【体験談】卒業生によるtech boost[テックブースト]の評判は

プログラミングスクール

こんにちは。現役フリーランスWebエンジニアの@Masaweb4です。

未経験からエンジニアに転職した経験やプログラミングに関する内容を発信しています。

プログラミングスクール「tech boost」の体験談を聞きたい。卒業生の評判はよいいのかな?

今回は、tech boostに通ったTさんに体験談をお聞きしました。この記事を読むとtech boostの卒業生による評判や実際に学習してみて成長できたかを知ることができるため、tech boostに通うか悩んできる方にとっては参考になります。

  1. tech boostに決めた理由
  2. tech boostのメンターやカリキュラムについて
  3. tech boostの入校前、卒業後の状況

主に上の3つの点について詳しく回答してもらいました。気になる方は最後までご覧ください。

さっそくTさんにお願いします。

プログラミングスクール生徒

tech boost卒業生のTです。参考にしてください。

目次

  1. tech boost[テックブースト]に通った頃のご自身の状況について
    • 通った時の年齢・都道府県や当時のご自身の状況を教えてください
    • プログラミングスクールに通った期間
    • プログラミングスクールにかかった費用
    • プログラミングスクールに通おうと思った理由
    • プログラミングスクールに通う前のプログラミングのレベルはどのくらいだったか
    • プログラミングスクールで学んだプランは
    • プログラミングスクールに通い学んだ内容
    • プログラミングスクールを卒業した後、どのくらいできるようになったか
    • プログラミングスクールに通った後、どのような仕事をしているか
  2. tech boost[テックブースト]について
    • プログラミングスクールをどうやって探したのか
    • 通う前に無料カウンセリングなどを受けましたか
    • tech boostに決めた理由
    • tech boostではオンラインとオフラインのどちらで学んだのか
    • tech boostの講師(メンター)の教え方はどうだったか
    • スクールのサポートはどうだったか
    • カリキュラムの質はどうだったか
  3. tech boost[テックブースト]に通って良かった点
    • プログラミングを学び視野が広がった
    • 仲間が増えた
    • 相談できる
  4. tech boost[テックブースト]に通って失敗したと思う点
    • 費用が高い
    • 情熱が足りなかった
  5. tech boost[テックブースト]について感想
  6. まとめ

tech boost[テックブースト]に通った頃のご自身の状況について

tech boost[テックブースト]に通った時

ここでは、どんな状況でプログラミングスクールに通ったかを知ることができます。通っていた頃の状況を参考にしてみてください。

通った時の年齢・都道府県や当時のご自身の状況を教えてください

私は、プログラミングスクールに通った当時27歳でした。千葉県住んでおり、当時は中小企業のサラリーマンをしていました。仕事の内容はプログラミングとはほとんど関係しない、電気工事関係の事務職を担当。

プログラミングスクールに通った期間

プログラミングスクールに通った期間は5ヶ月です。3ヶ月からカリキュラムを選択することができましたが、仕事をしている関係上余裕を持って5ヶ月のコースを選びました。

プログラミングスクールにかかった費用

料金はオンラインとオフライン両方使用できるという学習形態で1ヶ月9万5千円でした。5ヶ月間利用したため、合計で47万5千円かかったことになります。他のプログラミングスクールと比べて多少高かったです。

プログラミングスクールに通おうと思った理由

当時は現在よりさらに「プログラミングを習得したほうがいい」という情報が山のように溢れていました。そんな中無難なサラリーマンとして一生を終えたくないという理由からプログラミング学習を開始。

しかし、私の頭では独学では効率が悪く、わからないところが頻出したため効率的にプログラミングを学習することができると思い、プログラミングスクールに通うことを決めました。

プログラミングスクールに通う前のプログラミングのレベルはどのくらいだったか

プログラミングスクールに通う前は、独学で1ヶ月程度Progateやドットインストールといった無料の教材を使い学習していました。当時はRubyやPHPといったバックエンド言語を知らず、HTML、CSSだけを学習しました。

自分でLPを作るというレベルには到底達しておらず、コピペがやっとでした。TwitterなどのSNSで独学をしている人の情報が目に入ってきましたが、私のレベルが低いことを痛感したことを覚えています。

プログラミングスクールで学んだプランは

当時Ruby on Railsコースを選択しました。エンジニアとして転職を考えていたため、学び終えた後は転職の相談に伺いました。Web系のプログラマーとして転職希望だったのですが、未経験で年齢も年齢だったため、採用されやすいSESでの転職を薦められました。

プログラミングスクールに通い学んだ内容

学んだ内容ですが、HTML、CSS、JQery.Ruby、Ruby on Railsをメインで学びました。自分の学びたい言語以外にも、LaravelやBootstrapといったフレームワークなど最新の言語を学ぶこともできます。

プログラミングスクールを卒業した後、どのくらいできるようになったか

プログラミングのスクールでは、自分独自のサービスを作るという最終課題がありましたが、達成できずに卒業となりました。ただ、一通りカリキュラムを通してアプリを作ったため自信につながりました。

プログラミングに触れる前はHTMLやCSSの知識もあやふやでしたが、卒業する頃には、関数やifなどといったバックエンドのスキルまで理解することができました。

プログラミングスクールに通った後、どのような仕事をしているか

現在の仕事ですが、フリーランスのWebライターをしています。最初はエンジニアとして転職を希望していましたが、諸事情により会社に勤めて働くことが厳しくなりました。

フリーで活躍するには、実務経験が必須という声が大きかったため、未経験だった私はフリーランスエンジニアとして活躍するのは厳しいと考えたからです。そこで、エンジニアとしての共通点も多いWebライターになりました。

tech boost[テックブースト]について

ここからは通ったプログラミングスクールの中身に関して回答いただきました。

プログラミングスクールをどうやって探したのか

私はプログラミングスクールをインターネットの検索エンジンから探しました。業界No.1、独自のカリキュラムを提供、フロントエンドに特化したプログラミングスクールなど個性あふれるプログラミングスクールがある中でtechboost(テックブースト)を選択しました。

通う前に無料カウンセリングなどを受けましたか

私はtechboostの個人面談に行ったときに、その場で通うことを決めました。そのため、無料カウンセリングは受けておらず、他のスクールの見学にも行きませんでした。

tech boostに決めた理由

techboost(テックブースト)に決めた理由ですが、オンラインとオフラインどちらも対応しているということを魅力に感じたからです。当時オンラインかオフラインかどちらかしか対応していないプログラミングスクールが大半で、どちらも対応しているtechboost(テックブースト)は私に合っていました。

また、説明をしていただいたときの担当の方の対応が良く、ここなら安心して受講できると思ったのもtechboost(テックブースト)に決めたポイントです。

tech boostではオンラインとオフラインのどちらで学んだのか

私は主にオンラインで学びました。通った当時がオフラインにも参加する勢いだったのですが、教室から自宅までが1時間半程度かかり、仕事をしていたため断念しました。オンラインは完全在宅で受講することができ、仕事をしながらでも無理なく受講可能です。

一度教室に出向いたことがあったのですが、席はほとんど埋まっており、刺激をもらえる場でした。同期は10名程度いたように記憶しています。

tech boostの講師(メンター)の教え方はどうだったか

メンターの教え方は非常にわかりやすく、好感触。わからないことを伝えると、答えを教えてくれるだけでなくどうしてそうなったのかという経緯も教えてくれました。独学では気づかなかった点も質問することでスムーズに解決することができました。

スクールのサポートはどうだったか

私の通ったtechboost(テックブースト)は、同系列の転職エージェントやフリーランス向けのサービスがあります。エンジニアとして転職やフリーランスを考えているかたは、他のエージェント等を利用することなくスムーズに転職やフリーランスの活動に移行することができます。

また、slackというアプリで他の受講生と意見交換できたり、メンターからエンジニアとして知っておきたい情報なども提供されます。私的には、slackという交流の場があることでオンラインでも一人で抱え込むことが少なかったです。

カリキュラムの質はどうだったか

カリキュラムの質ですが完全初学者の方だと、テキストだけではわからないことがたくさん出てくると思います。簡潔でシンプルなのですが、その分自分で考えてカリキュラムを進めないといけません。

当時最新のフレームワークを導入していたり、ブロックチェーンやIOTなどの技術もカリキュラムに用意されていました。Web業界は流行り廃りが激しいですが、最新の技術を提供してくれる環境でした。

tech boost[テックブースト]に通って良かった点

tech boost[テックブースト]で良かった点

ここではプログラミングスクールに通って良かった点を3つあげていただきました。

プログラミングを学び視野が広がった

プログラミングスクールに通って良かったことの1つ目は、視野が広がることです。今までは、会社にいって雇用されて働くことが当たり前という認識でいました。そのため、嫌な仕事を上司から渡されたときも断ることはできず、消耗していました。

しかし、プログラミングを学ぶことでフリーランスのエンジニアという働き方を実現できます。場所や時間に縛られない自由な働き方は魅力的です。また、転職をするとしてもkWeb系の企業であればリモートワークが可能であったり、働き方が柔軟な企業が多いです。

自分の働き方に違和感を覚える人は、プログラミングを学ぶことで視界が開けるかもしれません。効率的にプログラミングを学びたい方はプログラミングスクールに通うことをおすすめします。

仲間が増えた

2つめはプログラミング仲間が増えるということです。独学で学んでいるかただと、周囲にプログラミングについて相談したり話をしたりすることができないというかたも多いのではないでしょうか。

私自身も、会社はプログラミングと全く関係のない業界でしたし、相談できる相手がいないことに憤りを感じることがありました。しかし、プログラミングスクールに通うことでプログラミングを学習している多くの仲間に必然的に出会うことになります。

オフラインの方だと実際に教室に出向いて、リアルな声を聞くことができますし、オンラインの方でもチャットアプリなどを使い、交流を図ることができます。仲間がいることでモチベーションを保つことができますし、メンタル面も健全に保つことができますよ。

相談できる

3つ目の良かった点は相談できることです。

独学で初学者の方だと特に、自分で解決することができないエラーに当たった経験があるかたが大半だと思います。解決できないと自分には無理だと諦めてしまうこともあるのではないでしょうか

しかしプログラミングスクールでは、メンターという制度がありわからないことを質問できる環境が整っています。現役のエンジニアの方や、フリーランスで活躍している方など様々な先輩方がいるため、安心して学習を進めることができます。

ただしメンターがいるからといって、わからないところはすぐに質問するという姿勢では、スキルが身につきません。自分の頭で20分ほど考えてわからなかった場合は、メンターに頼ることにしていました。

tech boost[テックブースト]に通って失敗したと思う点

tech boost[テックブースト]で失敗したと思う点

ここでは、プログラミングスクールに通い失敗した、後悔したと感じた点について答えてもらいました。

費用が高い

プログラミングスクールに通って失敗だったと思う1つめは、費用が高いことです。私は5ヶ月コースで47万5千円という費用を支払いました。難関資格を取得するために通学で受講するとしても、ここまでの大金を取る予備校や塾はそうそうないと思います。

47万5千円あれば、正直大抵のことはできます。独学の方はほとんど費用をかけることなく学習することが可能です。そう考えると、プログラミングスクールに通う方はよほどプログラミングに価値を感じている方でないと失敗したと感じるかもしれません。

情熱が足りなかった

2つ目は、プログラミングに対しての情熱が足りなかったということです。よくSNSなどで、自分でアプリやサービスを作っている人がいます。その方々に共通していることは、「プログラミングが好き」という情熱だと思います。

プログラミングが好きだから自発的に学習し、アウトプットが可能ですよね。私自身、プログラミングに興味を持っていましたが、自分から学ぼうという姿勢がほとんどありませんでした。

独学で学んでいたときは、「スクールに通えばもっと上達するはず」と思っていました。しかし、通う前より少し前進した程度で、周りと比べるとほとんど身についていないという結果になっていました。

tech boost[テックブースト]について感想

私が、プログラミングに興味を持ったことは周りがプログラミングを進めているからという理由が大きかったように思います。プログラミングスクールに通って飛躍できる人もいれば、私のようにあまり成長できない人もいます。

プログラミングが本当に好きか、学ぶ意欲があるのか、学んで何がしたいのかをよく考えてから受講する方がいいと思います。

まとめ

Tさんありがとうございました。残念ながらエンジニアとして転職はできなかったようです。

理由は、どうしてもエンジニアになりたいと気持ちが足りなかったり、プログラミングがそれほど好きではなかったように感じました。

途中の回答で「場所や時間に縛られない自由な働き方は魅力的です。」という部分を見てネットの情報に惑わされた人という印象を受けました。プログラミングスクールに通うともっと簡単にプログラミングのスキルがあがり、自由に働けると思っていたのでしょう。

プログラミングスクールに通っても、自身の努力は必要です。


tech boost[テックブースト]について詳しく知りたい方は以下の関連記事からご覧になってみてください。

また、もっと体験談を読みたいと思った方は以下からいろんなプログラミングスクールの卒業生による体験記事を読むことができます。参考にしてみてください。

プログラミングスクールの体験談


MEMO
  1. 未経験の方は早めに目標を決めましょう。
  2. 何を作りたいか、どんなものを作りたいか考える。そしてそのために何を学ぶか調べます。
  3. あとは独学でやってみる(プログラムを書いてみる)
  4. 独学で実績(公開できるレベルのもの)を作れるなら転職活動・就職活動をしてみる。
  5. 難しい場合はスクールに通い実績を作り、早めに就職する。