので、PHPをマスターするより簡単です。

他にも初心者には難易度が低いプログラミング言語から始めるのがすすめられているので、PHPからはじめてみてもいいと思います。

tech boost(テックブースト)で学習するとエンジニアになれるか解説

エンジニアになれるのか

tech boost(テックブースト)で学習すると、エンジニアになれます。理由は以下の点です。

  • オリジナルアプリで転職する際に評価が高い
  • tech boost(テックブースト)が運営している転職サービスを使える
  • 現役エンジニアとのメンタリングで学べる

01オリジナルアプリで転職する際に評価が高い

上で解説した通り、転職する際にオリジナルアプリの評価が高いという点です。

他のプログラミングスクールであれば、卒業生が同じ内容のアプリを提出してくるため、企業の採用担当者は、そのプログラミングスクールの卒業生の履歴書は見ないで不採用にするということもあるといいます。

そういう点を考えるとオリジナルアプリをカリキュラムで作成できるという点はかなり評価が高いということがわかります。

02tech boost(テックブースト)が運営している転職サービスを使える

tech boost(テックブースト)は、TechStarsというエンジニア転職サービスを提供しています。さらにフリーランスエンジニア向けの案件紹介サービスMidworksも運営している企業になります。

そのため企業が求めるエンジニアについて理解しているため、それに合わせた教育を提供することができるということです。

03現役エンジニアとのメンタリングで学べる

メンタリングは、現役エンジニアのメンターが1時間マンツーマンでサポートしてくれるというものです。現役エンジニアのほとんどは僕と同じようなフリーランスエンジニアです。

学習をすすめる上で躓いた時、相談相手が欲しいという点がプログラミングスクールに通う大きな理由だと思います。それが現役エンジニアでマンツーマンで学習を教えてもらえる時間があるというのはおすすめです。

まとめ

今回は、tech boost(テックブースト)のカリキュラムについて、現役フリーランスエンジニアの僕が評価してみました。

僕がおすすめするコースは「ブーストコース」です。カリキュラムでオリジナルアプリを完成させて、エンジニア転職をめざしてみてください。

オリジナルアプリで開発スキルを身に着けると、必ずエンジニアに転職できると思います。道のりは簡単ではないと思います。1つ1つ階段を登り着実にスキルアップしてみてください。

techboost
  • 自社転職サービスを運営しているため、転職サポート・紹介が充実している
  • オリジナルアプリが作成できるため転職に有利

まずは無料相談から

tech boost公式を見る