テックブースト学ぶプログラム言語おすすめは?

プログラミングスクール

tech boost(テックブースト)ではどのプログラム言語を選択したらいいのかな?おすすめを知りたい。

今回は、このような疑問に答えていきます。

tech boost(テックブースト)では、プログラム言語をPHPとRubyから選択することができます。どちらを選択するのがおすすめなのか解説していきます。

  1. tech boost(テックブースト)で選択するプログラム言語を迷っている人
  2. どんな人がPHPを学ぶとよいのか知りたい人
  3. どんな人がRubyを学ぶとよいのか知りたい人

この記事では、このような内容で解説していきます。

tech boost(テックブースト)に興味があり受講しようか悩んでいるけど、どちらのプログラム言語を学ぶと良いのかわからないという方。

僕は現役フリーランスエンジニアでPHPとRubyの両方を経験しています。現在もRuby案件にいるので、両方とも詳しいです。

この記事の解説を読んでみて、自分の目的や状況に合わせて決めるというのがおすすめです。ぜひ、最後までご覧ください。

本記事の信頼度

・エンジニア歴10年以上
・IT企業転職歴も3回以上
・プログラミングスクール運営側の経験あり
・現在はフリーランスエンジニアとして企業に常駐(在宅勤務)



目次

  1. tech boost(テックブースト)で選択できるプログラム言語の特徴
    • PHPとRubyの特徴は?
    • どちらのプログラム言語がいいのかという答えはない
    • 未経験者は選択に失敗すると場合によっては苦労する
  2. tech boost(テックブースト)でプログラム言語の選び方
    • プログラミングスクールによって得意不得意がある
    • スタンダードコースを受講するのであればPHP一択
    • ブーストコースの場合はオリジナルアプリケーションの相談をして決める
  3. tech boost(テックブースト)のプログラム言語の口コミ
    • 【PHP】PHPコースはスムーズにスタートできたという口コミ
    • 【PHP】徐々に難しくなってきたという口コミ
    • 【Ruby】無料体験で詰まったという口コミ
  4. まとめ

tech boost(テックブースト)で選択できるプログラム言語の特徴

php-vs-ruby

tech boost(テックブースト)では、PHPとRubyのどちらかを選択するようになっています。

それぞれの特徴から、自分の目的に合っているプログラム言語はどちらなのか判断して決めたらいいと思います。

01PHPとRubyの特徴は?

PHPはWordPressの人気が高いため、副業目的の人にも人気のプログラム言語です。

自社開発企業、受託開発企業でも多く使われるため、転職先の候補は多い。

PHPの特徴

  • 案件数が多い
  • PHPで作られたWordPressが世界中で人気のCMS
  • 学習コストが低い
  • Laravelの人気が高い
  • 転職の幅が広がる

Rubyの特徴

PHPに比べて単価が高く経験者はRailsを選択する人が多い

  • スタートアップで使われやすい
  • 開発速度が早い
  • Ruby on Railsでの開発がほとんど
  • Rails経験者のニーズが高い

02どちらのプログラム言語がいいのかという答えはない

PHPやRubyのようなWebの開発においては、どちらを選ぶのが正解というのはほとんどないかもしれない。

その企業がどちらのプログラム言語が得意なのかとかという部分で選ばれることも多いです。

03未経験者は選択に失敗すると場合によっては苦労する

未経験者の場合、1つのプログラム言語をマスターするのも大変なので、PHPを学習して転職したけど転職先で使う言語がRubyだったという場合は、少なくとも苦労はするでしょう。

1つの言語に慣れて経験を積んでから次の言語に入る方が整理できて理解が進むのでおすすめです。

tech boost(テックブースト)でプログラム言語の選び方

プログラム言語の選び方

エンジニアに転職する、副業する、作りたいものがあるなど目的に合わせてプログラム言語を選ぶのが流れです。

漠然とエンジニアになるという場合はプログラミングスクールに相談するのがおすすめです。

01プログラミングスクールによって得意不得意がある

教えるメンターにも得意不得意があります。またカリキュラムの難易度も違ったりするのでtech boost(テックブースト)ではどちらがおすすめか聞いてみると良いでしょう。

また転職のしやすさ、学びやすさなど自分が重視する点を伝えると答えてくれると思います。

02スタンダードコースを受講するのであればPHP一択

スタンダードコースは教養としてプログラミングに触れたい人向けのコースと紹介されているので、ホームページの保守などに関わる仕事や副業目的といった場合に学ぶコースです。

この場合は、汎用性の高いPHP一択でしょう。副業ではWordPress案件はありますが、Rubyの案件はほぼありません。

03ブーストコースの場合はオリジナルアプリケーションの相談をして決める

ブーストコースは自分で考えたアプリケーションを作るといったコースになります。

ブーストコース受講後にエンジニアに転職したいと考えていたり、案件の獲得をめざしていたりする人が大半なので、質の高いアプリを作りたいと思うでしょう。

作ろうと考えているアプリはどちらの言語が作りやすいかという相談をして決めるとよいかもしれません。

tech boost(テックブースト)のプログラム言語の口コミ

口コミ

tech boost(テックブースト)で学んでいる人がどちらの言語で学習していて、どういう感想を述べているか参考にしてみましょう。

01【PHP】PHPコースはスムーズにスタートできたという口コミ

10月15日よりtech boostでPHPコーススタートしました!
入学前にProgateをやっていたおかげで比較的スムーズな滑り出し!
少しだけでもやっててよかった…
参照元: Twitter

Progate → 受講の流れは基本ですね。

02【PHP】徐々に難しくなってきたという口コミ

tech boost PHPコース
Routing設定、課題提出
一読しただけではちんぷんかんぷん、ということが多くなってきた
このURLならこの処理をしようって設定なんだけど、今日のはRoutingとControllerの連携。
Twitter

すこしずつ難しくなってきたという口コミ。

03【Ruby】無料体験で詰まったという口コミ

tech boostのRails開発体験会に参加したのですがmysqlで詰まってしまい、環境構築できた所で時間切れでした。
Twitter

開発体験で詰まってしまったという口コミ。環境構築で詰まるのはあるあるですね。

まとめ

tech boost(テックブースト)でどちらのプログラム言語を選択するかという問題について解説してきました。

長い目でみると、どちらを学んでもエンジニア人生にプラスになります。

目的が明確な人は1つの言語に集中してスキルアップしてみてください。


当サイト申し込みが多いプログラミングスクール

人気があるプログラミングスクールには、理由があります。

気になった方は候補に含めてみてください。